価格を決めるのはあくまで『売り手』なんです!

不動産の売買契約は売り手と買い手の合意により成立するのですが、売却希望価格については売り手が自由に決めることができます。売り手は自分が希望する売却希望価格を提示することもできますし、また必要があれば売却希望価格を変更することもできるのです。

 

買い手から値引きの請求を受けた場合にはこれに応じることもできますし、あるいは値引きを断って別の買い手を探すこともできます。ただし実際に取引を成立させるためには、売却希望価格についてはある程度妥協することが必要になるかもしれません。

 

不動産の売却価格は適正な価格をつけよう

不動産の売り手は不動産をできるだけ高く売りたいと考えて、売却希望価格を割高に設定することが多いようです。確かに売却希望価格については売主が自由に設定することができるのですが、取引を実際に成立させるためには購入を希望する買い手を見つけることが必要になりますので、市場における取引価格などに基づいた適正な売却希望価格を設定することを心がけるようにしましょう。また買い手から価格交渉を申し込まれた場合には、値引きなどについても可能な範囲内で検討をしてみてください。

 

不動産価格の変動

不動産の実際の価格は、需要と供給の関係により決定されます。物件の数が少なく購入希望者が多ければ、買い手が殺到して不動産の価格は上昇することになります。逆に物件の数が多くて購入希望者が少なければ、買い手は購入に慎重になり不動産の価格は下落することになります。不動産の契約を成立させるためには需要と供給のバランスを見定めて、適正な売却希望価格を設定することが重要なのです。

 

できるだけ高く売りたいなら不動産業者選びが重要になる

また不動産をできるだけ高値で売却したいという場合には、優れた集客力販売力を持った不動産業者を選ぶことが必要になります。同じような物件の売却であっても、担当する不動産業者の実力により実際の取引成立価格は大きく変動することになるのです。良い不動産業者に売却を依頼するようにすればそれだけで高値での売却が期待できますので、不動産業者はくれぐれも慎重に選択するようにしてください。

 

今回は「不動産の取引き価格を決めるのは売り手」「明確な不動産価格は売主と買主で決める」「需要と供給によって不動産価格は変動」「高値で売却したいなら良い不動産業者選びが大事」などの項目についてご紹介しますので、不動産の適正な売却希望額を決定するための参考として、積極的に活用してみてください。

 

忘れないで!価格を決めるのはあくまで『売り手』ですのカテゴリー内容
  • 不動産の取引き価格を決めるのは売り手
  • 不動産の売却を希望する場合には、まずは不動産の売却希望価格を決定することになります。売却希望価格は売主が自由に設定することができるのですが、実際の取引は売主と買主の希望が合致した時点で成立しますので、売主は買主の気持ちを考えながら売却希望価格を決定してください。

     

    不動産をできるだけ高値で売却したいのであれば、高めの売却希望価格を設定して買い手が見つかるのをじっくりと待つようにしましょう。ただしできるだけ早く不動産を売却したいのであれば、売主は買主からの値引き交渉に応じることが必要になるかもしれません。

     

    >>不動産の取引き価格を決めるのは売り手の詳細はこちら

     

  • 明確な不動産価格は売主と買主で決める
  • 不動産の実際の売却価額は、売主と買主の合意により決定することになります。不動産業界には「売れない不動産はない」という格言があるのですが、これはどのような不動産でも価格を低めに設定すれば、必ず買主が見つかることを意味しているのです。

     

    実際の取引を決定する権利は買主にあるのですが、一方で売却価額を決定する権利は売主にあります。売主はまずは自分が希望する売却希望価額を提示して、買主の反応を見ながら値下げなどを検討してみてください。同じような物件を売却する場合であっても、実際の売却価額は様々な事情によりそれぞれ異なることになります。

     

    >>明確な不動産価格は売主と買主で決めるの詳細はこちら

     

  • 需要と供給によって不動産価格は変動
  • 不動産の売却価額は、需要と供給の関係により決定することになります。不動産を購入したいという買主が多ければ価格は上昇しますので、不動産を高値で売却できる可能性が高くなります。いわゆる売り手市場となり、売主は有利な立場で売却をすすめることができます。

     

    一方で不動産を売却したいという売主が多ければ価格は低下することになりますので、売主は買主を見つけることが難しくなります。買主は様々な物件をじっくりと比較・検討して選ぶことができますので、売主は値下げなどを検討することが必要になるかもしれません。

     

    >>需要と供給によって不動産価格は変動の詳細はこちら

     

  • 高値で売却したいなら良い不動産業者選びが大事
  • 不動産を実際に売却するためには、不動産業者に依頼をして買主を探すことが必要になります。不動産を高値で売却するためには、実力のある優れた不動産業者に依頼をすることが重要なのです。経験が豊富な不動産業者は、物件を高値で売却するための様々なノウハウを持っています。

     

    不動産業者を選ぶ際には、売主の希望をじっくりと親身になって聞いてくれる不動産業者を選ぶようにしましょう。一方で安易な値下げを提案する不動産業者には、くれぐれも注意をしてください。売主の立場で売買を仲介してくれる不動産業者に依頼をすれば、高値での売却が期待できるのです。

     

    >>高値で売却したいなら良い不動産業者選びが大事の詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

様々な事情で不動産の売却を検討している人などがいるかもしれません。不動産の売却を希望する場合には、不動産業者に売却の仲介を依頼することが一般的です。この時には不動産の売却希望価格を決定して、購入を希望する買主を探すことになります。売却希望価格については不動産業者などに相談をしながら決めることになりますが、売却希望価格は不動産の売買の成立を大きく左右する重要なポイントになるのです。今回は不動産の売却...

不動産を売却する際には、まずは売却希望価格を決めることが必要になります。売主はできるだけ高く不動産を売却したいと考えることが一般的なのですが、逆に買主はできるだけ安く不動産を購入したいと考えていますので、査定額や相場価格などを参考にしながら適正な価格を設定することが必要になるのです。ただし実際の不動産の売却価格は、売主と買主のそれぞれの希望が合致した時点で成立することになります。今回は不動産の売却...

不動産の売却価額は原則として売主が自由に決めることができるのですが、売買契約を成立させるためには需要と供給のバランスが一致した価格を設定することが必要になります。売主はできるだけ高い値段で不動産を売却したいと考えることが一般的なのですが、価格設定が高すぎるとなかなか買主を見つけることができなくなってしまいます。一方で価格を安くすればすぐに買主を見つけることができるのですが、売主の儲けは減ってしまう...

不動産の実際の販売価格は売主と買主の希望が合致した時点で決まることになるのですが、できるだけ高値で不動産を売却したいのであれば良い不動産業者を選択することが必要になります。集客力や販売力に優れた不動産業者に売却を依頼すれば、それだけ高値での売却を期待することができるのです。実際に同じような物件であっても、販売を担当する不動産業者により取引成立額は大きく変動します。今回は良い不動産業者を選択するため...