住み替え目的の販売経験が豊富な不動産業者や購入希望地域に豊富な売り物件を保持している不動産業者」などをおすすめします

マンションの売却を検討しているという人の場合には、「実家の近くで暮らしたい」「今よりももっと広い家に住みたい」などといった理由により、いわゆる住み替えや買い替えのためにマンションの売却を希望することが多いようです。

 

このような住み替えのための売却では、マンションの売却と新居の購入のタイミングをどのように調整するのかが問題になります。今回は住み替えでマンションを売却するためのコツや注意点などについて、さらに詳しく解説したいと思います。買い替えを成功させるための参考として活用してみてください。

 

住み替えによりマンション売却を希望する人が多いようです

住み替えを希望する人の場合には、「高齢になったので今よりも便利な場所に住みたい」「マンションを売却して一戸建てを購入したい」「実家の近くで暮らしたい」「子供が大きくなったので今よりももっと大きな家に住みたい」などのように様々な理由でマンションの売却を希望しているのですが、その一方で共通した特徴があります。

 

それは「今すぐ住み替える必要はない」「最適な物件が見つかったら住み替えたい」ということであり、今住んでいるマンションよりも良い物件があれば住み替えを検討したいと考えているのです。また実際に住み替えを検討する際には、新居の購入とマンションの売却のどちらを優先すればよいのか問題になることが多くなるようです。

 

慌てて売却する必要はありません

慌てずにゆっくりとマンションを売却できることは、マンションを高値で売却するために有利な条件になります。離婚や転勤などによりすぐにマンションを売却したいという場合などには、買い手に足元を見られて買いたたかれてしまうことが多いのです。

 

売却のための時間が十分であれば納得できる値段で購入してくれる買い手を探すことができますし、さらに住み替えが理由でマンションを売却するのであれば、買い手は安心して購入することができるはずです。

 

売却と購入はどちらを優先するべきなのでしょうか?

住み替えを検討する場合には、多くの人が新居の購入とマンションの売却のどちらを優先すればよいのかで悩むことになります。「買い」と「売り」のどちらを優先するべきなのかについては様々な意見などがあるようですが、いまのところ決定的な答えは出ていないようです。

 

これはどちらを優先させた場合にもそれぞれにメリットやデメリットがあることが理由となっています。「購入先行型」と「売却先行型」のいずれを選ぶのかは、結局は売り手の考え方次第なのです。

 

住み替えを希望する人におすすめの売却プランをご紹介します

住宅の売却を住み替えなどの理由で検討しているという人には、「住み替えを目的とした販売の経験が豊富な不動産業者」「購入を希望する地域に豊富な売り物件を保持している不動産業者」などをおすすめしたいと思います。それぞれの不動産業者の特徴について、さらに詳しく確認してみましょう。

 

住み替え目的の販売経験が豊富な不動産業者について

住み替え目的の販売経験が豊富な不動産業者に依頼をすれば、買い替えの際には「税金の優遇」や「つなぎ融資」などに関する的確なアドバイスを受けることができるはずです。一般的な不動産業者では新入社員はまずは賃貸物件の取り扱いから仕事を始めて、その後売買契約を取り扱いなどを行うことになります。

 

ただし人手不足の不動産業者や、あるいは忙しい時期などには、経験不足の新人が売買契約を担当するという場合などもあるようです。経験不足の担当者では税金や融資などに関するアドバイスを受けることが難しくなりますし、さらに売買契約に関するトラブルなどが発生してしまう可能性などもあるかもしれません。このようなトラブルを避けるためにも、住み替え販売に強く経験豊富な担当者が対応してくれる不動産業者を選ぶようにしましょう。

 

購入希望地域に豊富な売り物件を保持している不動産業者について

不動産の売買契約の仲介を依頼する場合には、購入を希望する地域に豊富な売り物件を保持している不動産業者がおすすめになります。現在は不動産ネットワークである「レインズ」が日本全国を網羅していますので、物件を直接保持していなくても様々な不動産を取り扱うことができます。

 

しかし実際には掘り出し物の優良物件はレインズに載せられる前に売れてしまうことが多いのです。売り物件を豊富に保持している不動産業者に仲介を依頼すれば、レインズに載せる前の特別な物件などを紹介してもらうことができるかもしれません。

 

じっくりと比較・検討をして信頼できる不動産業者に選ぶようにしましょう

 

今回は住み替えでマンションを売却するためのコツや注意点などについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下の通りとなります。

 

  • 住み替えのためにマンションの売却を希望する人が多いようです
  • 住み替えを目的とした販売の経験が豊富な不動産業者を検討してみましょう
  • 購入希望地域に豊富な売り物件を保持している不動産業者を検討してみましょう

 

住み替えのための売却の場合には、多くの場合には時間の余裕をもって売却に取り組むことができるはずです。不動産業者についても焦らずにゆっくりと比較検討することができますので、不動産一括査定サイトなどを活用して信頼できる業者をじっくりと探してみてください。できる限り経験が豊富な担当者がいる不動産業者を選ぶことをおすすめします。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら