大規模な開発が行われた地域や人気の高いプレミアム地域のマンションの場合には高値での売却を期待することができます

マンションの査定を行う際には、取引比較事例法という方法が使われることが多いようです。取引事例比較法では過去における同じマンションや近隣のマンションなどの売却事例を参考にしながら、現在までの時間の経過を考慮して査定が行われることになります。

 

取引事例比較法は決して悪い査定方法ではないのですが、過去の取引事例が適正かどうかについてはくれぐれも注意が必要になります。例えば売り手の側に急いでマンションを売却したい事情があれば、相場よりも割安な価格で売却が行われるかもしれないのです。取引事例比較法では、ほとんどの場合には過去における売却事例を参考にすることになります。

 

例えば2年前にマンションが2800万円で売却された事例があれば、2年後の現在に同じようなマンションを売却する際には2500〜2600万円程度が妥当だと算定されるのです。過去の売却事例から時間の経過分を考慮して現在の査定額を判定することは「時点修正」と呼ばれています。今回はマンションの査定の際に取引比較事例法を利用する場合の注意点について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

取引事例比較法を利用した査定にはくれぐれも注意をしてください

マンションの査定を取引比較事例法により行う場合には、ほとんどの場合には過去の売却事例よりも低い査定額が提示されることになります。取引比較事例法では過去における売却事例を基準として、そこから時間の経過分による減価を差し引くことで査定が行われますので、低い査定額が提示されることについては当然だといえるでしょう。

 

確かに不動産では時間の経過によりその価値が低下することが多いのですが、近年では大規模な開発などにより不動産価格の価格が上昇している地域などもあります。最寄駅周辺の大規模開発が実際に行われた地区では、それまでは1800万円程度だった中古マンションの相場価格が、開発後には2000万円〜2200万円程度にまで急上昇したというケースなどもあるのです。特に地方の場合には大規模な開発などの影響で不動産相場が大きく変動することが多いようですし、環境の変化次第では実際の売却価額が上昇することなども十分にありえるのです。

 

一部には新築分譲時よりも高額で売却できる中古マンションなども存在するようです

これは極めて特殊な事例になりますが、一部の人気地域では新築分譲時よりも高値で中古マンションの取引が行われている場合などもあるようです。例えば東京の皇居周辺のマンションなどがこれに該当します。皇居の周辺には空いた土地などはありませんし、また建築に関する規制などもとても厳しくなっています。今後皇居の周辺に新築マンションが建設される可能性は極めて低くなりますので、皇居周辺の中古マンションはプレミアム価格で取引が行われているのです。

 

需要が大いにもかかわらず供給が期待できない地域の場合には、中古マンションは高値で取引が行われることになります。皇居の周辺は特殊なケースになるのですが、これと同じような事例は日本全国に存在するのです。新築マンションを建てるための土地を確保することが難しい地域や、大規模マンションの建設が規制されている地域などの場合には、中古マンションの査定額についてはプレミアムが期待できるでしょう。

 

新築分譲時の価格を上回ることは難しいかもしれませんが、一般的な中古マンションの相場よりも高値での売却が可能になりますので、時間の経過による物件価値の下落を最小限とすることができるのです。

 

提示された査定額が適切かどうかについてはくれぐれも慎重に検討しましょう

今回はマンションの査定の際に取引比較事例法を利用する場合の注意点について確認してみしたが、いかがでしたでしょうか。主な内容についてまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 取引比較事例法は過去の取引の際の売却価額から現在の評価額を算出する査定方法です
  • 取引比較事例法では通常は過去の売却価額よりも低い査定額が提示されることになります
  • 一部には過去の売却価額よりも高いプレミアム価格で売却できるマンションなども存在するようです

 

取引比較事例法は過去の売却価額に基づいて現在の価値を判断する査定方法なのですが、不動産の価格については必ずしも時間の経過により減価するというわけではありませんので、算定された査定額が適切なのかどうかについてはくれぐれも慎重に判断するようにしてください。

 

売却を希望するマンションの周辺で大規模な開発が行われた場合や、マンションが人気の高いプレミアム地域に立地する場合などには、取引比較事例法による査定額よりも強気な売却希望価格で売り出してみるのもよいかもしれません。マンションをできるだけ高値で売却するためには、売主の立場に立って販売活動を行ってくれる信頼できる不動産業者に売却を依頼することが重要になります。

 

不動産業者を探すためにはインターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください。またマンション売却に深い知識を持つコンシェルジュが売却を代行してくれる、コンシェルジュサービスなども役立つはずです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら