個性的な間取りや住人同士のコミュニティなどに魅力を感じてくれる買い手を幅広く探してみましょう

コーポラティブハウスは売りにくいのでしょうか?

コーポラティブハウスの売却に関する質問です。コーポラティブハウスの建築に15年ほど前に参加しました。13家族が集まって住宅に対する考え方を慎重に検討しましたので、終の棲家にふさわしい素晴らしい住宅が完成したと満足しています。また私以外の居住者もおそらく同じように感じているのではないでしょうか。住人はすべて知り合いであるため大きなトラブルなどもありませんでしたし、申し分のない住み心地でしたのでコーポラティブハウスに一生住み続けたいと考えていました。

 

ところがその後諸事情により、妻の両親の家に同居することが必要になりました。私としてはとても不本意なのですが、2つの住居を同時に維持していくことは経済的に厳しいため、コーポラティブハウスについては売却を検討することにしたのです。不動産業者に査定を依頼したところ「コーポラティブハウスは売りにくいですよ」と言われ、査定額も驚くほど低い金額を提示されました。

 

わたしはコーポラティブハウスがとても気に入っていたため、今回の査定額には正直ショックを受けています。以前にもコーポラティブハウスは売りにくいと聞いたことがあったのですが、実際にコーポラティブハウスはそんなに売りづらいものなのでしょうか?また売値が安くなってしまっても仕方がないのでしょうか?ご回答よろしくお願いいたします。

 

コーポラティブハウスは取引事例が少ないため不動産業者に敬遠されることが多いようです

入居者が話し合いで建設する共同住宅がコーポラティブハウスです

入居者が話し合いで住宅の設計から建設までを行う共同住宅が、コーポラティブハウスです。お互いに共同スペースに関する意見を出し合ったり、また住む人のそれぞれが独自の好みに応じた間取りを設定したりすることができるため、入居者それぞれが満足できる「こだわり住宅」を実現できることが人気の理由となっています。

 

また建設に関しては入居者の話し合いにより進めていくことになりますので、建設後の良好なコミュニティが築きやすいというメリットもあります。

 

コーポラティブハウスのメリットをデメリットだと感じる買い手なども多いようです

コーポラティブハウスにはこのように様々なメリットがあるのですが、一方で売却を検討する際にはこれらのメリットがデメリットになってしまうことがあるのです。例えば個性的な間取りは建設に参加した人にとっては大きなメリットなのですが、売却する場合には逆に購入希望者が限られてしまうことになります。

 

使いにくいと敬遠されてしまう可能性が高いのです。また売りに出されたコーポラティブハウスを購入する人は「転校生」のような立場になりますので、コミュニティに馴染めるかどうか不安に感じる人も多いようです。

 

コーポラティブハウスに魅力を感じる買い手を幅広く探してみましょう

このように「一般的な」視点からはコーポラティブハウスは売りにくい物件なのかもしれませんが、その一方ではコーポラティブハウスの様々なメリットに魅力を感じるという人もいるようです。個性的な間取りを好ましいと感じる人もいますし、住民同士のつながりに積極的に参加したいと考える人もいます。

 

コーポラティブハウスについては過去の取引事例が少ないため、取り扱いを敬遠する不動産業者や、割安な査定額を提示する不動産業者などが多くなっています。コーポラティブハウスの売却を検討するのであれば多くの不動産業者に査定を依頼して、できるだけ幅広い買い手を探してみることをおすすめしたいと思います。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら