不動産業者の請求に応じてしまうと売り手が不動産業者に対して積極的な広告活動を依頼したものとみなされることになります

売却のための広告費を請求された場合にはこれを支払うことが必要なのでしょうか?

マンション売却のための広告費に関する質問です。今は住んでいないマンションを郊外に所有しているのですが、今後も住む予定がありませんし、またお金が必要な事情などもありますので、マンションを売却することにしました。

 

不動産業者に売却を依頼したのですが、それから1カ月程度を経過したところ、「チラシの配布インターネット広告などを行ったので、そのために必要になった広告費を精算してほしい」と請求されたのです。これまで一度も経過報告などはなく、いきなり広告費を請求されたため、正直どうすればよいのかわからずに戸惑っています。

 

今のところマンションが売れそうな様子はないのですが、広告費についてはやはり支払いが必要なのでしょうか?また金額については後日知らせるということなのですが、実際にはどの程度の金額の支払いが必要になるのでしょうか?マンションの売却は初めての経験であるため、どのように対応すればよいのかとても困っています。ご回答よろしくお願いいたします。

 

不動産業者からの広告費の請求に応じる必要はありません

不動産業者が広告費を別途請求することは原則禁止されています

マンションの売却が初めての人の場合には、どうすればわからずに不安になってしまうことなどが多いようです。一部にはそのような売り手を狙う悪質な不動産業者なども存在しますので、マンションを売却する際にはくれぐれも注意が必要です。

 

不動産業者に対しては宅建業法という法律により様々な規制が行われているのですが、その中には広告費の請求を禁止する項目が含まれています。不動産業者が売り手に請求する仲介手数料には広告活動のための費用が含まれていますので、原則として売り手に対して別途広告費を請求することは認められていないのです。ただし売り手の側が不動産業者に対して通常よりも積極的な広告活動を依頼した場合については、例外として広告費の請求が認められています。

 

おかしいと感じた場合には早めに不動産業者を変更することをおすすめします

今回の質問の場合には特に依頼をしていない広告活動のための費用を請求されていることになりますので、売り手はこれに応じる必要はありません。これに応じてしまうと売り手が不動産業者に積極的な広告活動を依頼したものとみなされてしまいますので、くれぐれも注意をしてください。

 

また請求された広告費を支払わないことについて文句を言われたり、あるいは販売活動に積極的に取り組んでくれないようであれば、別の不動産業者への変更を検討するようにしましょう。「おかしいな?」と感じた場合には、早めに不動産業者を変更することをおすすめしたいと思います。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら