登記簿謄本に金融機関ではない法人による担保が発覚したときはどう対処する?

登記簿謄本を見たとき、抵当権の欄に金融機関以外の担保になっているのを発見したときはどうすれば良いのでしょう。まず結論から言えば「そのままの状態では不動産を売却するのは非常に厳しい」です。

 

担保となる不動産は、早い話があなたの物ではない=勝手に売却することは許されません。今回は金融機関ではない法人によって担保が設定されていた場合についてみてみましょう。

 

金融機関以外の法人にはどんなものがある?

実に色々なケースが考えられます。しかし大体がノンバンク系の貸金業者になるのではないでしょうか。また法人ではありませんが、友人や知人から個人的にお金を借りる際に不動産を担保とすることもあるかもしれません。

 

まずは相談・交渉から始めよう

不動産売却の絶対条件は『抵当権が無い状態(担保を外す状態)であること』です。抵当権が残っていても売却自体はできなくはありません。しかし債権者(お金を貸している人)の多くはそれを良しとしません。

 

また大きな問題として

 

  • そもそも買主が見つからないこと
  • 売れても相場より大幅に安くなってしまうこと

 

が問題になります。なので最初に検討するべきは債権者に「担保になっているこの不動産を売却したいんですが…」と相談することでしょう。例えば「売却したお金で全額返済できるんだったら抵当権を抹消しても良いよ」と快諾してもらえるかもしれません。

 

相談・交渉の材料として不動産の価値を見極める必要がある

債権者は当然「抵当権を外すからには全額返済してもらいたい」と考えます。そのためには「この不動産がどれくらいの値段で売れそうなのか」を把握していなくては話になりません。

 

今は不動産一括見積り、一括査定サイトが充実しているので、この点はそこまで難しい問題ではありません。また一括査定を利用すれば複数の不動産業者からそれぞれの査定額・見積り額が受け取れるので、できるだけ高値で売ってくれそうなところを探しやすいのもメリット。

 

抵当権を外せないなら借り換えを検討してみる

もしも債権者が不動産売却を認めてくれなかった場合はどうでしょうか。そうなると残された道は2つ。

 

  • 不動産売却を諦めてコツコツと返済し続ける
  • 借り換えを活用して一括返済し、正式に抵当権を抹消して売却する

 

ただし銀行が提供している住宅ローン借り換えは利用できない可能性が圧倒的に高いです。本来なら担保に入れるはずの不動産を売却するわけですし、何より「住宅ローン→住宅ローン借り換え」のためのサービスなので想定された使い方と少々異なります。

 

となると銀行のフリーローンや消費者金融のカードローンを活用するのが無難に。ただし両者とも借入限度額が最大300万〜500万円程度に設定されているのでこの範囲で借り換えができなければそもそもアウト。

 

またフリーローン、カードローンの金利が今よりも高くなる可能性もあるので、長い目で見ると利息が大きくなってしまうことも懸念されます。

 

もちろん借り換えたあとに不動産売却でできたお金をそのまま返済に充てれば返済は近いと思います。ですが入念な返済計画を立ててから実行するべきです。

 

終わりに

担保の問題は非常に厄介だと改めて思わされる内容でした。もちろん元々は不動産売却は考えていないときに担保としたわけですから、こういった状況に陥ること自体がイレギュラーだと思います。ですが起こってしまった以上は対処していかなくてはなりません。

 

もちろん返済の目処が立たないなら『債務整理』を選ぶことだってできます。その際には個人でどうにかできる範疇を超えてくるので弁護士に頼るのが吉。無料相談を受け付けているところも多いので気軽に相談してみるのもひとつの手です。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

離婚・不動産売却に関するあらゆる法的な解決は弁護士に頼る!悩みごとも相談に乗ってくれる安心感
離婚も不動産も行政書士に相談できる!権利義務に関する法的な書面作成を低価格で請け負ってくれる
離婚問題の力にはなれないが不動産売却に関しては不動産業者の右に出る者無し!
離婚後の生活設計の相談はファイナンシャルプランナーに!不動産売却の相談ももちろんOK
離婚カウンセラーで心の不安をクリアに!本当に離婚するべきなのかハッキリさせたいときも
シングルマザーのための機関は共感しあえるコミュニティ!中にはお金を稼ぐためのノウハウやセミナー、イベントを実施しているところも!
住宅ローンが残っている不動産を売却するときは連帯保証人の有無を必ず確認して!
住宅ローンの連帯債務者ってどんな人?どんな責任を負わないといけないの?
実態を把握しづらい担保提供者って何?どんな責任を負わなくてはならないの?
離婚で住宅ローンのペアローンだと大変!?そもそもペアローンって何?
単独名義は比較的楽?名義人が不動産売却に同意すれば問題なし!
夫婦で共有名義の不動産は売却しづらい?どんな風に進めれば良いの?
第三者名義の不動産を売却することはできる?友人・知人など親族で無い場合はどうなる?
同居している親が名義人の不動産は名義人自身が売却するか相続してから売却するかの2択に
土地が夫名義、建物が妻名義の場合どうすれば不動産売却できる?
土地が夫の父名義、建物が夫と妻名義で勝手に建物だけ売ることはできる?
土地建物共に法人名義の場合、離婚時に不動産売却することはできる?
他の不動産の共同担保に設定されていないか?扱いが特殊なので必ず確認すること!
登記簿謄本に『差押』と記載されていたらピンチ!?不動産が競売にかけられる直前の状態
仮登記がある不動産を売却することはできる?売れるが買主が見つからない可能性が高い
離婚と不動産売却が決まったら財産分与の問題を解決する必要がある!お互いが納得できるように考えるべきポイント
不動産の売却費用はどっちが負担する?話し合いで決めるのが一般的
不動産売却益が出た場合、どちらが受け取る?基本は財産分与に従って半分ずつ
不動産の売却損が出たら補填が必要!離婚したらどっちがお金を借りる?
不動産の売却損がでたときはどちらが補填するべき?
不動産売却を先送りして離婚を優先した場合に考えられる5つのデメリット
離婚しても家を売却しなかった場合のデメリットは?住宅ローンが残っているなら注意が必要
離婚後に家に住み続ける相手方に所有権を移転した場合のデメリットは?不動産価値を手放したも同然?
離婚と同時に家を売却できない場合、どんなデメリットが考えられる?
夫名義の家に妻と子供が住み続ける場合のデメリットは?夫目線、妻目線で考えてみる
離婚すれば任意売却が必然になる!昨今の住宅ローン問題は任意売却という解決方法が主流に
離婚後もそのまま家に住み続けたいなら夫婦間売買を検討してみる
家を売ってそのまま住み続けられる!セール&リースバック
不動産の競売は絶対に避けたい!競売にかけられる前に任意売却を!
離婚して住宅ローンの返済が苦しいなら家の売却も検討
離婚で不動産を売却する時は、ローンの残額をしっかり考える