不動産投資と不動産投資信託の違いには何がある?

サラリーマンでも手軽に始められる不動産投資が人気を集めていますが「自分で管理するのは面倒」「そもそもどうして良いか分らない」という意見も多いです。

 

そこで今注目を集めているのが「不動産投資信託」です。別名「REIT」とも呼ばれています。ここでは不動産投資信託について紹介していきます。

 

不動産投資信託って?

不動産投資信託とは2001年より日本でスタートした比較的新しい仕組みです。こちらは、投資家から集めた資金を使ってオフィスビルなどを運用し、賃料収入をそれぞれの投資家に分配していく、という投資信託になります。

 

いうなれば、株の代わりに不動産を使った投資信託だと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。証券場で発行されている投資口を購入、もしくは新投資口発行の応募にエントリーすることで始められます。

 

不動産投資信託のメリット

不動産投資信託と従来の不動産投資を比較するといくつかのメリットが見えてきます。

 

手数料が安い

不動産投資信託の場合、売買手数料は株と同じに設定されていることが多いです。しかし、不動産投資の場合はもっと多くの手数料がかかることの方が多いです。その他にも、不動産取得税、登記費用といった税金などもかかってくるため初期費用を極力抑えたい、という時には不動産投資信託の方が適しているかもしれません。

 

リスクが小さい

複数の不動産に投資することになる不動産投資信託はひとつの物件、ひとつの部屋あたりのリスクが小さくなっています。そのため、入居者が集まらない、といったリスクの割合が小さくなります。一方、直接不動産投資の場合は空き室がひとつ出ただけで大きなダメージを受ける可能性が高いです。

 

売買しやすい

不動産投資信託の場合は流動性が非常に高いため決済しやすいです。しかし直接不動産投資の場合は相対取引になるのでなかなか売買が成立せず、売却したいのに買い手が見つからない、ということもありえます。

 

利回りについては直接不動産投資の方が優れていることが多いです。ミドルリスク・ミドルリターンの直接不動産投資を選ぶか、ローリスク・ローリターンの不動産投資信託を選ぶかはライフスタイルに合わせて検討していきましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら