目指せ高額売却!不動産売却究極マニュアル集

不動産の売却を希望する際には、高額な売却希望価格を設定して買い手を気長に探すという方法もあります。しかし実際に取引を成立させるためには、売却希望価格についてはある程度の妥協が必要だといえるでしょう。不動産の売り手は売却希望価格を自由に決定することができるのですが、実際に取引を決定する権利は買い手の側にあるということを忘れないようにしてください。

 

不動産を売却する時には情報を集めることが重要

また情報の収集に取り組むことも、不動産を高値で売却するための重要なポイントになります。情報が不足していると買い手をなかなか見つけることができなかったり、焦って安売りをしてしまうなどが多くなってしまうのです。不動産の取引は売り手と買い手の合意により成立しますので、集めた情報の量が取引の成否を左右することになります。情報集めは超重要だと覚えておいてください。

 

不動産業者を選ぶ時は慎重に!

不動産の取引では、売り手と買い手の間に立って双方の利害を調整する不動産業者の役割が重要になります。売り手の立場に立って積極的に販売活動に取り組んでくれる不動産業者を選ぶことができれば、不動産を高値で売却できる可能性が高くなるのです。

 

ただし一部には顧客の獲得を目的として相場よりも割高な見積もり額を提示する不動産業者や、自社の利益だけを追求して安易な値引きや安売りなどを提案する不動産業者なども存在します。そのような不動産業者に依頼をしてもなかなか買い手を見つけることはできず、最終的には大幅な割引をして安売りをすることになってしまいますので不動産業者はくれぐれも慎重に選択することを心がけてください。

 

不動産を売却する際には買い手の心理を考えよう

不動産の取引価格は需要と供給の関係により決まります。つまり買い手がいるから売り手がいるということなのです。買い手を見つけることができなければ、売り手は不動産の取引を成立させることはできません。

 

現在はインターネットの不動産販売サイトなどを活用すれば様々な物件の情報を手軽に閲覧することができますので、売り手には買い手に物件をアピールするためのしっかりとした販売戦略が必要になります。買い手の心理で考えることが、不動産売却のための基本なのです。

 

不動産の売却の際には、その他にも様々なポイントをしっかりとチェックしておくことが必要になります。不動産をできるだけ高値で売却するためには、事前の準備などが重要なのです。今回は高額での売却を目指すための「不動産売却究極マニュアル集」をご紹介しますので、不動産を売却する際の参考として活用してみてください。

 

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産の売買契約は売り手と買い手の合意により成立するのですが、売却希望価格については売り手が自由に決めることができます。売り手は自分が希望する売却希望価格を提示することもできますし、また必要があれば売却希望価格を変更することもできるのです。買い手から値引きの請求を受けた場合にはこれに応じることもできますし、あるいは値引きを断って別の買い手を探すこともできます。ただし実際に取引を成立させるためには、...

不動産の売却を成功させるためには、まずは情報の収集を行うことから始めてみましょう。不動産をできるだけ高値で売却するためには、買い手の考えを知ることが重要になるのです。情報不足だとなかなか買い手を見つけることができなかったり、あるいは焦って安売りをしてしまうことなどが多くなります。買い手の希望などをしっかりと把握するようにすれば、適正な価格で不動産を売却することができるはずです。不動産を早く売却した...

不動産をできるだけ高値で売却するためには、売買を仲介する不動産業者や担当者の役割が重要になります。不動産の売却価格は売り手と買い手の合意により決まるのですが、実際には売り手と買い手の利害を調整する不動産業者や担当者の実力が大きく影響することになるのです。不動産業者の担当者を選ぶ際には、話しやすく質問などがしやすい人を選ぶようにしましょう。人間同士のお付き合いということになりますので、相性ができるだ...

不動産の売買契約は、売り手と買い手の両方がいて初めて成立します。不動産の売却を成功させるためには、買い手の心理をしっかりと把握することが重要なのです。買い手の心理をしっかりと把握することができれば、不動産を早期に高値で売却できる可能性が高くなります。不動産は多くの人にとっては一生に一度の大きな買い物になりますので、不動産の買い手は様々な条件にこだわることが多いようです。近年では住宅を購入する際に、...

不動産の売却を依頼する際には、売り手の立場で売却に取り組んでくれる不動産業者を選択するようにしましょう。不動産の売買契約は売り手と買い手の合意により成立するのですが、実際に契約を成立させるためには経験が豊富な不動産業者に仲介を依頼することが必要になります。売却に関する具体的な交渉は不動産業者を信頼して任せることになりますので、売り手の立場で売却に取り組んでくれる不動産業者に売却を依頼をすることで、...

不動産の売却を希望する場合には、売却の前に各種の事項についてしっかりと確認しておくことをおすすめしたいと思います。まずは不動産業者に売却を依頼する際の、売買契約の形態について確認してみてください。不動産業者との契約には、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約などの形式があります。不動産をできるだけ高く売りたいという場合には、専属専任媒介契約を選択することがおすすめです。専属専任媒介契約では依...

不動産の売却を検討する際には、インターネットの不動産一括サイトの活用をおすすめしたいと思います。不動産一括サイトを利用すれば一度の手続きで複数の不動産業者に査定を依頼することができますので、提示された査定額や担当者の対応などを比較・検討することにより、物件の価値を客観的に判断することができるのです。安心して売却を任せることができる不動産業者を選択するために、積極的に活用してみてください。ただし実際...

欧米では住宅を資産であると考える人が多いのですが、日本では子供や孫の代まで住み続けることを前提として住宅購入を検討する人が多いようです。実際には購入後に様々な事情で売却が必要になる場合などもありますので、住宅を購入する際には将来の売却を前提として検討することをおすすめしたいと思います。また住宅については購入後もできるだけ丁寧に取り扱うようにして、資産価値を高めることを心がけてください。定期的な修繕...

物件の売却を検討する際には、不動産業者に査定を依頼することが多いのではないでしょうか。ただし一部には顧客を獲得するために、相場よりも割高な査定額を提示する不動産業者なども存在するようです。不動産の査定を依頼する場合には、できるだけ多くの業者に査定を依頼するようにしましょう。複数の業者が提示した査定額を詳細に比較・検討することで、物件の客観的な価値を判断することができるはずです。複数の業者に査定を依...

低金利の時代は、不動産の売り手にとっても大きなチャンスです。日本においてはここしばらくは低金利の状況が継続しているのですが、金利が低いということは住宅の売却を検討している人にとっても有利な条件になります。多くの人にとって住宅は人生で最大の買い物であり、住宅を現金一括で購入できる人は一部に限られますので、住宅の購入を検討する際には住宅ローンの金利を含めた支払総額で判断することが必要になるのです。金利...

一戸建てやマンションなど、憧れのマイホームを購入した後で、転勤の辞令が下りることがあります。勤務先が地域限定の契約になっている会社員でない限り、辞令を断るのは難しいものです。とはいえ、単身赴任をすれば家賃や生活費が多くかかることになりますし、家族は一緒に暮らすべきだという価値観の家庭もあることでしょう。そして、せっかく購入した不動産も、誰も住まない期間が長く続くのはよくありません。そんなとき、賃貸...

離婚を機に不動産の売却を決めている、検討しているけれど「どんな風に進めていけば良いのか」「デメリットはあるのか」「そもそも誰に相談すれば良いのか」など悩む点はたくさん出てきます。平成16年度の『年金法の改正』により離婚の年金分割制度が変わりました。従来とは異なり、これまで全く収入を持たなかった専業主婦の元妻にも元夫の年金分上限50%まで受け取れるように。「離婚すると将来の金銭的な問題が…」という理...

日本では近年において少子高齢化が進行しているのですが、特に高齢化の進行が深刻な問題となっているようです。寿命が延びたこと自体は喜ばしいことなのですが、一方で判断能力が認知症などにより減退して不十分になってしまう高齢者なども増えています。不動産については売買に関する法律的な手続きが必要になりますので、親が高齢になると売却のための手続きが難しくなってしまうかもしれません。親名義の不動産を売却することが...

新築の物件を購入したという場合であっても、その後様々な事情により売却を検討することが必要になるかもしれません。新築で購入した不動産を売却したいという場合には、売却を希望する理由をはっきりさせることが必要になります。新築から間もない築浅物件が売りに出された場合には、買い手は「近隣トラブルが原因だろうか?」「物件に不具合などがあったのだろうか?」などと考えて、より慎重に購入を検討することが多くなります...

不動産を売却する際には、売却の時期について事前に確認しておくことをおすすめします。冬の終わりから春にかけての時期が、不動産が最も売れやすい季節になります。就職や進学などのシーズンになりますので、この時期になると引っ越しのために新しい住居を探す人が増加するのです。一方で春の終わりから夏にかけての時期は、不動産が売れにくい季節になります。この時期を迎えてしまうと買い手を見つけることが難しくなりますので...

不動産の売却を検討する際に同時にリフォームを考えるという人が多いのですが、実際に物件の価値を向上させるためには本格的なリフォームを行うことが必要になります。畳の表替え・フローリングの張替え・クロスの張替え・水回りのクリーニングなどを行うだけでは、物件の価値を向上させるためには不十分かもしれません。ただし状態がイマイチな物件の場合には、基本的なリフォーム(修繕)を行うだけでも買い手の印象を大幅に改善...

住宅の売買は非常に高額な取引になりますので、不動産業者に住宅の売却を依頼する際にはトラブルの発生などを防ぐために、不動産業者との間で媒介契約を締結することが一般的です。媒介契約については主に2種類の方法があり、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」のいずれかの方法を選ぶことになります。一般媒介契約と専任媒介契約の違いとは?売り手が自由に複数の不動産業者と媒介契約を結ぶことができるのが、一般媒介契約にな...

住宅を売りに出してもなかなか買い手が見つからないという場合には、値引きの検討を不動産会社から提案されるかもしれません。例えば100万円の値下げを提案された場合などには、「100万円程度の値下げで本当に買い手が見つかるのだろうか?」と疑問を感じる人などもいるようです。しかし実際には不動産の価格を買い手は厳しくチェックしていますので、値引きに対しては敏感に反応することが多いのです。若干値下げするだけで...

不動産の売却の際には、買い手から売却の理由を尋ねられることが多くなります。売却の理由は買い手の印象を大きく左右しますので、事前にしっかりとした理由を考えておくようにしてください。例えば売却の理由が「シロアリが発生した」「近隣住人とトラブルになった」「深夜の騒音がひどい」などであれば、買い手の購入意欲は大幅に低下してしまうことになります。売り手には買い手に対して住宅の欠陥や不具合などを伝える義務があ...

不動産を高値で売却するためには、まずは自分が売り手であるということをしっかりと自覚するようにしましょう。物件を購入してくれる買い手は「お客様」であり、物件の売却を希望する売り手は「買っていただく」立場なのです。不動産を売却する際には不動産業者に仲介を依頼することが一般的ですから、自分が物件の売り手であることをついつい忘れてしまいがちになります。買い手は大切なお客様であるということを、くれぐれも忘れ...

不動産の売却に成功するためには、不動産の適正な価値を知ることが重要になります。住宅の売買はほとんどの人にとって人生で初めての体験になりますので、慣れていないことが原因で取引に失敗してしまう人が多いのです。売却希望価格が割高だと買い手を見つけることが難しくなりますし、売却を焦ると安売りをしてしまうことになります。まずは適正な売却希望価格を設定することから始めてみましょう。不動産一括査定サイト上手に活...

不動産の取引は売り手と買い手により行われるのですが、実際の取引を成立させるためには売買を仲介する不動産業者の役割が重要になります。信頼できる不動産業者に売却を依頼することが、不動産を高値で売却するための重要なポイントなのです。信頼できる不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトがを活用してみてください。複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、提示された査...

不動産を高値で売却するためには、実際の販売を行う担当者の実力が重要になります。売り手と買い手の利害を調整することが担当者の役割ですから、最終的な販売価額の決定に大きな影響を及ぼすことになるのです。担当者を上手に使いこなすためには、報酬として別途手数料を担当者に支払う方法を検討してみましょう。担当者のモチベーションが上がれば、「売り手のために頑張ろう!」という気持ちで積極的に販売に取り組んでくれるは...

不動産を売り出した場合には、売り手は買い手から値引きを求められることが多いようです。不動産の取引価格は売り手と買い手の合意で決まりますので、買い手からの値引き交渉にはある程度応じることが必要だといえるでしょう。ただし物件の売却希望価格を安易に値引きすることはおすすめできません。特に優良な物件の売却を希望する場合には、値引きについてはくれぐれも慎重に検討するようにししてください。値引きを行うことは物...

住宅を売却する際には不動産業者に支払う仲介手数料などの、様々な費用の支払いが必要になります。しかしその一方では、これまでに支払った費用の未経過分の返還が受けられる場合などもあるようです。住宅の購入時にはもしもの場合に備えて、火災保険に加入することが一般的となっています。火災保険については加入期間が10年や15年や25年などのように長期間になりますので、住宅売却の時点で未経過の分があれば返還されるこ...

近年では「オープンハウス開催中!」「オープンハウス実施します!」などといった宣伝文句を、不動産業者の広告などで見かけることが多くなっています。住宅販売のための方法の一つであるのがオープンハウスであり、売り出す住宅を一般開放して購入希望者に直接見学してもらう販売方法になります。オープンハウスについては一戸建ての場合もあればマンションの場合もありますし、また新築の場合もあれば中古の場合もあります。買い...

住宅を売り出してみてもなかなか買い手が見つからないという場合には、売却希望価格が高すぎることが原因かもしれません。宣伝や広告などに積極的に取り組んでみても買い手が見つからないのであれば、売却希望価格の見直しを検討してみましょう。いくら魅力的な物件であっても、売却希望価格が高すぎれば買い手を見つけることは難しくなります。以前のバブル期であれば住宅を売りに出せばすぐに買い手が見つかったのですが、現在で...

住宅の価値は時間の経過に伴って減価しますので、通常は住宅を売却した場合には売却損が発生することになります。ただし近年では都市圏などの人気エリアにおける物件価格が高騰してしますので、住宅を購入時よりも高値で売却できることがあるかもしれません。住宅の売却益が発生した場合には、譲渡所得税や住民税などの各種の税金を支払うことが必要になります。物件を売却した際に払う税金にはどんな物がある?住宅については税法...

お金のため、借金を返済するため…。経済的な理由から不動産の売却を考えている人もいると思います。しかし不動産売却には様々な費用が発生します。そのため「売却のための事前にかかる費用を支払えないと売却を諦めないといけない」と考えている方もいらっしゃるでしょう。ですが実際には仲介手数料をはじめとした諸経費は売買代金から精算されるのが一般的。住宅ローンが残っていた場合でも、ローン返済に充てて残ったお金から諸...

建て替えたいけれど建て替えてはならない物件…それが『再建築不可物件』です。不動産買取業者は数多く存在しているにも拘わらず、再建築不可物件は取り扱っていないところが多いように感じられます。そのため「再建築不可物件は売ることができない」と思っている人も少なからずいます。結論から言えば、再建築不可能物件だってちゃんと売れます。そこでここでは再建築不可物件について理解を深め、どうすれば少しでも高く売れるの...

不動産売買を行う際、「事故物件」という言葉を聞くことがあると思います。事故物件というのは広い意味で使われており、破産によって住宅ローンが払えなくなるという金融事故を指すこともあれば、自殺や他殺、不審死などひとの死亡に関わる事故も含まれます。自分には関係ないと考えている不動産オーナーも多いのですが、賃貸物件として貸し出している限り、事故物件になるリスクはあります。では、事故物件になった不動産はもう売...

みなさんも、「違法物件」という言葉は聞いたことがあると思います。ですが、その言葉の意味をきちんと説明できるのは、建築や不動産の関係者だけかもしれませんね。違法物件は意図的に建てられるものだけを指すわけではなく、建てた後で法令が変わることで適合しなくなる場合もあります。そして、違法物件であっても売却を考える所有者はたくさんいます。そこで今回は、違法物件は売却することができるのか、そのために何を知って...

このところ、「建売住宅には欠陥住宅が多い」という記事をよく見かけます。建売住宅の8割は、欠陥住宅であるといわれるほどなのです。そのため、新築のマイホームを購入してもそれが欠陥住宅で、売却を考えるひとが少なくありません。ですが、欠陥住宅であることをわかっていて、売ることができるのかと、不安を覚えるひともいることでしょう。そこで今回は、欠陥住宅でも損をせずに売ることができるのかについて、一緒に考えてみ...

配偶者との死別は、心に深い悲しみを刻むものです。そして、その悲しみにひたる暇もなく、葬儀や相続の準備などに追われることになります。そんなとき、亡くなった配偶者名義、あるいは共同名義の不動産をどうするのかについて、選択を迫られるひとは少なくありません。そしてその対処方法は、住宅ローンが残っているか否か、名義の変更方法などでも異なります。ひとによっては、配偶者名義の不動産を売却したいと考えることもある...

配偶者や親、兄弟姉妹、子どもなどの親族が亡くなることで、財産を相続することがあります。その際に、土地や家など不動産を相続することも少なくありません。自分がそこに転居したり、賃貸物件として貸し出す予定があれば問題ありませんが、相続した不動産を利用する予定がないのであれば、売却をするのも選択肢の一つです。そこで今回は、相続した不動産を売却する前に、知っておくべきさまざまな内容について、お話ししたいと思...

連棟式建物は、普通の一戸建てと違い、安く購入ができます。ですが、それを売却しようと考えたときには、いろいろな弊害があることは、案外知られていないようです。そこで、テラスハウスやタウンハウスとも呼ばれる連棟式建物とはどんな建物なのか、連棟式建物の問題点、売却する方法などについて、お話ししたいと思います。連棟式建物って、どんな建物のことをいうの?連棟式建物とは、数件の建物がつながって立っている住宅のこ...

所有している不動産を売却する際、それがどんな物件かによって、売却の難易度も売り出し価格も大きく異なります。分譲の一戸建てを購入した場合によくあるのが、敷地延長物件とも呼ばれる旗竿地の土地や建物です。敷地延長物件とも呼ばれる旗竿地は、売却が難しいといわれています。そんな敷地延長物件とも呼ばれる旗竿地の土地や建物を売却する方法について、お話ししたいと思います。敷地延長物件とも呼ばれる旗竿地って何?敷地...

みなさんは、建築基準法に「接道要件」が設けられていることを知っていますか?これは、建築物を建てる際には、土地が道路に一定数面していなければならないというルールです。それを順守するために、「私道負担」を余儀なくされる土地があります。また、古くからある住宅地の場合、道路の幅員が4メートル未満のものも多く、その土地を利用する際には、「セットバック」部分を設けなければなりません。そこで今回は、私道負担を負...

皆さんは日本各地で、年に1000件ほどの土砂災害が起こっていることを知っていますか?土砂災害には、土石流や地すべり、がけ崩れが含まれます。世界的にみても、日本は土砂災害が多い国なのですが、それは地形や地質、気象といった自然条件と、国土の約6割が山地で、山の斜面や谷の出口にも住宅がつくられているという事情によるものです。そのため、いつ所有している不動産が土砂災害警戒区域の物件になってしまうのか、誰に...

田舎に不動産を所有している場合、下水道が完備されていない物件があります。ということは、トイレが汲み取り式になっているということです。現代の若者の中には、汲み取り式トイレを見たことがないひとも多いですから、いざ売却しようと考えたときに、大きな弊害になるケースが少なくありません。そこで今回は、汲み取り式物件は売れるのかは売却できるのか、そのために何をすべきか、売却する方法について、お話ししたいと思いま...