音の感じ方については個人差がありますので売り手が買い手に対して積極的に騒音の問題を伝える必要はありません

うるさい隣人がいることは買い手に伝えるべきでしょうか?

マンションの騒音に関する質問です。現在マンションの売却を検討しているのですが、実はうるさい隣人がいることがその大きな理由となっているのです。私の住んでいるマンションでは管理規定により時間を限って楽器の演奏が許可されているのですが、隣人が弾くピアノの音がうるさくてとても困っています。

 

部屋に防音処理などをしてくれればよいと思うのですが、そのような対応は一切ありません。何度か直接苦情を申し入れたのですが「許可されている時間内だから」と、まったく聞き入れてもらえないのです。また別の部屋の隣人がペットを飼っているらしく、時々犬の鳴き声が続いて止まらないのです。さらに別の部屋の隣人は友人などを招いて、宴会(ホームパーティー?)などを開催しているようです。室内だけであれば多少うるさくても我慢をするのですが、ベランダなどで大騒ぎをするためとても迷惑しています。

 

これまではずっと我慢を続けてきたのですが、最近はストレスからなのか体調がすぐれないため、泣く泣くマンションの売却を決意したのです。このような理由でマンションの売却を希望しているのですが、このような理由を正直に伝えると買い手に敬遠をされてしまうのではないかと不安に感じています。しかし内緒にして売ってしまうのも買ってくれる人に申し訳ないと思いますので、正直とても困っています。ご回答よろしくお願いいたします。

 

音の問題については売り手が買い手に積極的に伝える必要はありません

音の聞こえ方については個人差があります

騒音で体調を崩されたということで、お気持ちお察しいたします。マンションなどの集合住宅では、隣人による騒音は重大な問題であり、実際に各種のトラブルの中でも上位となっています。

 

「マンションを売却する際に近隣の騒音について買い手に伝えることが必要かどうか」という質問なのですが、音の感じ方は人それぞれとなりますので、ある人にとっては耐えられないほどの騒音だと感じる場合であっても、他の人にとってはまったく平気な場合などもあるようです。今回の質問の例であれば、特に売り手が買い手に対して積極的に音の問題を伝える必要はないといえるでしょう。

 

楽器の演奏がしたい人やペットが飼いたい人などには歓迎されるかもしれません

また売買交渉などの際に買い手から周囲の騒音について質問をされたという場合には、「このマンションでは管理規定により楽器の演奏やペットの飼育などが許可されていますので、楽器の音やペットの鳴き声などが聞こえるかもしれません」と回答すれば大丈夫です。

 

音の問題のあるマンションは静かな環境を好む人や神経質な人からは敬遠されてしまうかもしれませんが、逆に楽器の演奏をしたい人ペットを飼いたい人などの場合には周囲に気兼ねなく音が出せるからと、むしろ歓迎されることが多いのです。

 

音の問題について売り手が良心の呵責を感じる必要はありません

音の問題についてはそれぞれに感じ方が異なりますし、またある人にとってはデメリットであっても別の人の場合にはメリットだと感じることなどもあるようです。音の問題を買い手に積極的に伝えなくても、売り手が良心の呵責(かしゃく)を感じる必要はありません。気兼ねすることなく今のマンションを売却して、次は静かな住居を探してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら