不動産の価格を実際に決めるのは売主と買主です

 

不動産を売却する際には、まずは売却希望価格を決めることが必要になります。売主はできるだけ高く不動産を売却したいと考えることが一般的なのですが、逆に買主はできるだけ安く不動産を購入したいと考えていますので、査定額や相場価格などを参考にしながら適正な価格を設定することが必要になるのです。

 

ただし実際の不動産の売却価格は、売主と買主のそれぞれの希望が合致した時点で成立することになります。今回は不動産の売却価格に影響する様々な条件について、さらに詳しく解説したいと思います。

 

売却希望価格は様々な条件により決定されます

不動産の取引価格は、様々な条件により決定されることになります。例えば売主の希望買主の予算、さらに不動産業者の集客能力などが影響することになるのです。

 

売主がすぐに売ってしまいたいと考えている場合には相場よりも割安な価格が提示されることが多くなりますし、またさらに5000万円で売りに出している不動産に対して「4800万円ならば購入したい」などといった値引きの交渉があれば、これに応じる可能性などが高くなります。

 

価格を引き下げれば早期の売却が可能になります

不動産には「売れない不動産はない」という格言があります。これは不動産が売れないのは価格が高すぎることが原因であり、どのような物件であっても価格を下げれば必ず買い手が見つかるということを意味しているのです。

 

さらに不動産の場合には保有をしているだけで様々な管理コストが発生しますので、買い手が見つからない物件を保有していることは損失につながるのです。同じ値段であれば早く売ってしまった方が儲けは大きくなりますので、不動産業者もできるだけ早期に売買契約を成立させたいと考えています。

 

実際の契約価格については物件ごとに違いが生じることになります

実際の不動産の売買は売主の希望と買主の希望が合致した時点で成立します。物件の査定額や相場価格などはあくまでも売却価格を決定するための目安であり、実際の価格は売主と買主の都合や事情により決まることになるのです。

 

そのため同じような物件であっても実際の契約価格が100万円以上異なるということは日常茶飯事となっていますし、坪単価の高い物件などの場合にはさらに実際の契約価格に1000万円以上の違いが生じる場合などもあります。不動産の契約価格については物件ごとに違いが生じることになるのです。

 

なかなか買主が見つからないという場合には価格の引き下げが必要になるかもしれません

今回は不動産の売却価格に影響する様々な条件について解説しました。主な内容をまとめると以下のとおりとなります。

 

  • 売却希望価格には様々な条件が影響することになります
  • 不動産の売却希望価格を下げれば必ず買い手が見つかります
  • 実際の契約価格については物件ごとに違いが生じることになります

 

不動産には原則として同じものはありませんので、実際の売却価格は不動産ごとに異なります。また実際の売却価格は需要と供給により決まりますので、売却の時期景気の状況なども売買価格には影響することになります。売主と買主の希望が合致しなければ契約は成立しませんので、なかなか買い手が見つからないという場合には売主は値下げを検討することが必要になるかもしれません。

 

逆に買主には契約を決定する権利がありますので、購入を希望する不動産の価格が高すぎると感じた場合などには値引き交渉を申し込んでみましょう。時間がかかってもできるだけ高く売りたいと考えている売主の場合には値引きは難しいかもしれませんが、できるだけ早く不動産を売りたいと考えている売主であれば値引き交渉に応じてもらえる可能性が高くなるはずです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら