幅広い買い手に対してアピールすることや中古マンションのメリットを積極的にアピールすることなどが必要になります

マンションを売りに出してもなかなか買い手が見つからないという場合には、売り手は「売却希望価格が高すぎるのだろうか?」「マンションの立地に問題があるのだろうか?」「リフォームを行うことが必要なのだろうか?」などと悩むことになります。

 

ただし実際にはマンション個別の理由ではなく、中古マンション市場全体の問題がその原因となっている場合なども多いようです。今回は中古マンション市場の現状と将来の見通しなどについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

中古マンション市場の現状はどうなっているのでしょうか?

近年では中古マンションが売れにくい状況になっているようです。平成26年には中古マンションが首都圏でおよそ16万戸売りに出されたのですが、その中で実際に売買契約が成立したのは3万4千戸だけでした。

 

単純に数字だけで判断すると、全体の4分の3のマンションでは買い手が見つからず売れ残ってしまったということになります。このように中古マンションが売れにくくなってしまった原因については、買い手の側の変化が大きな理由となっているようです。それでは具体的には買い手の側にはどのような変化があったのでしょうか。

 

世帯構成が大きく変化しています

マンションの買い手の側では、世帯構成が大きく変化しています。ファミリータイプのマンションは「両親+子供」という世帯構成が基準となっているのですが、以前はこのような構成の世帯の割合が最も高かったのです。しかし現在では一人暮らしの単身世帯の割合が増加しており、全世帯のおよそ3分の1が単身世帯となっています。

 

単身世帯でもマンションの購入を希望する人はいるのですが、単身世帯の場合にはやはり賃貸住宅を希望するという人が多いようです。また中古マンションの場合にはファミリータイプの物件が多いため、単身者にとっては「広すぎる」「値段が高すぎる」ことなども、中古マンションが売れにくい状況の原因となっています。

 

今後はさらに人口が減少することが予想されています

さらに人口の減少が、中古マンション市場に深刻な影響を及ぼしています。特にマンション購入の適齢期とされる30代〜40代の人口減少が進んでいて、5年後には30代〜40代の人口は現在よりも15%減、10年後には現在よりも29%減となることが予想されているのです。

 

マンションの買い手そのものの数が減少することになりますので、需要が減少することにより供給が過多となることがほぼ確実となっています。今後は立地の良い新築マンションに人気が集まる一方で、不便な立地の中古マンションでは買い手が見つからないという買い手市場の二極化が進むことになるはずです。

 

今後はどのように対応をすればよいのでしょうか?

今後の中古マンション市場の見通しはさらに厳しく、買い手を見つけることが難しくなる状況が予想されています。このような状況の中でマンションを確実に売却するためには、具体的にはどのように対応すればよいのでしょうか。

 

幅広い買い手にアピールすることが必要になります

地元の不動産業者にマンションの売却を依頼する場合には、買い手は地元の住人に限られてしまうことになります。地元の住人はその地域の不動産の相場などを熟知していますので、売却希望価格が高すぎると購入を敬遠されてしまことが多いのです。マンションを高値で購入してくれる買い手を捜すためには、インターネットの活用を積極的に検討してみてください。

 

マンション売却のためにインターネットを活用すれば、より幅広い買い手に物件をアピールすることができます。また物件探しにインターネットを活用する買い手の場合には、物件そのものが気に入れば多少割高であっても購入してくれることが多いようです。

 

中古マンションを積極的に活かすようにしましょう

中古マンションの売却を検討する際には、中古ならではのメリットを積極的に活用しましょう。新築マンションの契約をしても実際の引き渡しまでには一定の期間が必要ですから、すぐに入居したい場合などには対応が難しくなってしまうのです。

 

しかし中古マンションであれば、売り手と買い手の希望が合致すればすぐに入居することができます。転勤などの理由ですぐに入居できるマンションを希望する買い手に積極的にアピールをすれば、中古マンションを高値で売却できる可能性が高くなります。

 

中古マンションの売却にはインターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください

今回は中古マンション市場の現状と将来の見通しなどを確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 世帯構成の変化や人口の減少などにより中古マンションが売れにくい状況になっています
  • 今後は幅広い買い手に対して積極的に中古マンションをアピールすることが必要になります
  • 中古マンションのメリットを積極的に活かすことを検討してみましょう

 

中古マンションの売却を成功させるためには、インターネットの積極的な活用を検討してみてください。インターネットの不動産一括サイトを活用すれば複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができますので、担当者の対応や提示された査定額をじっくりと比較・検討して、安心して売却を任せることができる不動産業者を選ぶことができるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら