ミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれる不動産投資は長期的な投資に適している

不動産投資だけに限った話ではありませんが、投資には必ずリスクが付きまといます。サラリーマンの間で流行っているから、という理由だけで安易に不動産投資に踏み切るべきではないでしょう。そこでここではこれから不動産投資を始める方が覚えておきたい不動産投資のリスクを紹介していきます。

 

資産価値下落の可能性

不動産投資の最大のリスクともいえるのが「資産価値下落」です。例えば、駅からすぐのところにあるマンションの一室を購入して不動産投資しようと考えたとしましょう。しかし、すぐ隣の駅の近くに大型ショッピングモールができて、そちらの方が住みやすい、と判断されてしまうとマンションの価値そのものが下がってしまう可能性があります。

 

そのほかにも公害や治安の悪化なども可能性に含まれます。このように、何が原因で資産価値が下がってしまうか分からないのが不動産投資のリスクのひとつだといえます。このあたりは入念な下調べである程度回避できる部分ではあります。

 

入居者の不在

資産価値下落と共通する部分はありますが、入居者の不在は大きなリスクです。不動産投資は入居者がいなくては成り立たないものです。もちろん賃料を下げる、リノベーションして入居者確保のために工夫するなどの対策がありますが、そもそも入居者が集まらないような不動産投資は避けるべきだといえるでしょう。

 

家賃滞納などのトラブル

順調に入居者が集まって、安定した収入が得られるかと思いきや、家賃滞納などのトラブルが多発することもあります。このあたりは多少なり運が絡んでくる部分ですが、こういったリスクが存在することも踏まえておかなくてはなりません。

 

老朽化

老朽化は避けて通れないリスクです。予想していたよりも老朽化が早まってしまうこともあるので、普段からの修繕積立金を準備しておくことが最大の対策方法になります。

 

金利の上昇

ローンを組んで不動産投資する場合は金利が上昇する可能性もあります。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら