持ち回りによる契約では売り手と買い手の記名押印のタイミングが異なるためトラブルの発生に注意が必要になります

マンションなどの不動産を売却する場合には、通常は売り手と買い手と不動産業者が立ち会ってその場で記名押印をして契約書を作成することが一般的な方法になります。

 

ただし売り手と買い手がそれぞれ離れた場所に住んでいたり、あるいはお互いに予定があって同席することが難しい場合などには、不動産業者が売り手と買い手のそれぞれを訪問したり、あるいは売り手と買い手がそれぞれ別の日に不動産業者訪問したりして、別々に記名押印をして契約を完了させることもできるのです。

 

このように売り手と買い手が別の日時や別の場所などでそれぞれ記名押印をして契約書を作成する方法は、「持ち回り」あるいは「持ち回り契約」と呼ばれています。今回は持ち回りによる契約の主な流れについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

持ち回りによる契約の基本的な流れについて

持ち回りの基本的な方法については、まずは仲介を行う不動産業者が売り手と買い手の双方に書類一式(売買契約書・現状確認報告書・付帯設備表など)を渡して、内容の確認をしてもらうことになります。

 

書類については持参する場合もありますし、または郵送する場合などもあります。書類の内容に問題がなければ、その後売り手と買い手のそれぞれに記名と押印をしてもらうことになるのです。

 

買い手から先に記名押印をしてもらう場合には

まずは不動産業者が買い手を訪問して、買い手に記名と押印をしてもらうことになります。その後不動産業者は売り手を訪問します。売り手は買い手の手付金が振り込まれているかどうかを確認して、問題がなければ売り手にも記名と押印をしてもらうのです。

 

売り手から先に記名押印をしてもらう場合には

まずは不動産業者が売り手を訪問して、売り手に記名と押印をしてもらうことになります。その後不動産業者は買い手を訪問して、買い手にも記名と押印をしてもらうのです。この時に買い手は手付金を不動産業者に預けて、手付金を預けたことの証明として不動産業者から預り証を受け取ります。

 

その後不動産業者は売り手を訪問して手付金を渡し、手付金の領収証を売り手から受け取ります。最後に不動産業者は買い手を訪問して手付金の領収証を渡して、預り証を買い手から受け取れば手続きは完了です。

 

持ち回りによる契約にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

持ち回りによる契約には一般の契約とは異なる様々な特徴があります。契約の前に持ち回りのメリットデメリットなどをしっかりと確認しておくようにしてください。

 

持ち回りのメリットについて

持ち回りによる契約は売り手と買い手が遠方に住んでいる場合や、お互いのスケジュールが合わない場合などにも契約を行うことができる、便利な契約方法だといえるでしょう。また双方が顔を合わせたくない場合などにも、持ち回りによる契約が行われます。

 

例えば価格交渉でもめてお互いの心象が悪くなってしまった場合や、あるいは売買契約とは直接関係のない理由(例えば離婚をした夫婦間における売買契約)などの場合に、持ち回りによる契約が行われることが多いようです。

 

持ち回りのデメリットについて

持ち回りによる契約にはデメリットもありますので、実際に活用する場合にはくれぐれも注意が必要になります。不動産の売買契約書は、双方が記名と押印を行った時点で有効な契約となります。

 

持ち回りによる契約の場合には売り手と買い手の記名押印のタイミングが異なるため、一方が記名押印をした後でもう一方の気が変わる場合などがあるのです。持ち回りによる契約ではトラブルが起こりやすくなりますので、可能であれば売り手と買い手が同時に立ち会って契約を行うことをおすすめしたいと思います。

 

持ち回りによる契約を希望するのであれば信頼できる不動産業者に依頼するようにしましょう

今回は持ち回りによる契約の主な流れについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 持ち回りは売り手と買い手が別々に売買契約書に記名押印をする契約方法です
  • 売り手と買い手が同席することが難しい場合などに持ち回りによる契約が行われます
  • 売り手と買い手の記名押印のタイミングが異なるためトラブルの発生に注意が必要になります

 

持ち回りは売り手と買い手が離れた場所に住んでいる場合や、お互いの都合が会わない場合などでも契約を行うことができる便利な方法なのですが、お互いの記名捺印のタイミングが異なるため、トラブルなどの発生にはくれぐれも注意が必要です。また持ち回りによる契約を希望する場合には、実際の手続きなどについては仲介を依頼する不動産業者に任せることになります。

 

持ち回りによる契約を無事に成立させるためには、信頼できる不動産業者に依頼をすることが欠かせないのです。不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトが役立ちます。不動産一括査定サイトを活用すれば一度に複数の不動産業者に査定を依頼することができますので、担当者の対応や提示された査定額などを比較しながらそれぞれの不動産業者を詳細に検討することができるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら