それぞれの不動産業者の特徴をしっかりと理解して最適な不動産業者を選ぶようにしてください

不動産の取引には専門的な知識や経験が必要になりますので、売り手がマンションの売却を希望する場合には不動産業者に売買契約の仲介を依頼することになります。しかし一般の人の場合には不動産の取引を経験する機会が少ないですから、実際に仲介を依頼する際にはどの不動産業者に頼めばよいのかわからずに困ってしまうかもしれません。

 

今回は不動産の売買の仲介を行う不動産業者の主な分類について確認してみたいと思います。安心してマンションの売却を依頼できる不動産業者を見つけるための参考にしてみてください。

 

不動産業者の主な分類を確認してみましょう

不動産業者をその特徴などから大きく分類すると、「分譲会社系列の不動産業者」「財閥系や大手の不動産業者」「マンションを専門とする不動産業者」「地域密着型の不動産業者」「不動産の売却を専門とする不動産業者」の5種類に分けることができます。それぞれの不動産業者の特徴について、さらに詳しくチェックしてみましょう。

 

分譲会社系列の不動産業者について

分譲会社は新築のマンションを建築してこれを販売する会社ですが、分譲会社では中古マンションなどの販売を行う不動産業者を系列会社として持っていることが多いようです。分譲会社系列の不動産業者には「この分譲会社が販売したマンションを売却したいから」と依頼をする売り手が多いのですが、分譲会社系列だからといって必ずしも販売担当者が物件のことを熟知しているとは限りません。

 

担当者選びについては、くれぐれも慎重に行うようにしてください。分譲会社系列の不動産業者は大手であることがほとんどですから、大規模な宣伝活動を期待することができます。またマンションの新築分譲時に見学に来た人たちの名簿を保有している場合などもありますので、ダイレクトメールなどによる効果的な販売活動を行うことができるのです。

 

財閥系や大手の不動産業者について

財閥系や大手の不動産業者は、いわゆる財閥や銀行などの大手企業の系列不動産業者になります。取引件数や従業員数も多く、全国展開している不動産業者が多いようです。財閥系や大手の不動産業者であれば数多くの顧客を有していますので、スピーディーな売却を期待することができるはずです。

 

ただし一部には両手取引を行おうとする不動産業者なども存在しますので、売り手の希望をしっかりと聞いてくれる不動産業者を選ぶことが重要になります。全国規模で幅広い広告活動を行いますので、様々なエリアの顧客に対して物件をアピールすることができるはずです。安心して取引を任せることができることが、財閥系や大手の不動産業者のメリットになります。

 

マンションを専門とする不動産業者について

マンションを専門とする不動産業者は、取り扱い品目を限定してマンションに特化した営業を行う不動産業者になります。マンションを専門に手がけている不動産業者の場合には、マンション販売に関する知識や経験が豊富であることがメリットだといえるでしょう。チラシや広告などもマンションを専門として行いますので、特にマンションを希望して物件探しをしている買い手にアピールしやすいという特徴があります。

 

地域密着型の不動産業者について

地域密着型の不動産業者は取り扱いを一定のエリアの不動産に限定して、特定地域に特化した営業を行う不動産業者です。地域密着型の不動産業者の場合には、売買の仲介よりも賃貸物件の仲介や管理などに力を入れていることが多くなっています。

 

マンションを賃貸物件として活用することを検討している人にとっては、最適な不動産業者だといえるかもしれません。地域密着型の不動産業者の場合には、販売活動はポスティングなどのチラシの配布が中心となります。一部にはインターネットを利用した広告活動を苦手としている不動産業者なども存在しますので、依頼の前にしっかりと確認するようにしてください。

 

不動産の売却を専門とする不動産業者について

不動産業者のほとんどは物件の売り手からの仲介の依頼と物件の買い手からの仲介の依頼の両方に対応しているのですが、一部には売り手からの仲介の依頼だけに対応する売却を専門とする不動産業者などもあるようです。不動産の売却を専門とする不動産業者では売り手からの依頼だけを受け付けることになりますので、いわゆる両手仲介などが行われることはなく売り手の利益が優先されるというメリットがあります。

 

売却に関する豊富な経験や実績がありますので、マンションをできるだけ高値で売却したいという人にとっては有利な不動産業者だといえるかもしれません。ただし不動産の売却を専門とする不動産業者は規模の小さい業者であることがほとんどですから、大手不動産業者に売却を任せたいという人にはあまりおすすめはできません。

 

不動産の売却を専門とする不動産業者ではインターネットなどを活用した全国規模の販売活動を行いますので、幅広い顧客に対して物件を宣伝することができます。その一方で現地に足を運ぶことが難しくなりますので、ポスティングやオープンルームなどの販売活動は難しくなるかもしれません。

 

自分の希望に最適な不動産業者を選択するようにしましょう

今回は不動産の売買の仲介を行う不動産業者の主な分類について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。不動産業者にはそれぞれ特徴がありますので、どの不動産業者を選ぶのかによってマンション売却の成否は大きく左右されることになります。それぞれの不動産業者のメリットやデメリットなどをしっかりと確認して、自分の希望に最適な不動産業者を選択するようにしてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら