離婚することになった場合の不動産売却準備

結婚をきっかけとして新しい住宅を購入する人が多いのですが、一部には残念ながらその後離婚をして、購入した住宅を手放してしまうという人などもいるようです。以前とは異なり現在では、離婚はそれほど特別なことではなくなっています。離婚率はここ30年間で従来の3倍に増加しているのです。若年世代の場合には結婚後数年で離婚をするというケースが多くなっていますし、さらに熟年世代の離婚なども増えているようです。

 

離婚により住宅が不要になり売却を希望する場合もありますし、また住宅ローンの返済が困難になり売却を希望する場合などもあるようです。ただし住宅ローンの残額が残っている住宅を売却するためには抵当権の解除が必要になりますので、まずは住宅ローンの残額を完済してしまうことを心がけるようにしましょう。

 

またローンの残額を完済することが難しいという場合には、任意売却の手続きについても検討をしてみてください。任意売却を活用すれば、ローンの残額が残っている住宅を競売などよりも有利な条件で売却することができます。

 

離婚によって慰謝料の支払いが必要になったら住宅を売却することも視野にいれよう

さらに慰謝料や財産分与などの問題が、離婚により発生することになります。離婚により慰謝料の支払いが必要になり、さらに住宅ローンの支払いが必要になった場合などには、支払いの負担が大きくなり支払いが困難になってしまうかもしれません。

 

そのような場合にはまずは住宅を売却して住宅ローンの残額を返済してしまうようにすれば、慰謝料などの支払いを無理なく行うことができるでしょう。せっかく購入した住宅を売却してしまうのはもったいないのですが、住宅ローンの支払いが原因で生活が圧迫されてしまうと意味がなくなってしまいますので、売却という選択肢についても積極的に検討してみてください。

 

住宅ローンの返済が難しくなった場合には?

住宅ローンの返済が難しいという場合には、カードローンやキャッシングなどで返済のための資金を調達することもできます。ただしこの方法については、正直あまりおすすめはできません。現在の消費者金融では総量規制により、借り入れができる最大の限度額は年収の3分の1までに制限されています。

 

さらに申込者の年収などによってはそれ以下の限度額が設定される場合などもありますので、特に初めてカードローンに申し込む人の場合には少額の借り入れしか認められないことが多くなります。住宅ローンの借入金額は高額ですから、カードローンやキャッシングを利用しても一時しのぎにしかならないのです。

 

今回は「離婚で不動産を売却する時は、ローンの残額をしっかり考える」「離婚して住宅ローンの返済が苦しいなら家の売却も検討」などの項目についてご紹介しますので、離婚することになった場合の不動産売却準備のための参考として活用してみてください。

 

離婚で不動産を売却する事になったらのカテゴリー内容
  • 離婚で不動産を売却する時は、ローンの残額をしっかり考える
  • 現在は以前とは異なり、離婚はそれほど特別なことではなくなっています。若い人の場合には結婚から数年で離婚をすることが多く、また高齢者のいわゆる熟年離婚についても増加傾向にあるようです。現在の離婚率は30年前の3倍であり、離婚をきっかけに不動産の売却を検討する人なども増えています。

     

    ただしローンで購入した住宅には金融機関により抵当権が設定されていますので、離婚により不要になったからといって簡単に売却することはできません。住宅を売却してもローンの残額を返済することが難しい場合などには、任意売却などの方法を検討してみましょう。

     

    >>離婚で不動産を売却する時は、ローンの残額をしっかり考えるの詳細はこちら

     

  • 離婚して住宅ローンの返済が苦しいなら家の売却も検討
  • 離婚をするとその後は、慰謝料や財産分与などの様々な経済的な問題が発生することになります。実際に離婚を体験した人の中には、お金で苦労をしたという人が多いのではないでしょうか。さらに住宅ローンの支払いが必要な場合などには、すべての支払いを続けていくことが難しくなってしまうかもしれません。

     

    離婚をしても購入した住宅に住み続けたいという人がいるかもしれませんが、住宅ローンを支払うことができなければ生活そのものが破綻してしまうことになります。まずは住宅を売却してローンの残額を完済して、その後慰謝料を支払っていくことを検討してみてください。

     

    >>離婚して住宅ローンの返済が苦しいなら家の売却も検討の詳細はこちら

 

 

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

結婚を機会に新しい住宅を購入するという人が多いのですが、その中にはその後離婚などにより住宅を手放すことが必要になる人などもいるようです。離婚をしたことにより住宅そのものが不要となって売却を検討するという人などもいますし、また離婚により住宅ローンの返済が困難になり、金銭的な理由により住宅を手放すという人などもいます。ただし住宅ローンの残額が残っている住宅には抵当権が設定されていますので、売却をした代...

離婚をした場合には、財産分与や慰謝料などの問題が発生することになります。実際に離婚をして、その後これらの支払いに追われているという人などもいるでしょう。しかしさらに住宅ローンの返済などが重なってしまうと、すべてを支払うことが困難になってしまうかもしれません。そのような場合にはまずは住宅を売却して住宅ローンの残額を返済し、その後残りの慰謝料などを支払っていくという方法を検討してみてください。せっかく...