離婚を機にペアローンの不動産を売却するときに注意したいこと

住宅ローンの種類のひとつに『ペアローン』があります。簡単に言えば1つの物件を購入するために、夫婦それぞれで住宅ローンを組む、あるいは親子それぞれで住宅ローンを組むこと

 

例えば3000万円の物件を購入するために、夫が2000万円、妻が1000万円の住宅ローンを別々に利用して、合算して住宅を購入するならペアローンに該当します。

 

上手に活用できればとても心強いペアローンですが、不動産売却時や離婚による財産分与のときに厄介者になることも。そこで今回はペアローンとは何か、どうして離婚時に面倒なのかを紹介します。

 

ペアローンのメリット・デメリット

まずはペアローンの知識を深めるためにメリットとデメリットを把握しましょう。

 

メリット
住宅ローンの借入額が大きくても対応しやすい

ペアローンは夫婦それぞれの収入に合わせた金額でそれぞれ別個にお金が借りられるので、単独住宅ローンと比べて借入額を大きく見積もれます

 

例えば夫が年収400万円、妻が300万円の夫婦がフラット35基準で住宅ローンを利用すると、夫3800万円、妻2400万円、合計6200万円まで借入できる可能性が出てきます。

 

それぞれが団体信用生命保険の保障対象になる

ペアローンは複数の住宅ローンと契約するので、契約1つごとに団体信用生命保険の保障がつきます。例えば夫が亡くなってしまったとき、夫名義の住宅ローンの返済が無くなるので妻名義のローンを返済すればOKに。夫2000万円、妻1000万円の合計3000万円の住宅ローンが残っている状態で夫が死亡した際は妻1000万円のローンを返済していく形になります。もし妻が亡くなった場合は2000万円の返済が残ります。

 

もしも連帯保証の形なら、団体信用生命保険は名義人のみ。例えば夫名義で3000万円のローンを組んだとします。夫が死亡すれば3000万円の住宅ローンが無くなりますが、妻が死亡しても丸々残ってしまうため夫1人で3000万円を返済せねばなりません。

 

住宅ローン控除をそれぞれが受けられる

ペアローンは夫婦それぞれが住宅ローンの債務者。なのでそれぞれ別個に住宅ローン控除が受けられます。

 

デメリット
契約の手間や契約費用が倍になる

例えば夫婦それぞれで住宅ローンを組み、それをペアローンとするなら2つの契約が必要になります。当然それぞれで契約に必要な書類を揃え、面倒な手続きを行い、印紙代を用意しなくてはなりません。

 

それぞれで審査をクリアしなくてはならない

最も大きな壁になるのが『審査』。当然両人がパスしないとペアローンを利用できません。十分な年収があることはもちろん、過去に金融事故を起こしていないことも重要。また団体信用生命保険の審査をクリアするには健康状態も考慮しなくてはならず、ハードルは決して低くありません。

 

借り換えが難しい

それぞれが住宅ローンを組んでいるので、これらをまとめて1本化させるのは現実的ではありません。

 

どうして離婚時のペアローンが厄介になる?

夫婦それぞれが住宅ローンを組む『ペアローン』。離婚するとどんな扱いになるのか…と言えば「変わらない」です。ローンを提供している金融機関からすれば、結婚していようが離婚していようが、夫(妻)個人と契約して住宅ローンを提供しているので関係ありません。

 

離婚時に財産分与を行い、家をどちらの所有にするか…で揉める可能性が一気に高まります。例えば夫所有と決まったなら、妻は家を出ることになります。しかしローンの支払い責任は残っているので「住んでいないのに返済しないといけない状況」に陥いります

 

どちらかが滞納すると?

離婚後、それぞれがきちんとローンを返済し続けていれば問題ありませんが、どちらかが滞納し始めてしまうとより厄介なことに。片方の支払いが滞ると、もう片方に督促が届き、返済を迫られます

 

それを無視したり、支払えなかった場合は「差し押さえ→競売」の流れに。もちろん物件は住宅ローンの担保なのでこれを拒否できません。

 

任意売却が無難!

離婚した以上、同じ家に住み続けることはありませんし、それぞれが契約した住宅ローンの返済を続けるのは嫌になるもの。トラブルの可能性があるなら、不動産売却に踏み切って、売れたお金を返済に充てるのが一番無難です。

 

もしも利益が出れば分け合えば良いですし、ローンが残ってしまったとしても大きく軽減できます。場合によっては「片方の住宅ローンをさっさと完済する」という手段も取れるでしょう。

 

お金の使い方はしっかりと話し合う必要がありますし、これが新たなトラブルの火種になる可能性は否定できませんが、それでも任意売却が無難だと思います。

 

終わりに

もちろんペアローンで住宅を購入するときは「離婚するはずが無い!」と思っているでしょう。しかしお金の問題、性格の不一致を理由に離婚することだってあります。

 

既にペアローンを組んでいるのなら「ペアローンなんて組むんじゃなかった」と考えずに「これからどんな風に対処するべきか」を考えましょう。

 

個人的には任意売却を上手に使って家自体を精算し、ローン完済を目指すのがベターだと思います。最近は不動産一括無料査定サービスを手軽に使えるので不動産売却までは簡単に進められるはずです。

 

もしも夫婦間で上手く話がまとまらない、トラブルになるなら弁護士に相談するのも検討してみてください。費用が気になるなら法テラスを活用するのがオススメです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

離婚・不動産売却に関するあらゆる法的な解決は弁護士に頼る!悩みごとも相談に乗ってくれる安心感
離婚も不動産も行政書士に相談できる!権利義務に関する法的な書面作成を低価格で請け負ってくれる
離婚問題の力にはなれないが不動産売却に関しては不動産業者の右に出る者無し!
離婚後の生活設計の相談はファイナンシャルプランナーに!不動産売却の相談ももちろんOK
離婚カウンセラーで心の不安をクリアに!本当に離婚するべきなのかハッキリさせたいときも
シングルマザーのための機関は共感しあえるコミュニティ!中にはお金を稼ぐためのノウハウやセミナー、イベントを実施しているところも!
住宅ローンが残っている不動産を売却するときは連帯保証人の有無を必ず確認して!
住宅ローンの連帯債務者ってどんな人?どんな責任を負わないといけないの?
実態を把握しづらい担保提供者って何?どんな責任を負わなくてはならないの?
単独名義は比較的楽?名義人が不動産売却に同意すれば問題なし!
夫婦で共有名義の不動産は売却しづらい?どんな風に進めれば良いの?
第三者名義の不動産を売却することはできる?友人・知人など親族で無い場合はどうなる?
同居している親が名義人の不動産は名義人自身が売却するか相続してから売却するかの2択に
土地が夫名義、建物が妻名義の場合どうすれば不動産売却できる?
土地が夫の父名義、建物が夫と妻名義で勝手に建物だけ売ることはできる?
土地建物共に法人名義の場合、離婚時に不動産売却することはできる?
他の不動産の共同担保に設定されていないか?扱いが特殊なので必ず確認すること!
不動産売却前に金融機関ではない法人によって担保が設定されていないかを確認しよう!
登記簿謄本に『差押』と記載されていたらピンチ!?不動産が競売にかけられる直前の状態
仮登記がある不動産を売却することはできる?売れるが買主が見つからない可能性が高い
離婚と不動産売却が決まったら財産分与の問題を解決する必要がある!お互いが納得できるように考えるべきポイント
不動産の売却費用はどっちが負担する?話し合いで決めるのが一般的
不動産売却益が出た場合、どちらが受け取る?基本は財産分与に従って半分ずつ
不動産の売却損が出たら補填が必要!離婚したらどっちがお金を借りる?
不動産の売却損がでたときはどちらが補填するべき?
不動産売却を先送りして離婚を優先した場合に考えられる5つのデメリット
離婚しても家を売却しなかった場合のデメリットは?住宅ローンが残っているなら注意が必要
離婚後に家に住み続ける相手方に所有権を移転した場合のデメリットは?不動産価値を手放したも同然?
離婚と同時に家を売却できない場合、どんなデメリットが考えられる?
夫名義の家に妻と子供が住み続ける場合のデメリットは?夫目線、妻目線で考えてみる
離婚すれば任意売却が必然になる!昨今の住宅ローン問題は任意売却という解決方法が主流に
離婚後もそのまま家に住み続けたいなら夫婦間売買を検討してみる
家を売ってそのまま住み続けられる!セール&リースバック
不動産の競売は絶対に避けたい!競売にかけられる前に任意売却を!
離婚して住宅ローンの返済が苦しいなら家の売却も検討
離婚で不動産を売却する時は、ローンの残額をしっかり考える