不動産投資とはマンションなどを買って賃料収入を得る注目の投資方法

給料以外で収入を得るためには様々な方法がありますが、サラリーマンから特に人気が高いのが「不動産投資」です。ここでは不動産投資とはどのようなものなのかを紹介していきます。

 

不動産投資の種類

一口に不動産投資といっても実に様々なものがあります。例えば、マンションやオフィスビルを丸ごと購入して、そこから賃料収入を得る人もいれば、ワンルームマンションの一室を購入してそれを貸し出し、賃料収入を得るパターンもあります。

 

一概にどちらが良いとは言えませんが、どちらにしてもそれなりの投資額が必要となってくるためメリットとリスクを十分に理解した上で不動産投資に踏み切るべきなのかを判断しなくてはなりません

 

不動産投資は稼げる?

次に重要なポイントに「不動産投資は稼げるのか」が挙げられます。こちらは株投資やFXと比べると一気に稼ぐのは難しい部分がありますが、長期的にコツコツと稼ぐ分には適している「ミドルリスク、ミドルリターン」が期待できる投資方法だと言われています。

 

例えば、東京の物件価格はおよそ1500万円前後で、表面利回りは7.5%前後だと言われています。これを計算すると、年間でおおよそ100万円程度の賃料収入が期待できることになります。これから積み立て金や保険などの諸費用を差し引くともう少し金額は少なくなります。

 

これを稼げるかどうか判断するのは自分自身です。他の投資方法と比べ安定した収入に繋がりやすい、不動産というひとつの資産形成に繋がる、と考えると単純に「稼ぐ」部分以外のメリットも見えてきます。

 

目先にとらわれないこと

不動産投資を始めた方たちの半数は副収入が目的のようですが、残りの人たちは「老後の収入」や「現金を不動産に変えて持つこと」をメリットと考えています。すぐに稼げる投資ではなく、長期的な投資方法だと考えましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら