管理費や修繕積立金の値上げはマンションの維持管理がしっかりと行われていることの証明だと考えることができます

管理費や修繕積立金の値上げについては買い手に伝えることが必要なのでしょうか?

マンションの管理費や修繕費の値上げについての質問です。今住んでいるマンションの売却を検討しています。今のマンションが手狭になったため、もっと広いところに住み替えたいのです。具体的な住み替え先の検討などはこれからなのですが、マンションを売却した代金で次の住み替え先を購入するつもりです。

 

先日不動産業者に来てもらって、マンションの査定をしてもらいました。「大体このぐらいで売れるかな?」と思っていた金額に近い査定額になりましたし、さらに不動産業者のお客さんの中にマンションを探しているという人がいるそうなので、具体的な売却を依頼したいと考えています。しかしその後でちょっとした問題が発生しました。今住んでいるマンションでは半年ほど前に大規模な修繕が行われたのですが、来年からは管理費と修繕積立金が値上がりするかもしれないのです。

 

次回の大改修の際には大きな費用がかかりそうなので、それを補うために管理費と修繕積立金を値上げするか、あるいは修繕の際に一時金を徴収することが必要なのだと聞かされました。このことは今のマンションを買ってくれる人に対しては、やはり正直に伝えることが必要なのでしょうか?このことを内緒にしてマンションを売ってしまうと、後で問題になったりするのでしょうか?

 

買い手に対しては値上げのことを正直に伝えるようにしましょう

マンションを所有していると管理費や修繕積立金の支払いが必要になります

管理費や修繕積立金が値上がりすれば月々の負担が増えることになりますので、マンションの売却の際には不利になってしまうかもしれません。マンションの売り手の側からすれば買い手が見つからなくなってしまうのではないかと不安に感じるかもしれませんが、買い手に対しては管理費や修繕積立金の値上げのことを正直に伝えるようにしてください。

 

マンションは集合住宅であり、管理組合を通して共有部分の管理や修繕が行われることになります。マンションを所有していると管理費や修繕積立金の支払いが必要になるのですが、管理費は主に設備の維持や周辺環境の整備のために、また修繕積立金は定期的な修繕(外壁の塗り替えなど)のために使われるのです。

 

管理費や修繕積立金はマンションを健全な状態に維持するために欠かせない費用です

管理費や修繕積立金の負担については、大規模なマンションよりも小規模なマンションの方が1戸あたりの負担が大きくなります。また新築分譲の際には管理費や修繕積立金は割安であることが多いのですが、築年数の経過に伴って管理費や修繕積立金の値上げが行われることが一般的です。

 

管理費や修繕積立金は、マンションを健全な状態に維持していくために必要不可欠な費用となります。特に修繕積立金は定期的に行われる大規模な修繕に備えるための費用ですから、これが不足した場合には修繕の際に一時金として請求が行われることになります。1戸あたり数十万円の一時金が請求される場合などもありますので、月々の管理費や修繕積立金が安いからといって安心することはできないのです。

 

しっかりとした管理が行われているマンションは将来も高い資産価値を維持することができます

定期的に管理費や修繕積立金の値上げが行われることは、しっかりとした管理や修繕が行われていることの証明であると考えることができます。管理がしっかりとしたマンションは将来に渡って高い資産価値を維持することができますので、管理費や修繕積立金が高いことは長い目で見ればプラス要因になるのです。

 

マンションの売却を検討している人は、買い手に対してこのことをしっかりと説明するようにしてください。買い手が納得してくれれば、管理費や修繕積立金の値上げは不利な条件にはならないはずです。また質問者の場合には値上げが検討されている最中のようですから、「管理費や修繕積立金の値上げが検討されています」「近い将来管理費や修繕積立金が値上げされるかもしれません」ということを、不動産業者の担当者から買い手に伝えてもらうようにすれば十分でしょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら