不動産投資の失敗は過去の経験から学ぶ!

不動産投資は比較的リスクが小さく、リターンもそこまで大きいものではありませんが、やはり失敗してしまうこともあります。失敗には様々な原因があり、事前にある程度把握できれば回避できるものばかりです。ここでは不動産投資の先輩たちから学ぶ失敗事例を紹介していきます。

 

物件選びの失敗

不動産投資の失敗によくあるのが「物件選び」です。どのタイプの不動産に投資するのかは慎重に選んでいく必要があります。

 

ファミリータイプを選んで失敗したケース

将来自分たちの居住地にする、という理由でファミリータイプを選びました。しかし、思ったように入居者が集まらないこと、そして毎月の修繕積立金がどんどん上がってしまい、結果として毎月の収益になるほどにはなりませんでした

 

結局ファミリータイプではなく一人暮らし用のワンルームの方が需要が高かったように思います。

 

融資の失敗

不動産投資はまず始めに不動産を購入しなくてはなりません。そこで、金融機関から融資を受けようという方も多いはず。それが原因で失敗してしまうケースもあります。

 

自己資金ゼロ円の失敗

自己資金は全く用意していない状態で金融機関から融資を受け、不動産投資を始めました。返済は賃料収入から支払おうと思っていたのですが、すぐに借り手が見付かるわけでもなく、結局貯金を崩さざるを得ないことに。

 

最終的に無事に返済できましたが、かなり厳しい生活が続いたので次の教訓として活かしたいです。

 

修繕積立金の失敗

不動産投資とは切れない関係にある修繕積立金。不動産投資による収入の一部を積立金に当てるのが一般的ですが、これが上手くいかずに失敗する例もあります。

 

修繕積立金の予想以上の値上がり

古いマンションを購入し、不動産投資として運営していたのですが、立地が良かったため利回りの良い投資物件として活用しています。

 

しかし、数年後に管理会社から「修繕積立金の値上げをします」と通知が。何と今までよりも7000円も高くなってしまい、利回りがどんどん低くなりました。結果的に黒字が続いてはいるのですが、このままだと収益がどんどん減ってしまいそうです。

 

ここで紹介した不動産投資の失敗事例はごく一部です。これらの他にも、入居者とのトラブルや資産価値の低下なども考慮しなくてはなりません

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら