仲介手数料が無料や割引の業者には気をつけましょう

 

不動産業者を選択する際には、手数料の割引や無料などをアピールする業者にはくれぐれも注意をしてください。実力のある優良な不動産業者では、手数料の割引などを行うことはありません。手数料の割引は一見するとお得に感じられるのですが、その分だけ不動産を安値で売却することになればトータルでは損をしてしまうことになります。

 

仲介手数料については、「売却価格の3%+6万円+消費税」などのように設定されていることが一般的です。不動産業者にとっては高値で売却することができればそれだけ自社の利益が増えることになりますので、良心的な不動産業者では高値での売却成立を目指して販売活動を行うのです。今回は仲介手数料の割引の損得について考えてみたいと思います。

 

実際の不動産の取引価格は不動産業者の実力により大きく変動します

不動産業者の実力により、実際の不動産の取引価格は大きく変動することになります。不動産の場合には取引金額が大きくなりますので、これを取り扱う不動産業者によっては300万円〜500万円程度の違いが生じることがあるのです。

 

相場価格3000万円の物件を3000万円で売却できる不動産業者に依頼したのであれば、仲介手数料として100万円を支払っても利益は2900万円になります。しかし相場価格3000万円の物件を2500万円でしか売却できない不動産業者に依頼したのであれば、仲介手数料が無料になったとしても利益は2500万円に減ってしまうのです。

 

損得についてはトータルで判断することが必要です

不動産業者は販売のプロですから、顧客となる売主が割引や無料などの言葉に弱いことを知っているのです。例えば通信販売などを利用する場合に送料無料であれば、それだけお得に感じるのではないでしょうか。しかし実際には送料の分はあらかじめ商品の価格に含まれているため、実際にはそれほどお得というわけではないのです。

 

これは不動産取引の場合でも同じことになります。仲介手数料が割引や無料になれば一見するとお得であるかのように感じられるのですが、実際の損得はトータルで判断することが必要になるのです。

 

不動産業者を探すためには一括査定サイトが役立ちます

実際の不動産の売却の際には、不動産をできるだけ高値で販売することができる不動産業者に販売を依頼することが、トータルで判断するとお得になることが多いようです。不動産を高値で販売することができる不動産業者を探すためには、不動産一括査定サイトを積極的に活用してみてください。不動産一括査定サイトを活用すれば一回の手続きで複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、高値で不動産を販売できる不動産業者を探すために大いに役立ちます。さらに担当者の対応などをチェックすることで、誠実で信頼できる不動産業者を見つけるためにも役立つのです。

 

売り手のことを第一に考える担当者を選ぶようにしましょう

今回は仲介手数料の割引の損得について考えてみました。主な内容をまとめると以下のとおりです。

 

  • 不動産業者の実力により不動産の売却価格は大きく変動します
  • 実際の損得についてはトータルで判断することが必要になります
  • 不動産を高値で販売できる不動産業者を探すために一括査定サイトを活用してみましょう

 

不動産の一括査定サイトを活用する際には、担当者が売り手のことを第一に考えているかどうかをしっかりとチェックしてみてください。早く契約を成立させてしまいたいと考えて、自社の利益を優先して安売りを提案する担当者などもいるようですから、担当者選びについてはくれぐれも注意が必要になります。実際の不動産の売却の際には、担当者によっても売却価格に大きな違いが生じることになります。知識態度などを基準にして、より良い担当者を選ぶようにしましょう

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら