不動産売却のために担当者に確認しておきたいポイントについて

 

不動産業者の担当者とのコミュニケーションは、不動産をできるだけ高値で売却するための重要なポイントになります。不動産の売却の交渉を実際に行うのは不動産業者の担当者ですから、担当者とはしっかりと話し合いをして意思の疎通を図ることを心がけてください。

 

今回は不動産を高値で売却するために担当者に確認をしておきたいポイントについて、さらに詳しくご紹介したいと思います。

 

まずは値下げについて確認しておくようにしましょう

まずは値下げについて担当者にしっかりと確認をしておくことが必要です。物件を売出す場合には希望売却価格を設定して、購入を希望する買主を募集することになります。最初に提示した希望売却価格で購入を希望する買主が見つかればよいのですが、なかなか買主が見つからないという場合には希望売却価格の値下げを検討することが必要になるのです。不動産業界には「売れない不動産はない」という格言があります。相場よりも割安な価格を設定すれば、ほとんどの場合には買主を見つけることができるのです。

 

値下げについては慎重に判断することが必要になります

ただし安易に値下げを検討することはおすすめできません。例えば2000万円で売出していた物件を1900万円に値下げする場合などには、「100万円ぐらいなら値引きをしてもいいかな」などと考えがちになります。

 

しかし実際に貯金をして100万を貯めようとすると、ほとんどの人はかなり苦労をするはずです。不動産の場合には売買金額が大きくなるため判断が難しくなるのですが、値下げについてはくれぐれも慎重に検討することをおすすめしたいと思います。

 

売却のターゲットとなる購入者層についても確認しましょう

不動産を売却する際にはどのような購入者層をターゲットにするのかを、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。全ての客層を対象として広告活動を行うのも一つの方法なのですが、実際にはある程度購入者層を絞った方が効果的なのです。

 

購入の意思のない相手に対して広告活動を行っても、効果を期待することはできません。売却を希望する物件に興味を持ってくれそうな購入者層を確認して、これにあわせた広告活動を行うことを検討してみてください。

 

広告活動に積極的に取り組んでいる不動産業者を選ぶようにしましょう

広告活動に力を入れている不動産業者とそうでない不動産業者とでは、成約までのスピードにかなりの違いが生じることになります。広告活動に力を入れている不動産業者には多くの買主からの問い合わせが集まりますので、それだけ早期の売却を実現することができるのです。不動産を高値で売却するためには売出しの直後が大きなチャンスになります。広告活動に積極的に取り組んでいる不動産業者を選ぶようにすれば、物件を高く売るためのチャンスを活かすことができるはずです。

 

実際の売却額は売主と買主の合意により決定されることになります

今回は不動産を高値で売却するために担当者に確認をしておきたいポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下のとおりとなります。

 

  • 値下げのタイミングについて事前に担当者に確認しておくようにしましょう
  • ターゲットとなる購入者層について事前に担当者に確認しておくようにしましょう
  • 広告活動に積極的に取り組んでいる不動産業者を選ぶようにしましょう

 

不動産の売却の際に意思決定を行うのは売主ですが、実際の販売活動を行うのは不動産会社の担当者になります。担当者とはしっかりと意思の疎通を図るようにしましょう。あなたの希望に応えてくれる担当者を見つけることができれば、不動産を高値で売却できる可能性が高くなるはずです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら