住宅ローンがないなら離婚後家を売却せずに住み続けるのはそこまで難しくない

「愛着のある家だから」「子どもを転校させたくないから」「新居を探す時間も、引っ越しのお金も無いから」「ご近所付き合いの良い地域だから」など様々な理由から離婚後も不動産を売却せずに、そのまま住み続けるケースも考えられます。

 

しかし不動産売却しないことによって生じるデメリットや懸念する点も出てくるので、一概に「売らない」選択肢がベストとは限りません。今回は離婚時における不動産を売らずに住み続けるケースについて考えていきます。

 

住宅ローンが残っている場合とそうでない場合で考える

最初に必ず確認すべきなのが「住宅ローンの有無」です。それぞれ見てみましょう。

 

住宅ローンがない場合

住宅ローンがないなら『所有権移転登記』だけ済ませれば良いので比較的こじれにくいと思います。例えば夫名義の不動産だけど、家に残るのは妻と子ども…といったケースなら夫名義のままよりも妻名義にしたほうが都合が良いです。なので双方が所有権移転に同意できているなら行政書士にお願いして登記してもらえば終わり。今後は妻名義の家として住み続けられます。

 

住宅ローンがある場合

住宅ローンが残っていると所有権移転登記が難しくなってしまいます。というのが、住宅ローンがある=抵当権が残っている状態=銀行などの金融機関の同意が得られなければ所有権移転ができない、となっているからです。

 

金融機関に相談すればローン名義人を変更してくれる可能性もありますが、それに見合うだけの収入がなければ難しく、また例外的なケースになるので基本的に認められません。

 

完済するか、借り換えローンを検討する必要がある

となると残された道は…

 

  • ローン完済まで所有権移転を待つ
  • 借り換えローンを使ってローンを一度完済する

 

の2点になります。

 

完済まで待つデメリット

完済までに10年、20年…と長い年月が必要になる可能性があり、完済したときに元夫(あるいは元妻)が所有権移転に同意してくれる保証はありません。なので『離婚協議書』など法的効力のある証書を作成しましょう。

 

借り換えローンのデメリット

そもそも借り換えローンの審査をクリアできるかが問題となります。一定の収入があれば大丈夫ですが、あまり収入がないなら厳しいと言わざるを得ません。また借り換えローンで借りたお金を使って一括返済するわけですので、繰り上げ返済手数料が発生するデメリットも。

 

一括返済を求められる可能性も

住宅ローンは夫婦がその家に住み続けることを前提として融資されるわけで、離婚によって状況が変化すれば契約内容と異なる事態と判断されても仕方がありません。なので「今すぐ全部返してください」と一括返済を求められる可能性はゼロではありません。

 

ダブルローンのリスクがある

住宅ローンが残ったまま離婚し「新たに新居を構えたい」と銀行に住宅ローンの相談をしても相手にされないでしょう。多重債務…いわゆる『ダブルローン』になってしまうので申し込み事態拒否されてしまいます。これは住宅ローンだけに限らず、自動車ローンなどにも影響する可能性があります。

 

その他に考えられるデメリット

住宅ローン絡みのデメリット以外にも次の懸念事項が挙げられます。

 

損害賠償のリスク

例えば火事や騒音問題などで近隣住民から訴訟されれば損害賠償を支払わなくてはならないかもしれません。

 

資産価値の減少

不動産は年々価値が下がっていくのが普通です。いざ売るときになって二束三文にしかならない可能性も。

 

売りたい!と思ってもすぐに売れない

不動産を売却しない=夫婦のどちらかが住み続けると予想されます。そうなるといざ売却したいと思っても立ち退いてもらわなくてはなりませんし、説得にも引っ越しにも時間がかかります。

 

売却したほうがデメリットは少ない?

離婚後もそのまま住み続けることが悪いとは決していえませんが、デメリットが少なからずあるのも事実。また夫婦で双方が納得できないのに売らないのも難しい問題です。

 

やはり離婚したら不動産は売却して、お金を均等に財産分与するのが無難ですし、後々のトラブルを未然に防げると思います。高く売ることができれば新居の費用、引っ越し費用などを賄えるかもしれませんし、面倒な所有権移転も考える必要がなくなります。無料一括査定サイトなどの便利なサービスを上手に使って少しでも高く不動産を売れるように工夫してみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

離婚・不動産売却に関するあらゆる法的な解決は弁護士に頼る!悩みごとも相談に乗ってくれる安心感
離婚も不動産も行政書士に相談できる!権利義務に関する法的な書面作成を低価格で請け負ってくれる
離婚問題の力にはなれないが不動産売却に関しては不動産業者の右に出る者無し!
離婚後の生活設計の相談はファイナンシャルプランナーに!不動産売却の相談ももちろんOK
離婚カウンセラーで心の不安をクリアに!本当に離婚するべきなのかハッキリさせたいときも
シングルマザーのための機関は共感しあえるコミュニティ!中にはお金を稼ぐためのノウハウやセミナー、イベントを実施しているところも!
住宅ローンが残っている不動産を売却するときは連帯保証人の有無を必ず確認して!
住宅ローンの連帯債務者ってどんな人?どんな責任を負わないといけないの?
実態を把握しづらい担保提供者って何?どんな責任を負わなくてはならないの?
離婚で住宅ローンのペアローンだと大変!?そもそもペアローンって何?
単独名義は比較的楽?名義人が不動産売却に同意すれば問題なし!
夫婦で共有名義の不動産は売却しづらい?どんな風に進めれば良いの?
第三者名義の不動産を売却することはできる?友人・知人など親族で無い場合はどうなる?
同居している親が名義人の不動産は名義人自身が売却するか相続してから売却するかの2択に
土地が夫名義、建物が妻名義の場合どうすれば不動産売却できる?
土地が夫の父名義、建物が夫と妻名義で勝手に建物だけ売ることはできる?
土地建物共に法人名義の場合、離婚時に不動産売却することはできる?
他の不動産の共同担保に設定されていないか?扱いが特殊なので必ず確認すること!
不動産売却前に金融機関ではない法人によって担保が設定されていないかを確認しよう!
登記簿謄本に『差押』と記載されていたらピンチ!?不動産が競売にかけられる直前の状態
仮登記がある不動産を売却することはできる?売れるが買主が見つからない可能性が高い
離婚と不動産売却が決まったら財産分与の問題を解決する必要がある!お互いが納得できるように考えるべきポイント
不動産の売却費用はどっちが負担する?話し合いで決めるのが一般的
不動産売却益が出た場合、どちらが受け取る?基本は財産分与に従って半分ずつ
不動産の売却損が出たら補填が必要!離婚したらどっちがお金を借りる?
不動産の売却損がでたときはどちらが補填するべき?
不動産売却を先送りして離婚を優先した場合に考えられる5つのデメリット
離婚後に家に住み続ける相手方に所有権を移転した場合のデメリットは?不動産価値を手放したも同然?
離婚と同時に家を売却できない場合、どんなデメリットが考えられる?
夫名義の家に妻と子供が住み続ける場合のデメリットは?夫目線、妻目線で考えてみる
離婚すれば任意売却が必然になる!昨今の住宅ローン問題は任意売却という解決方法が主流に
離婚後もそのまま家に住み続けたいなら夫婦間売買を検討してみる
家を売ってそのまま住み続けられる!セール&リースバック
不動産の競売は絶対に避けたい!競売にかけられる前に任意売却を!
離婚して住宅ローンの返済が苦しいなら家の売却も検討
離婚で不動産を売却する時は、ローンの残額をしっかり考える