依頼する物件を早期に売却できる不動産会社は広告で選びましょう

もしもあなたが所有する不動産を売却したいと考えている場合にはどのように基準によって不動産業者を選びますか。

 

「一番査定額が高い業者を選ぶ」「規模の大きな業者を選ぶ」「地元の業者を選ぶ」などいろいろな基準があるかもしれません。

 

ですが実際に何を基準にして不動産業者を選んだらよいのかが判断できずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。しかしやはり「コツ」というものが不動産業者選びにもあるのです。

 

インターネットのサイトの情報などを見ると「売りたい不動産がある地元に強い業者を選びましょう」「提案を多くしてくれる業者を選びましょう」などとあるのですが、どうしたら地元に強い業者を選ぶことができるのでしょうか。

 

また業者が提案を多くしてくれたばあいにその中からどのようにして良い提案を選べばいいのでしょうか。不動産を売却する際には購入の際とは別の考え方によって業者や担当者の良し悪しを判断する必要があります。そのためには判断基準をしっかりと持つことが大切です。

 

ここを見て地元に強いかどうかを判断しましょう

 

それではどこを見て地元(売却する不動産のエリア)に強い業者かどうかを判断したらよいのでしょうか?売却したい物件の近くで営業している業者でしょうか。あるいは長期間営業を続けている業者でしょうか。いずれも一理ありますがさらに詳しく見てみましょう。

 

売りたい物件のあるエリアへの広告を多く出している業者を選びましょう

 

地元の強いかどうかの最大の判断基準が地元への広告を多く出しているかどうかになります。

 

不動産業者を回ってそのエリアに強いかどうかを尋ねて回っても「もちろん強いですよ」といわれるのが当然です。

 

中には「あまり強くありませんから良い業者さんを紹介します」という良心的な業者もあるかもしれませんね。

 

また「そのエリアでは今までたくさんの物件を売っていますよ」などと言われた場合でも、それは業者の主観ですから良く調べてみないと本当の実績についてはわかりません。ですから業者については売りたい物件があるエリアへの広告を多く出しているところを選ぶのが正解となります。

 

このような業者というのは実際にそのエリアで物件を売ることができるという自信があるから広告を熱心に行っているのです。逆に言えば集客が見込めないエリアには広告費用をかけることができないということでもあります。また広告については次のような点に気をつけてチェックするようにしましょう。

 

会社のWEBサイトについて

 

自社のWEBサイトを持っていないということはネットで物件を探す人に情報が提供されないということになります。不動産の売却を今時WEBサイトも持っていない業者に依頼するのはあまり効率的とはいえません。最近の不動産業界ではほとんどの業者は自社のWEBサイトを持っています。

 

WEBサイトを閲覧することで自分の売りたい物件と同じエリアの物件を多く扱っているかどうか、また一戸建てが多いのかマンションが多いのかなどを確認することができます。

 

不動産ポータルサイトについて

 

SUUMOやHOME’Sやアットホームなどの不動産ポータルサイトを利用しているかどうかもチェックしましょう。現在不動産ポータルサイトは不動産の売買をしたいと考えている人にとっては欠かせないものとなっています。

 

ただし中には不動産ポータルサイトに広告を出しているのに自社のWEBサイトは持っていないという業者もありますから気をつけましょう。通常高額な不動産を購入したい人はその業者が信頼できるかどうかを事前にある程度確認します。

 

この時に自社ホームページのホームページを持たない業者であれば他社と比較して信頼度は低くなってしまいます。不動産の購入希望者が「買いたい!」と思うような業者が売主にとっても良い業者となります。

 

折り込みチラシでの広告について

 

新聞への折り込みチラシやDMについても判断基準となります。あなたがもしも新聞を定期購読していないのであれば、土曜日分の新聞を新聞屋さんで購入すれば不動産関係やマンション関係のチラシが多く入っています。

 

これらについてもチェックをして依頼を行った場合に自分の不動産が紙媒体でも広告されるのかどうかについて確認してください。

 

店舗の立地条件について

 

実際の店舗を不動産購入希望のお客さんが訪ねる場合も多いでしょう。そのときにはやはり店舗の立地条件のよい業者ほど飛び込みのお客さんを期待することができます。

 

例えばビルの1階で営業しているのと7回で営業してるのでは集客力が違いますし、交通量の多いロードサイドで営業していたり人気の分譲地の脇で営業していたりする業者などは期待ができるでしょう。このように立地についてもチェックを欠かさないようにしましょう。

 

業者の名前や営業規模で決めるのはおすすめできません

 

有名な業者だと一見すると良さそうに感じるかもしれませんが、仲介大手の業者では意外と折り込みチラシを行っていないことが多いですし、支店規模で見てみると広告予算の割当量が少なかったりすることもあるようです。

 

また支店規模ではネットのSEO対策なども不十分なために、検索エンジンなどで「不動産 ○○○(○○○は地域名)」などと検索しても検索結果の上位には表示されなかったりもします。大手には大手ならではの良さもあるのですが、ただ大手だからと決めてしまうことはおすすめできません。

 

業者の名前や営業規模ばかりに気をとられずに、自分の物件の販売を依頼した際にどの程度の広告の露出が期待できるのかによって業者を選ぶことが大切です。また広告については量も大切なのですが購入したいと考えているユーザーに適切に届くのかどうかも重要となります。

 

いくら広告予算が多くても購入層にアピールしなければ無意味となってしまいます。このようなことを考えて依頼先を選ぶ際の判断基準としてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら