不動産を高値で売却するためには良い不動産業者を選ぶことが重要です

 

不動産の実際の販売価格は売主と買主の希望が合致した時点で決まることになるのですが、できるだけ高値で不動産を売却したいのであれば良い不動産業者を選択することが必要になります。集客力販売力に優れた不動産業者に売却を依頼すれば、それだけ高値での売却を期待することができるのです。

 

実際に同じような物件であっても、販売を担当する不動産業者により取引成立額は大きく変動します。今回は良い不動産業者を選択するための方法について解説しますので、実際に不動産の売却を依頼する際の参考として活用してみてください。

 

不動産業者の実力により取引成立額は大きく変動します

不動産を売却したい場合には不動産業者に依頼をすることが必要になります。不動産の売却のプロフェッショナルであるのが不動産業者ですから、売主の希望に応じて高値で売買契約を成立させてほしいと考える人が多いようです。

 

ただし実際には不動産業者の実力は様々ですので、住宅をできるだけ高値で売却したいのであれば優秀な不動産業者に依頼をすることが重要です。同じ物件を売却する場合であっても、担当する不動産業者により実際の売却額は大きく変動します。特に高額な物件の場合には取引成立額が500万円〜1000万円以上異なるという場合などもあるようです。

 

不動産一括査定サイトなどを積極的に活用してみましょう

不動産の一括査定サイトなどを活用すれば、良い不動産業者を選ぶために大いに役立つはずです。不動産の一括査定サイトでは様々な不動産業者を実際に比較することができますので、売り手にとって有利になる不動産業者を選ぶようにしましょう。

 

売り手の側には様々な事情などがありますので、「すぐにお金が必要なのでできるだけ早く売却したい」「時間がかかってもかまわないので高値で売却したい」「住宅を売却したお金を住宅ローンの残額の返済のために活用したい」などといった希望に応じて、適切な売買計画を提案してくれる不動産業者を探してみてください。

 

安易に値下げを提案する不動産業者には注意が必要です

不動産には「売れない不動産はない」という格言があります。これは不動産が売れないのは価格が高いからであり、値段を下げれば必ず買い手が見つかるということを意味しているのです。ただしだからといって値下げを安易に提案する不動産業者については、くれぐれも注意が必要になります。

 

まずは売主の希望を確認して、売主の希望を実現するためにできる限りの努力をしてくれるのが良い不動産業者なのです。ただしあらかじめ割高な価格を設定して、要望に応じて値引きを行うことで買主に「安い」と感じさせる方法などもありますので、具体的な販売戦略については不動産業者にじっくりと相談をしてみてください。

 

売主の希望を実現してくれる不動産業者を選ぶようにしましょう

今回は良い不動産業者を選択するための方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下のとおりです。

 

  • 不動産を高値で売却したいのであれば良い不動産業者を選ぶことが重要になります
  • 不動産業者を探すためには不動産一括査定サイトなどを活用してみてください
  • 不動産業者が安易に値下げを提案する場合には注意が必要です

 

個人が不動産を直接売買することは難しくなりますので、不動産の売却を希望するのであれば不動産業者に売買の仲介を依頼することが必要になります。現在は様々な不動産業者を利用することができるのですが、まずは売主の話をじっくりと聞いてくれて、さらに売主の希望を実現するための価格設定や販売戦略などを提案してくれるのが良い不動産業者だといえるでしょう。

 

安易な値引きを提案する不動産業者については「早く取引を成立させてしまいたい」などと考えていることが多いようですから、別の不動産業者に依頼することについても検討をしてみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら