不動産の売却の際には「専任媒介契約」を結ぶのがおすすめです

 

不動産の売却を希望する場合には、不動産業者との間で媒介契約を結ぶことになります。媒介契約といっても実際には様々であり、具体的には専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約などの種類があるのです。今回は売却先探しの前に確認しておきたい売却開始の確認事項について、さらに詳しく解説したいと思います。不動産を高値で売却するための参考として活用してみてください。

 

高値での売却を希望するのであれば専任媒介契約をおすすめします

不動産の媒介契約には専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約などの種類があるのですが、これらの中でも特に「専任媒介契約」が最も高値での売却が期待できる形式になります。また様々な不動産業者に同時に依頼をしたいのであれば「一般媒介契約」を選択することになりますが、不動産業者はできれば自社での販売に専念したいと考えていますので、契約を他社に取られてしまう可能性がある一般媒介契約についてはあまり歓迎しないことが多いようです。専任媒介契約の場合には契約をした不動産業者が単独で販売を行うことになりますので、それだけ販売に熱心に取り組んでくれる可能性が高くなります。

 

自社で販売を独占しようとする悪徳業者には注意が必要です

実際に不動産を販売するための手順としては、販売用の図面を作成する→物件をレインズに登録する→宣伝広告のための活動を行う→内覧や見学会などを行う→売主に報告を行うという流れになります。手順についてはどの不動産業者に依頼をした場合でも基本的には同じになるのですが、一部には物件情報をレインズに登録せずに自社で独占しようとする悪徳業者なども存在するようです。

 

悪徳不動産では売主と買主の両方から仲介手数料を獲得するために、全ての取引を自社だけで行いたいと考えています。不動産の売却を依頼する際には、まずは信頼できる不動産業者なのかどうかをじっくりと見極めることが必要なのです。

 

不動産一括査定サイトを活用して丁寧な担当者や不動産業者を探してみましょう

インターネットの不動産一括査定サイトを活用すれば、不動産業者を手軽に比較・検討することができます。不動産一括サイトでは複数の不動産業者に一度に査定を依頼することができますので、僅かな手間で複数の不動産業者からの見積もりを集めることができるのです。

 

また担当者の対応などについても確認することができますので、信頼できる担当者を選ぶためにも役立ちます。実際に担当者と話をしてみて対応が雑だったり、また質問に回答してくれない場合などには別の業者に依頼することを検討したほうが良いかもしれません。初期対応からその業者の特徴を判断することができますので、対応が誠実で丁寧な不動産業者を選ぶことを心がけてください。

 

良い不動産業者や担当者を探すことが不動産を高値で売却するための重要なポイントになります

今回は売却先探しの前に確認しておきたい売却開始の確認事項について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容についてまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 媒介契約には専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約などの種類があります
  • 不動産を高値で売却したいのであれば専属媒介契約がおすすめです
  • 販売を自社だけで独占しようとする悪徳不動産業者には注意が必要です

 

不動産の売買は、売主の希望と買主の希望が合致した時点で成立することになりますが、実際の売却価額については仲介を行う不動産業者の実力が大きく影響することになります。不動産を高値で売却したいのであれば、まずは良い不動産業者を選ぶことから始めてみてください。売主の立場に立って、売主が希望する価格で不動産を販売するための様々な販売戦力を提案してくれるのが良い不動産業者です。安易に値引きなどを提案する不動産業者などにはくれぐれも注意をしましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら