35年ローンの利用がお得なのかどうかについては否定派と肯定派の両方の意見があるようです

マンションの購入には大きな金額を準備することが必要になりますので、多くの人の場合には住宅ローンを利用することになります。住宅ローンについては多くの金融機関が様々な商品を用意しているのですが、近年では「フラット35」を利用する人が増加しています。

 

フラット35は35年間で返済を行う住宅ローンなのですが、35年ローンでマンションを購入することについては、否定的な意見肯定的な意見の両方があるようです。今回は35年ローンでマンションを購入することはお得なのかどうかについて、それぞれの意見を詳しくご紹介してみたいと思います。

 

35年ローン否定派の意見をご紹介します

ライフスタイルの変化や急な転勤などに対応することが難しくなります

例えばフラット35を利用して30歳でマンションを購入したのであれば、全ての返済が完了するのは65歳ということになります。ローンの返済を続けている35年の間には、ライフスタイルの変化などにより購入したマンションでは手狭になってしまうかもしれません。あるいは転勤などにより単身赴任が必要になる場合などもあるでしょう。長期の住宅ローンを利用してマンションを購入した場合には、ライフスタイルの変化や急な転勤などに対応することが難しくなってしまうのです。

 

一方で賃貸物件であれば、いつでも気軽に住み替えや引越しなどを行うことができます。賃貸物件の場合には2年ごとに賃貸契約を結ぶことが一般的となっていますし、また賃貸契約期間の途中であっても自由に契約を解除することができますので、ライフスタイルの変化や急な転勤などの場合に対しても余裕を持って対応することができるのです。

 

長期間の安定した収入が期待できるという保証はありません

かつての日本は「終身雇用」「年功序列」の社会でしたので、大学を卒業してある程度の会社に入社することができれば、その後は定年まで安定した収入を期待することができました。しかし現在では終身雇用制度は崩壊し、多くの会社では早期退職の勧告リストラなどが行われています。

 

経済状況が好調で不動産価格も上昇を続けている状態であれば、長期住宅ローンを利用することのリスクは少なくなります。しかし現在のデフレ状況では一部の人気エリア以外のマンションは高値で売却することが難しくなっていますので、場合によってはマンションを売却しても住宅ローンの残額が残ってしまう可能性があるのです。長期間の安定した収入が期待できない状況では、長期住宅ローンを利用することには大きなリスクが伴うことになります。

 

地震などの予測できない災害によるリスクがあります

2011年の東日本大震災をきっかけに、ここ数年で日本では地震への関心が高まっています。日本は地震の多い国であり、日本に住んでいる限り地震の被害を受ける可能性を否定することはできません。東日本大震災級の地震が発生して大きな被害を受けてしまうと、その後は修繕のための費用ローンの支払いの2重の支払いの負担で苦しむことになるのです。

 

近年では地震保険に加入する人が増えているのですが、ここ数年で損害保険会社は地震保険の保険料の見直しを行っています。損害保険会社では今後これまで以上に地震などの災害による被害が発生する可能性が高いと予測しているようです。

 

35年ローン肯定派の意見をご紹介します

低金利の現在は住宅ローンの利用に最適な時期になります

35年ローンであることがフラット35の特徴なのですが、さらにもうひとつ固定金利であるという特徴があります。フラット35では申し込みの際の金利条件が、返済完了までの35年間継続して適用されるのです。2015年現在のフラット35の金利条件は1%台となっているのですが、これは史上最低水準の金利条件となっています。

 

1%台の低金利で利用できる現在は、フラット35に申し込むための大きなチャンスだといえるのです。今後の経済状況を予想することは難しいのですが、将来物価の上昇によりローン全般の金利が上昇した場合であっても、フラット35であれば借り入れ時に適用された金利がそのまま据え置かれることになります。

 

団体信用保険に任意加入することができます

フラット35では返済期間が35年という長期になりますので、場合によっては申込者が返済期間中に死亡してしまったり、またケガなどにより障害を負って働けなくなってしまう場合などがあるかもしれません。いくら健康な人であってもケガや病気などの可能性を否定することはできませんので、長期住宅ローンを利用する際にはこれらのリスクに備えることが必要になるのです。

 

フラット35の場合には任意となりますが、団体信用保険に加入をすることができます。団体信用保険に加入をすれば申込者が不測の事態で死亡してしまった場合などには保険会社にローンの残額を負担してもらうことができますので、遺族はマンションを手放すことなくそのまま住み続けることができるのです。

 

フラット35への申し込みは慎重に判断するようにしてください

今回は35年ローンでマンションを購入することはお得なのかどうかについて、否定派と肯定派のそれぞれの意見を詳しくご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。35年ローンのフラット35にはメリットとデメリットの両方がありますので、フラット35を利用することがあなたにとって本当にお得なのかどうかをじっくりと考えて、申し込みについてはくれぐれも慎重にを判断するようにしてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら