投資物件や相続物件の販売に強い不動産業者を探すためには不動産一括査定サイトやコンシェルジュサービスなどの利用が役立ちます

2020年に東京オリンピックの開催が決定したことやアベノミクスの影響などにより、日本の経済状況全体は上昇傾向にあるようです。これに伴って不動産相場でも上昇傾向が続いています。特に人気の高い都心部などでは不動産の値上がり傾向が顕著であり、一部には新築分譲時よりも高値で売買される中古マンションなども存在するようです。

 

物件価格が値上がりしているのであれば所有しているマンションを売却してしまうことも投資戦略のひとつだといえるでしょう。ただし今後もこのような不動産の価格上昇が続くとは限りませんし、経済評論家の一部には不動産価格の暴落などを予想している人もいるようです。実際の売却のタイミングなどについては、くれぐれも慎重に判断することを心がけてください。今回は資産整理のためにマンションを売却する方法などについて、さらに詳しくご紹介してみたいと思います。

 

不動産業者はより慎重に選ぶことが必要になります

マンションを売却するタイミングについては近隣地区の開発などで不動産価格が上昇している場合や、相続した土地がその後価格上昇している場合などが考えられるのですが、このような場合には様々な問題が生じることが多いようです。資産整理のためのマンション売却については投資物件や相続物件などであることがほとんどですから、これを取り扱う不動産業者については普段よりもさらに慎重に選ぶことが必要になります。

 

なぜ資産整理のためのマンション売却は難しいのでしょうか?

資産整理のためのマンション売却の場合には、物件を通常の一般不動産として売却するのか、あるいは投資物件として売却するのかを慎重に判断することが必要になります。これは売却する不動産の種類により税金の取り扱いが異なることが理由となっているのです。一般の不動産というのは本人や家族などが住居として利用していたマンションであり、居住用マンションの売却であれば様々な税金の控除などが受けられることになります。

 

一方で投資物件としてマンションを売却する際には税金の控除などが受けられなくなりますので、場合によっては売却による収益の8割〜9割程度を税金として徴収されてしまうかもしれません。不動産業界では賃貸物件の取り扱いで収入を得ているという業者が多いため、そのような業者に売却を依頼してしまうと税金などに関するアドバイスを受けることが難しくなってしまうのです。

 

投資物件や相続物件の売却に詳しい不動産業者はどのように見分ければよいのでしょうか?

投資物件や相続物件については特殊な売買形態となりますので、売却を成功させるためには取り扱いに詳しい不動産業者を選ぶことが重要になります。具体的なポイントとしては「投資物件や相続物件の取り扱い経験が豊富であること」「投資物件の購入を検討している顧客を数多く抱えていること」「相続税などの知識が豊富であること」などが選択条件になるのですが、これらの条件をすべて満たす不動産業者の数は限られているようです。

 

不動産業界では主に賃貸物件を取り扱うことで収益を得ているという業者の割合が多いため、投資物件や相続物件などの取り扱いを得意とする不動産業者探すためには苦労するかもしれません。そのような場合には近隣の不動産業者に限らず視野を広げて様々な不動産業者に相談をしてみることをおすすめしたいと思います。投資物件を探している買い手は全国規模で物件探しをしていますので、近隣や地元の不動産業者にこだわる必要はないのです。

 

投資物件や相続物件の売却に詳しい不動産業者を見つけるためのコツをご紹介します

投資物件や相続物件の売却に詳しい不動産業者を見つけるためには近隣や地元の不動産業者にこだわらず、視野を広げて日本全国の様々な不動産業者を検討してみてください。インターネットの不動産一括査定サイトを活用すれば様々な業者を手軽に比較・検討することができますので、最適な不動産業者を選ぶために役立つはずです。

 

またその他には「街角不動産相談所」などの、専門知識を有するコンシェルジュが売却をサポートするコンシェルジュサービスを活用してみるのもよいかもしれません。候補となる不動産業者をある程度絞り込んだら、後は「どのぐらいの投資顧客を有しているのか?」「どの程度の販売経験があるのか?」などを重視して依頼する不動産業者を決定しましょう。

 

投資や相続については複雑な案件が多く、一般個人にとっては難しい用語が多く理解しづらいかもしれませんが、しっかりとした不動産業者に依頼をすれば疑問や不安などについて的確なアドバイスを受けることができるはずです。

 

不動産業者探しには不動産一括査定サイトやコンシェルジュサービスなどを活用してみましょう

今回は資産整理のためにマンションを売却する方法などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下のとおりとなります。

 

  • より慎重に不動産業者を選ぶことが必要になります
  • 投資物件や相続物件の売却に詳しい不動産業者は限られるようです
  • 近隣や地元の不動産業者にこだわらず様々な不動産業者を対象に検討してみましょう

 

通常の不動産売買とは異なり、資産整理によるマンション売却は特殊な取引となります。投資物件や相続物件などの売却については複雑な部分が多いため、取引を成功させるためには経験が豊富な不動産業者に依頼をすることが重要になるのです。不動産一括査定サイトやコンシェルジュサービスなどを活用して、信頼できる不動産業者を探してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら