立地条件や管理条件次第では古いマンションであっても高値で評価される場合などがあるようです

古いマンション(築50年程度)は売れるのでしょうか?

古いマンションの売却に関する質問です。私の主人が以前投資目的で購入した古いマンションを所有しています。中古でかなり以前に購入した物件であるため、おそらく築50年程度だろうと思われます。購入後バブルが崩壊して売りたくても売れなくなってしまったため、これまではずっと賃貸物件として活用していました。

 

しかしここ数年は近所に新しいマンションなどが次々と建てられたため、なかなか入居者を見つけることができず困っています。主人は私に細かい収支などを教えてくれないのですが、管理費などを考えるとおそらくは赤字です。主人も本心では、このマンションの購入は失敗だったと感じていると思います。そのためかマンションの話をしようとしてもいつもはぐらかされてしまい、ここ数年はマンションの問題は放置している状態です。

 

友人などに話を聞いてみると、マンションの耐用年数は50年程度になるので、築50年のマンションは通常の値段では売れないのではないかと言われました。さらに建て替えなどを行う場合には高額な負担金を請求されることになるため、二束三文であっても買い手が見つかるうちに売ってしまうべきだとも言われました。

 

今後これまで以上に損をしてしまうことになるのであれば、いくらでもかまわないので売却してしまいたいと考えているのですが、本当にそうするべきなのでしょうか?これまでの損はともかくとして、今後はできるだけ損が発生することを抑えたいと考えているのですが、具体的にはどうすればよいのでしょうか?

 

(回答)古いマンションであっても条件次第では高値で売却できる可能性があります

マンションの耐用年数については一概に判断することは難しいようです

1962年に「建物の区分所有等に関する法律」という分譲マンションに関する法律が制定され、その後数多くの分譲マンションが建築されることになりました。この頃に建てられたマンションは現在、築50年程度になっています。

 

マンションの耐用年数は一般的には50年〜100年程度とされているのですが、実際にはマンションの建築基準や周辺環境や修繕などにより建物の老朽化の程度は大きく異なるようです。マンションの耐用年数については、一概に判断することは難しいということになるでしょう。

 

マンションの資産価値を知るためにまずは査定を依頼してみましょう

古いマンションの資産価値を知りたいという場合には、まずは不動産業者に査定を依頼してみることをおすすめしたいと思います。現在はマンション売却を専門とする不動産業者や、古いマンションをリノベーション(リフォーム)して販売する不動産業者などが増加していますので、インターネットの不動産一括査定サイトなどを活用して複数の不動産業者に見積もりを依頼してみてください。

 

「どうせ古いマンションだから・・・」と考えがちなのですが、実際に査定に出してみると立地条件や管理条件次第では意外な高値で評価されるかもしれません。ただしマンションの場合には1981年に耐震基準の改正が行われていますので、旧基準で立てられた古いマンションの場合には売却が難しくなるかもしれません。そのような場合には同じマンションの区分所有者に買い取ってもらうという選択肢もありますので、詳しくは不動産業者などに相談をしてみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら