物件の査定金額と売却金額は必ずしも一致しないということに注意しましょう

 

不動産の査定額については同じ物件であっても、査定を行う不動産業者によりそれぞれ異なった金額が提示されることになります。例えばA社では2000万円、B社では2200万円、C社では2500万円などのように、別々の査定額が提示されることが多いのです。

 

ただしこの場合の査定額はあくまでも見積もりの金額であり、実際の売却額と一致するとは限りません。相場や過去の取引履歴などに基づいた売却見込み額ということになりますので、実際には査定額よりも若干低めの金額で売買が成立することが一般的となります。今回は物件の査定額と売却額の関係などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。高値での売却を成功させるための参考にしてみてください。

 

税金や法律などに詳しい不動産業者に依頼をしましょう

住宅ローンの支払いが残っている物件を売却する場合には、抵当権など権利関係の問題が生じることになりますので、税金法律などについて詳しい知識を有する不動産業者に依頼するようにしてください。過去における販売実績や経験などが豊富な不動産業者の場合には、税金や法律などにも詳しいことが多いようです。

 

ただし高額での売却を何の根拠もなくアピールする業者については、くれぐれも注意が必要になります。そのような業者の場合にはすぐに値引きを提案してきたり、また販売戦略が曖昧だったりするようです。売却を依頼するのであれば、しっかりとした販売戦略を提案することができる不動産業者を選ぶようにしましょう。

 

値引きを安易に提案する不動産業者には注意が必要です

不動産業界には「売れない不動産はない」という格言があります。この格言は不動産の買い手がなかなか見つからないのは価格が高すぎることが原因であり、価格を下げれば必ず買い手は見つかるということを意味しています。

 

実際にある程度の値引きをすれば不動産はほぼ間違いなく売れるのですが、だからといって安易に値引きを提案する不動産業者には注意が必要になります。そのような不動産業者は「できるだけ早く売ってしまいたい」と考えていますので、自社の利益優先で値引きを提案するのです。

 

売主の立場で販売活動に取り組んでくれる不動産業者を探してみましょう

不動産の売却を依頼するのであれば、売主の立場で販売活動に取り組んでくれる不動産業者に依頼をするようにしましょう。売主の希望をしっかりと聞いて、売主の希望する価格で売却するための戦略を提案してくれる不動産業者に依頼をすることが、物件を高値で売却するためには重要なのです。

 

売主の立場で販売活動に取り組んでくれる不動産業者を探すためには、不動産一括査定サイトを活用してみてください。複数の不動産業者に一度に査定を依頼することができますので、査定額担当者の対応などを詳細に比較・検討することができるのです。

 

不動産一括査定サイトなどを活用して信頼できる不動産業者を探してみましょう

今回は物件の査定額と売却額の関係などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 物件の査定額と実際の売却額が一致するとは限りません
  • 実際には売却希望価格よりも低い金額で売買が成立することが多いようです
  • 安易に値引きを提案する不動産業者にはくれぐれも注意が必要です

 

不動産を売却する際には不動産業者による査定額よりも、実際にいくらで売買契約が成立するのかが重要になります。査定を依頼して不動産の価値が2500万円と判定されたとしても、それはあくまでも過去の実績などに基づいた売却見込み金額であり、実際の売却価額は買主の意思などに左右されるのです。不動産を高額で売却するためには、売主の立場で販売活動に取り組んでくれる不動産業者に依頼をすることが重要になります。不動産一括査定サイトなどを活用して、信頼できる不動産業者を探してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら