大手の不動産業者は特に早期の売却を希望する方に適しています

 

不動産の売却を希望する場合には、不動産業者に売買の仲介を依頼することが必要になります。この時にはできるだけ大手の不動産業者に、売却の仲介を依頼したいと考える人が多いようです。それでは大手不動産業者に売買の仲介を依頼することには、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は大手不動産業者のメリットについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

情報発信能力が高いことが大手不動産業者の特徴です

大手不動産業者には様々なメリットがあります。具体的には情報発信能力が高いこと多くの顧客を抱えていることなどがあげられます。売主の希望に合致した買主が見つかりやすくなりますので、売買をできるだけ早く成立させたいという人にとってはメリットが大きいはずです。

 

ただし仲介手数料については定額制を採用していることが多いため、手数料の値引きなどを期待することは難しくなります。大手不動産業者では税理士やファイナンシャルプランナーなどを顧問として採用していることが多く、仲介手数料にはこれらの費用が含まれているのです。

 

地元の物件に特化していることが中小不動産業者の特徴になります

一方で中小の地域密着型の不動産業者には、地元の物件に特化した高い情報力などのメリットがあります。さらに仲介手数料などについても比較的柔軟な対応が期待できますので、手数料の割引などにも応じてもらえるかもしれません。

 

ただし販売のための宣伝や広告などについては、やはり大手不動産業者が優れているようです。中小の地域密着型の不動産業者に売却の仲介を依頼した場合には、情報発信能力などに不満を感じることが多くなるかもしれません。

 

不動産業者を選ぶためには一括査定サイトが役立ちます

不動産の売却を検討しているという人には、不動産一括査定サイトの活用をおすすめしたいと思います。不動産一括査定サイトを活用すれば複数の不動産業者に査定を依頼することができますし、さらに様々な不動産業者を比較検討するためにも役立ちます。物件の査定金額や担当者の対応などを参考にして、あなたに最適な不動産業者を選んでみてください。

 

知名度が高く豊富な販売実績のある大手不動産業者をおすすめします

今回は大手不動産業者のメリットについてさらに詳しく確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容についてまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 情報発信能力が高いこと多くの顧客を抱えていることなどが大手不動産業者の特徴です
  • 大手不動産業者では手数料の値引きなどを期待することは難しいようです
  • 不動産業者を選ぶ際には一括査定サイトなどを積極的に活用してみてください

 

不動産の売却を依頼する不動産業者が自分の希望に適した業者なのかについては、やはり実際に比較をしてみなければわからないようです。例えば一括査定サイトなどを利用してみると、他社が2000万円程度を提示しているのに1社だけが2300万円を提示する場合などがあります。

 

多くの人が2300万円を提示する不動産業者に売買の仲介を依頼したくなるかもしれませんが、実際には他社が提示する2000万円程度が適正であり、結局は値引きが必要になることなどが多いのです。一括査定サイトを利用する場合には査定額だけでなく、査定の早さ担当者の対応などについてもしっかりと確認するようにしましょう。総合的に比較検討をして、信頼できる不動産業者なのかどうかを慎重に判断してください。

 

また不動産業者選びで迷っているという人には、大手不動産業者に売却の仲介を依頼することをおすすめしたいと思います。知名度が高く豊富な販売実績のある大手不動産業者であれば高い信頼性が期待できますので、安心して不動産の売却を任せることができるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら