高く売りたいなら!不動産屋選びからもう始まっています!

不動産をできるだけ高値で売却するためには、売買を仲介する不動産業者担当者の役割が重要になります。不動産の売却価格は売り手と買い手の合意により決まるのですが、実際には売り手と買い手の利害を調整する不動産業者や担当者の実力が大きく影響することになるのです。不動産業者の担当者を選ぶ際には、話しやすく質問などがしやすい人を選ぶようにしましょう。人間同士のお付き合いということになりますので、相性ができるだけ良さそうな人を選ぶことをおすすめします。

 

高値で不動産を売却するには不動産業者と担当者選びが重要

不動産の売却を成功させるためには、不動産業者の担当者とのコミュニケーションが欠かせないといえるでしょう。実際の交渉は不動産業者の担当者が行うことになりますので、売り手としての希望があれば事前に伝えておくようにしてください。

 

不動産の売買交渉では買い手から値引きを要求されることが多くなりますので、どこまでの値引きに応じるのかを確認しておくことが必要になります。また値引きに応じるタイミングについても確認しておくようにしてください。「どのようなタイミングで」「いくらまでの値引きに応じるのか」を、しっかりと確認しておくようにしましょう。

 

不動産業者選びで迷ったら大手の不動産業者に依頼しよう

不動産業者選びで迷った場合には、できるだけ大手の不動産業者に売却を依頼することをおすすめしたいと思います。中小の不動産業者は地域に密着した営業などを得意としているのですが、不動産の売却を依頼するのであればやはり大手不動産業者が有利だといえるでしょう。

 

数多くの顧客を抱えていいることや、情報発信能力が高いことなどが、大手不動産業者のメリットになります。売却を希望する不動産を様々な買い手に対してアピールすることができますので、売り手の希望に合致する買い手が見つかりやすくなるのです。

 

不動産業者はどうやって利益を得ているのか?

不動産業者に対しては、「がっちり儲けている」という印象を持っている人が多いかもしれません。一部の不動産業者では建売住宅や分譲マンションなど直接販売を行っているのですが、不動産の建設販売は原価率が高く利益率が低いため、売れ残りのリスクなどを考えるとあまり儲かるとはいえないようです。

 

現在不動産業者の多くでは、売り手や買い手などが支払う仲介手数料により利益を得ています。不動産の場合には販売価格そのものが大きいため、物件の売買契約が成立すれば不動産業者は仲介手数料により十分な利益を得ることができるのです。

 

今回は「不動産の取引き価格を決めるのは売り手」「明確な不動産価格は売主と買主で決める」「需要と供給によって不動産価格は変動」「高値で売却したいなら良い不動産業者選びが大事」などの項目についてご紹介しますので、最適な不動産業者や担当者を選ぶための参考として活用してみてください。

 

ここで失敗すると痛い!不動産屋と担当者の選び方のカテゴリー内容
  • 高値売却のための不動産屋と担当者の選び方
  • 不動産の売却価額は売主と買主の合意により決定されるのですが、不動産をできるだけ高値で売却するためには経験豊富な不動産業者に売買の仲介を依頼することが重要になります。買主との実際の交渉は不動産業者が行いますので、交渉力に優れた担当者に依頼をすることが有利になるのです。

     

    担当者については、できるだけ話がしやすい人を選ぶようにしてください。不動産売買の交渉は人と人とのお付き合いになりますので、コミュニケーション能力が高くしっかりとした不動産知識を持った担当者を選ぶことで、納得のいく取引を成立させることができるはずです。

     

    >>高値売却のための不動産屋と担当者の選び方の詳細はこちら

     

  • 売却についての担当者との確認ポイント
  • 不動産をできるだけ高値で売却するためには、不動産業者の担当者とのコミュニケーションが重要になります。買主との実際の交渉を行うのは担当者であり、担当者は売主の代理人ということになりますので、しっかりとした意思の疎通を図るようにしてください。

     

    特に重要なのは、値下げの金額とタイミングです。値下げをすれば物件の買主は必ず見つかるのですが、高値で売却するためには希望する価格を提示して買主が見つかるのを待つことが必要になります。希望する売却希望価格と、いくらまでならば値下げに応じるのかを、担当者と話し合いをして事前に確認しておくようにしましょう。

     

    >>売却についての担当者との確認ポイントの詳細はこちら

     

  • 不動産売却を大手業者に依頼する理由
  • 不動産の売却を希望する場合には、まずは不動産業者に売買の仲介を依頼することになります。現在は様々な不動産業者が営業を行っているのですが、不動産を早く売却したいという人や、不動産を高値で売却したいという人などは、売買の仲介を大手不動産業者に依頼することを検討してみてください。

     

    情報発信力が高く多くの顧客を抱えている大手不動産業者に依頼をすれば、売主の希望に合致した買主が見つかりやすくなります。さらに販売実績が豊富な知名度の高い大手不動産業者であれば高い信頼性が期待できますので、不動産の売却を安心して任せることができるのです。

     

    >>不動産売却を大手業者に依頼する理由の詳細はこちら

     

  • 不動産業者の利益の仕組み
  • 価格の高い建売住宅や分譲マンションなどの販売を行う不動産業者については「儲かっている」というイメージを持つ人が多いようです。不動産は原価が高く利益率が低いことが特徴なのですが、一件あたりの販売単価が高いため不動産業者は大きな利益を得ることができます。

     

    また一方では不動産売買の仲介により、利益を得ている不動産業者などもあります。仲介手数料については「売買代金の3%+6万円」基準となっていますので、大きな金額の不動産売買の契約を成立させれば、仲介手数料だけでも十分な利益を得ることができるのです。

     

    >>不動産業者の利益の仕組みの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産をできるだけ高値で売却したいのであれば、不動産業者や担当者を慎重に選ぶことが重要になります。不動産の売却希望額を決めるのは売主ですが、実際の交渉を行うのは不動産業者の担当者なのです。担当者の経験や営業力などにより、実際の不動産の売却価額は大きく変動します。今回は不動産業者や担当者を選ぶためのポイントについてご紹介しますので、不動産の売却を依頼する際の参考として活用してみてください。担当者はど...

不動産業者の担当者とのコミュニケーションは、不動産をできるだけ高値で売却するための重要なポイントになります。不動産の売却の交渉を実際に行うのは不動産業者の担当者ですから、担当者とはしっかりと話し合いをして意思の疎通を図ることを心がけてください。今回は不動産を高値で売却するために担当者に確認をしておきたいポイントについて、さらに詳しくご紹介したいと思います。まずは値下げについて確認しておくようにしま...

不動産の売却を希望する場合には、不動産業者に売買の仲介を依頼することが必要になります。この時にはできるだけ大手の不動産業者に、売却の仲介を依頼したいと考える人が多いようです。それでは大手不動産業者に売買の仲介を依頼することには、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は大手不動産業者のメリットについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。情報発信能力が高いことが大手不動産業者の特徴で...

戸建て住宅やマンションなどの売買を取り扱う不動産業者については、「儲かっている」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。実際に不動産業者が儲かっているのかどうかについては、不動産業者ごとにそれぞれとなっているようです。およそ半分程度の不動産業者は十分に儲かっているといえるのではないでしょうか。不動産は販売金額が大きいため利益率が低くても十分な利益を得ることができます商材としての不動...