不動産投資ローンを始める前にメリットとデメリットを抑えて上手な活用を目指そう

不動産投資は元手がないと始められない、と考える方も多いですが、不動産投資ローンを活用すればほとんど資金がなくても始められます。そこでここでは不動産投資ローンについて紹介していきます。

 

不動産投資ローンとは?

不動産投資ローンは名前の通り金融機関から融資を受けてマンションの購入資金を調達するものです。よく住宅ローンと混同されがちですが、大きな違いとして次のようなものが挙げられます。

 

  • 貸付目的が異なるため審査基準も違う
  • 金利の設定

 

審査基準に関しては不動産投資ローンの方が厳しいと言われています。住宅ローンの場合は本人の年収などの返済能力が重視されますが、不動産投資ローンはどれだけ採算が取れるのか、今後の将来性はあるのかといった点が重要視されています。

 

つまり、自分自身の返済能力はあまり重要視されていないため物件選びがかなりシビアになる、と考えるべきです。また金利についてですが、住宅ローンは2%から4%程度に設定されていることが多いです。しかし、不動産投資論の場合は低いところで2%程度、高いところだと7%程度と非常に幅が大きいです。

 

不動産投資ローンのメリットとデメリット

不動産投資ローンを活用して不動産投資を始めるメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

 

メリット

最大のメリットはレバレッジが利くということです。要するに、少ない投資金額で高い利回りが得られるチャンスがあります。もちろん良い物件を見つければ不動産購入資金が貯まっていなくてもすぐに投資に動き出せるためチャンスを活かしやすいのもメリットです。

 

デメリット

最も注意しなくてはならないデメリットとして「本当に返済できるのか」ということを検討する必要があります。空き室が出てしまえば当然賃料収入は得られないため返済は自腹を着る必要があります。また、売却のタイミングが悪いと残債が残る可能性も出てきます。最悪の場合返済することができなくなり、自己破産や任意整理といった債務整理を選ばざるをえない可能性もあります。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら