不動産の価格とは売主が売りたい希望価格なのです

 

様々な事情で不動産の売却を検討している人などがいるかもしれません。不動産の売却を希望する場合には、不動産業者に売却の仲介を依頼することが一般的です。この時には不動産の売却希望価格を決定して、購入を希望する買主を探すことになります。

 

売却希望価格については不動産業者などに相談をしながら決めることになりますが、売却希望価格は不動産の売買の成立を大きく左右する重要なポイントになるのです。今回は不動産の売却希望価格を決定するためのポイントなどをご紹介しますので、売買を成功させるための参考にしてみてください。

 

売却希望価格はどのように決めればよいのでしょうか?

不動産を売却したいという場合には、基本的には売主が売却希望価格を決めることになります。不動産の売却価格を決めるためには行政が設定する公示価格や基準価格や路線価などが基準となるのですが、これはあくまでも価格を決定するための参考目安ということになりますので、実際の売却価格は売主の希望に応じて設定されるのです。

 

できるだけ高い価格で不動産を売却したいと考えるのは、売主の立場としては同然だといえるでしょう。一方で買主の側はできるだけ安い価格で不動産を購入したいと考えています。売主の希望と買主の希望が一致した場合に、不動産の売買は成立することになります。

 

売買が成立するためには売主の希望と買主の希望が一致することが必要です

不動産の売買は売主の希望と買主の希望が一致しなければ成立しません。売主の希望価格が高すぎると感じるのであれば、買主は値引き交渉を申し入れてみましょう。当初1億円で売りに出されていた不動産が、その後5000万円や3000万円で売買が成立する場合などもあります。

 

売主が「時間がかかってもできるだけ高く売りたい」と考えているのであれば値引きは難しいかもしれませんが、「お金が必要だから少しでも早く売りたい」と考えている売主であれば、値引きに応じる可能性は十分に期待できるはずです。買主には取引そのものを決定する権利がありますので、遠慮をせずに積極的に交渉してみましょう。

 

買主が見つからない場合には値引きを検討することが必要かもしれません

不動産の価格を適正に決めることは、専門家である不動産業者であっても難しいことなのです。実際に買い手が捻出できるだろうと思われる費用が価格の上限となりますし、さらに不動産業者の交渉能力も価格設定に大きく影響することになります。また適正な価格を設定することができたとしても、買主がその価格を高すぎると判断すれば売買は成立しないのです。売主には不動産の価格を決定する権利がありますが、買主には取引の成立を決定する権利があるのです。

 

不動産の取引は買主が存在して初めて成立することになりますので、買主に高いと判断されたのであればある程度の値下げを検討することが必要になります。例えばですが5000万円で問い合わせがなかった不動産が、4900万円に値下げをしたとたんに問い合わせが増えたというケースなどもあるのです。売主は当初の希望価格にこだわらず、買主の反応を見ながら臨機応変に価格の変更などを検討してみてください。

 

売却価格については妥協が必要になる場合などもあります

今回は不動産の売却希望価格を決定するためのポイントなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 不動産の売却価格はあくまでも売主の希望により決まることになります
  • 実際の取引の成立を決定する権利は買主の側にあります
  • 買主がなかなか見つからない場合には価格の変更を検討してみましょう

 

不動産の売買は、売主の希望と買主の希望が合致した時点で成立することになります。時間がかかってもできるだけ高く売りたいのであれば、自分が希望する売却価格を設定してみてください。ただしできるだけ早く売りたいという場合や、なかなか買主が見つからないという場合などには、売却価格についてはある程度の妥協が必要になるかもしれません。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら