タワーマンションには地震や強風などで揺れやすいことや窓が開けられないことなどのデメリットもあります

近年ではいわゆるタワーマンションが人気を集めています。タワーマンションについては「建物の高さも値段も高い」「眺望が良い」「お金持ちが住んでいる」などのイメージを持っている人が多いようです。

 

また「いつかはタワーマンションに住んでみたい」などと考えている人などもいるかもしれません。今回はタワーマンションのメリットやデメリットについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

タワーマンションとはどのようなマンションのことなのでしょうか?

タワーマンションについては法律上の区分などは特に決められていないのですが、一般的な不動産取引の場合には、20階以上または高さが60m以上のマンションをタワーマンションと呼ぶことが多いようです。建築基準法では15階以上のマンションには通常のエレベーターとは別に消防用エレベーターを設置することが必要であり、また高さ60m以上の建物については一般よりも厳しい建築基準が設けられています。

 

さらに高さ100m以上の建物の場合にはヘリポートを屋上に設置することが必要になります。タワーマンションの場合にはこれらの基準を満たすために、建設の際には一般的なマンションよりもさらに多くのコストが必要になるのです。

 

タワーマンションにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

タワーマンションの建設には多くのコストがかかりますので、販売価格は一般的なマンションよりも割高になります。しかしタワーマンションには様々なメリットがありますので、多くの人たちからの高い人気を集めているのです。

 

眺望が良いというメリットがあります

タワーマンションの大きなメリットとしては、やはり眺望の良さがあげられるでしょう。一般のマンションとは異なり視界を遮るものが周囲に存在しませんので、特に上層階では素晴らしい眺望を楽しむことができるのです。

 

タワーマンションの場合には間取りなどが同じであれば、上層階ほど分譲時の価格は高くなります。また中古として売却する場合にも、上層階ほど値下がりが少ないという傾向があるようです。

 

立地が良いというメリットがあります

タワーマンションの場合には立地が良いことが多いようです。これについてはタワーマンションだから立地が良いというよりも、立地の良い場所を有効的に活用するためにタワーマンションが建設されたと考えてみてください。

 

近年では利便性のよい土地をマンション建設のために確保することが難しくなっていますので、限られた敷地に階数の多いタワーマンションを建設することにより、1戸あたりの土地の調達コストを引き下げているのです。

 

基本構造や設備が良いというメリットがあります

タワーマンションの場合には一般的なマンションよりも建築基準が厳しくなっていますので、躯体や土台などの基本構造がしっかりしていることが多いようです。

 

また大規模マンションになりますので、ゲストハウスやコミュニティスペースなどの便利な設備が設置されている場合などもあります。一部にはカフェや医療機関などが設置されたタワーマンションなどもあるようです。

 

タワーマンションにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

人気の高いタワーマンションなのですが、デメリットなども存在しますので購入を検討する際には注意が必要になります。

 

地震や強風などによる揺れを感じやすいというデメリットがあります

タワーマンションではその構造として、免震構造が採用されています。地震が発生した場合にはこれに合わせてマンション自体が揺れることで、地震による衝撃を吸収するのです。

 

そのため小さな地震が発生した場合でも、特に上層階では大きな揺れを感じることになります。これは強風などが発生した場合にも同様ですから、人によっては「怖い」と感じるかもしれません。

 

窓が開けられないなどのデメリットがあります

一部のタワーマンションでは、上層階では窓が固定されていて開けられないという場合があるようです。また窓が開けられるタワーマンションであっても、上層階の場合には風を感じやすくなりますので、風が強い日には窓を開けられないことが多くなります。その他には洗濯物を外に干すことが難しいことなども、タワーマンションのデメリットだといえるでしょう。

 

タワーマンションを購入するのであれば上層階をおすすめします

今回はタワーマンションのメリットやデメリットについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下のとおりとなります。

 

  • タワーマンションは建築コストがかかるため一般的なマンションよりも高額になります
  • タワーマンションには眺望立地基本構造設備などが優れているというメリットがあります
  • タワーマンションには地震や強風などによる揺れ窓が開けられないなどのデメリットがあります

 

タワーマンションは眺望の良さや立地の良さなどにより、多くの人たちからの人気を集めています。タワーマンションの購入を希望するのであれば、上層階の購入を検討してみてください。

 

上層階は高額だからと下層階の購入を検討する人などもいるようですが、タワーマンションの場合には上層階ほど価格の値下がりが少ないという傾向がありますので、将来の売却のことを考えるとむしろ上層階を購入した方が有利になることが多いのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら