不動産業者の広告活動などの内容が疑わしい場合には契約を解消して他の不動産業者に依頼をすることを検討してみましょう

不動産業界には「両手仲介」という、昔からの悪い慣習があります。不動産業者は不動産の契約の仲介をして手数料を受け取ることにより利益を獲得しているのですが、不動産の売買契約の場合には不動産の売り手と買い手のそれぞれが不動産業者に対して仲介手数料を支払うことになります。

 

この時に特定の不動産業者が売り手と買い手の両方から仲介手数料を受け取るのが両手仲介なのですが、それではなぜ両手仲介は悪い慣習とされているのでしょうか。今回は両手仲介の弊害について、詳しく確認してみたいと思います。

 

片手仲介と両手仲介にはどのような違いがあるのでしょうか?

あなたが売り手としてA不動産にマンションの売却を依頼したところ、B不動産で買い手が見つかったとします。その後価格の交渉などを経て売買契約が成立した場合には、マンションを売却したあなたはA不動産に対して、またマンションを購入した買い手はB不動産に対して、それぞれ仲介手数料を支払うことになります。これが片手仲介であり、不動産取引はこの片手仲介で行われることが一般的になっています。

 

一方であなたが売り手としてA不動産にマンションの売却を依頼したところ、A不動産が自力で買い手を見つけたとします。その後価格の交渉などを経て売買契約が成立した場合には、マンションを売却したあなたはA不動産に対して、またマンションを購入した買い手もA不動産に対して、それぞれ仲介手数料を支払うことになります。これが両手仲介であり、A不動産はあなたと買い手の両方から仲介手数料を受け取ることができるのです。

 

両手仲介が成立すれば不動産業者は大きな利益を得ることができます

例えば中古マンションの売買契約が4000万円で成立したのであれば、4000万円×3%+6万円=126万円が仲介手数料として請求されます。この金額は売り手と買い手のそれぞれに請求されますので、片手仲介の場合には売り手または買い手から仲介手数料として126万円が不動産業者に支払われることになります。

 

しかし、この時に両手仲介であれば売り手と買い手のそれぞれから126万円が支払われますので、不動産業者は仲介手数料として合計252万円を受け取ることができるのです。それではなぜ、売り手と買い手の両方から仲介手数料を受け取る両手仲介が悪い慣習とされているのでしょうか。

 

なぜ両手仲介は悪い慣習とされているのでしょうか?

両手売買を成立させたい不動産業者は不動産に関する情報を非公開にしたり、宣伝活動を十分に行わないことなどが多くなります。さらに他社からの問い合わせに対して「購入希望者と交渉中なのでご紹介できません」などのように、嘘をついて断ってしまうケースなどもあるようです。

 

このような不動産業者にマンションの売却を依頼してしまうと、他社で買主を見つけることは難しくなります。売却を依頼した不動産業者が高値でマンションを購入してくれる買い手を見つけてくれればよいのですが、ほとんどの場合にはその後値引きを提案されて安売りを強いられることになるのです。

 

悪徳不動産業者は売主の利益を犠牲にすることで両手仲介を成立させようと考えます

例えば売り手が4000万円で売却を希望しているマンションを3500万円で購入したいという買い手が見つかった場合には、良心的な不動産業者であれば4000万円で購入してくれる別の買い手を探してくれるでしょう。

 

しかし両手売買を成立させたい不動産業者の場合には値引きを提案して、3500万円で購入を希望する買い手との間で売買契約を成立させようと考えるのです。また一部の悪質な不動産業者では4000万円で購入を希望する他社が見つけた買い手を断って、自社で見つけた3500万円で購入を希望する買い手との間で売買契約を成立させようとする場合などもあるようです。

 

両手仲介を防いでマンションを高値で売却するためにはどうすればよいのでしょうか?

両手仲介を防ぐために売り手にできる対策としては、不動産業者の広告活動をチェックしてみることをおすすめします。売却を依頼してから1ヶ月が経過しても買い手が見つからないという場合には、不動産業者が両手仲介のために意図的に広告活動を控えている可能性があります。

 

実際にチェックしてみて不動産業者の広告活動の内容が疑わしいという場合には、その業者との契約を解消して他の不動産業者に売却を依頼することを検討してみてください。不動産業者と仲介契約を結んだ場合には双方の合意があれば契約は即時に解消することができますし、また業者がこれに応じなくても3ヶ月を経過すれば契約期間が満了となりますので、更新を行わなければその時点で契約は解消されることになります。

 

マンションを高値で売却するためには信頼できる不動産業者を見つけることが重要になります

今回は両手仲介の弊害について確認してみました。主な内容を簡単にまとめてみると以下のとおりです。

 

  • 両手仲介が成立すると不動産業者は大きな利益を獲得することができます
  • 一部には売主の利益を犠牲にすることで両手仲介を成立させようとする悪徳不動産業者が存在します
  • 不動産業者の広告活動の内容が疑わしい場合には他の業者に売却を依頼することを検討しましょう

 

信頼できる不動産業者を見つけるためには、不動産一括査定サイトコンシェルジュサービスなどを活用してみてください。売主の立場に立って販売活動を行ってくれる良心的な不動産業者を見つけるために、大いに役立つはずです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら