過去に自殺があったマンションであっても一般のマンションと同じように取引が行われていますのでそれほど心配する必要はありません

自殺者の出たマンションは売れないのでしょうか?

自殺者の出たマンションに関する質問です。私が住んでいるマンションで、先日自殺がありました。屋上から飛び降りて自殺したようです。亡くなった人のことはお気の毒だと思うのですが、自殺があったことでマンションの資産価値が下がってしまうのではないかととても気になっています。

 

将来マンションを売却することになった場合には、やはり自殺のあったマンションは安く売ることになってしまうのでしょうか?今のマンションには今のところ不満などはないのですが、将来家族が増えたらもっと広い家に住み替えたいと考えています。自分自身の問題でマンションの売値が安くなってしまうのであれば仕方がないのですが、自分とは無関係の理由で売値が安くなってしまうのはとても残念です。ご回答よろしくお願いいたします。

 

自殺者が出たからといって必要以上に心配する必要はありません

自殺者が出たことについてはやはり買い手には伝えるべきでしょう

今住んでいるマンションの敷地内で自殺があったとのこと、大変だったと思います。あなたもマンションの他の住人の人も、ショックを受けられたのではないでしょうか。不動産に関して自殺殺人事件変死などがあったという場合については、その受け取り方は人それぞれとなります。そのような物件は絶対に購入したくないという人もいますし、一方であまり気にしないという人や安ければ積極的に購入したいという人などもいるようです。

 

不動産に欠陥や瑕疵がある場合については売り手は買い手にそのことを伝える義務がありますし、これを伝えることなく不動産を売却した場合には買い手には契約を解約する権利が認められています。一方で自殺・殺人事件・変死などについては明確な基準は決められていないのですが、過去においてはこれらを理由として契約の解約が認められた事例などもありますので、やはり売り手は買い手に伝えるべきだといえるでしょう。

 

不動産業者の担当者に伝えるようにすれば買い手には担当者が上手に伝えてくれます

今回の質問の場合には質問者が住んでいるマンションの部屋の中で自殺があったわけではなく、あくまでもマンションの敷地内における出来事ということになりますので、売却価格への影響は比較的少ないものと予想されます。今すぐにマンションを売却するのではないということであれば、時間の経過とともに自殺の出来事は話題にならなくなりますので、自殺があったことをそれほど心配する必要はないでしょう。

 

マンションで自殺があったことについては売却を依頼する不動産業者の担当者に伝えておくようにすれば、不動産業者の担当者が買い手に対して上手に伝えてくれるはずです。過去のマンション売却の事例などをさかのぼって確認してみると、自殺者のあったマンションであっても一般のマンションと同じように、特に問題なく売買が行われていることがほとんどとなっています。また一部には過去に自殺があったことを理由として値引きを請求する買い手などがいるかもしれませんが、そのような買い手にたいしては「売らない」という選択肢を選ぶこともできるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら