専任媒介契約を結んだ場合には2週間に1度の報告義務があります

 

不動産業者が不動産の専任媒介契約を結んだ場合には、売主に対して報告を行うことが法律により義務付けられています。報告の頻度については2週間に1度と定められているのですが、具体的な内容については明確な規定はありませんので、各不動産業者が自由な内容で行っているようです。

 

売主の立場としてはできる限り詳細な報告を期待したいのですが、多くの不動産業者では簡単な内容で済ませています。今回は専任媒介契約を安心して任せることができる、信頼性の高い不動産業者を選ぶための方法をご紹介したいと思います。不動産を高値で売却するための、参考として活用してみてください。

 

安易な値下げを提案する不動産業者には注意が必要です

報告の内容が曖昧で、さらに安易な値下げを提案する不動産業者については、くれぐれも注意が必要になります。専任媒介契約には不動産業者のやる気を高めることができるというメリットがあるのですが、一部には契約をしてしまえば後は値下げをしてさっさと売ってしまえばよいと考える悪徳業者なども存在するようです。

 

信頼できる業者を選ぶためには、不動産一括査定サイトが役立ちます。複数の不動産業者に同時に査定を依頼することができますので、査定額や担当者の対応などを参考にしながら不動産業者を比較・検討してみてください。

 

疑問や悩みにしっかりと回答してくれる不動産業者を選択しましょう

不動産売買の基本的な流れについては、いずれの不動産業者に依頼する場合にも同様になります。ただし実際のサービスの質や内容については、不動産業者により大きく異なるようです。不動産の売却を希望する顧客は様々な悩みを抱えています。

 

「住宅ローンの支払いが残っている物件は競売と任意売却のどちらを選ぶのが有利だろうか?」「住宅の買い換えのためにはどの程度自己資金を準備すればよいのだろうか?」などの疑問に対して、的確に回答してくれる不動産業者を選ぶようにしましょう。

 

信頼できる不動産業者を選ぶことが重要になります

多くの人の場合には、不動産の売買をする機会は一生の間に数回程度でしょう。未経験の人がほとんどですから、実際の売買の際には様々な不安や疑問などを感じることになります。顧客の悩みにしっかりと回答してくれるのが、優良な不動産業者です。

 

不動産の売買を成功させるためには、まずは信頼できる不動産業者を選択することが重要なポイントになります。現在は大手不動産業者の多くでは税理士ファイナンシャルプランナーなどと顧問契約をしていますので、税金や資金計画などについて気軽に相談することができます。ライフプランや資産の状況などに応じた適切なアドバイスを受けることができるのです。

 

良い不動産業者を選択することが不動産の売買を成功させるためのポイントです

今回は信頼性の高い不動産業者を選ぶための方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 安易な値下げを提案する不動産業者には注意が必要です
  • 疑問や悩みにしっかりと回答してくれる不動産業者を選択しましょう
  • 信頼できる不動産業者を選ぶことを心がけてください

 

不動産を直接売買することは個人には難しくなりますので、不動産の売却を希望するのであれば不動産業者に仲介を依頼することが必要になります。不動産業者を選択する際には、売主の立場に立って売主の疑問や悩みにしっかりと回答してくれる不動産業者を選ぶようにしてください。

 

一部には安易な値引きを提案する不動産業者などが存在するのですが、そのような業者の多くでは「早く取引を成立させてしまいたい」などと考えていますので、くれぐれも注意が必要になります。不動産業者を実際に比較・検討するためには、不動産一括査定サイトの活用をおすすめします。信頼できる不動産業者を選ぶことが、売買を成功させるための重要なポイントなのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら