競売は相場の60%〜70%程度の価格で落札されてしまう!ローン残債が大きくなる可能性が

住宅ローンの返済が滞るなど、銀行側が返済不可と判断されたときに『競売』にかけられてしまうことがあります。競売は避けるべきものであり、家を売る側からみるとデメリットしかありません。なので当サイトは競売を避けるために『任意売却』を勧めています。ここでは競売がなぜダメなのか、任意売却との違いは何かを紹介していきます。

 

任意売却と競売の違い

それぞれメリット・デメリットがありますが、やはり競売はデメリットが圧倒的。下の表を見てください。

 

任意売却 競売
売却価格 市場価格に近い金額 市場価格の60〜70%程度
プライバシー 周囲に知られることなく売却が可能 競売ホームページなどに情報が掲載されるのでばれる可能性あり
返済金額 多い 少ない
現金が残る可能性 ある ほぼ無い
残債務の交渉 できる(月々1〜2万円ずつ返済、など) できない(原則言われた金額を支払う。一括返済を要求されることも)
退去日 こちらの都合で条件を決められる 裁判所からの強制執行もある
売却までの期間 3か月〜半年程度と比較的短め 1年以上かかることも多く、比較的長め

 

どうして競売は安くなってしまう?

競売にかけられた不動産は相場の60〜70%程度の価格で落札されてしまうのか。これには理由があります。競売に挙がった不動産は当然落札者が「この不動産、買いだな!」と判断して入札するわけですが、任意売却と異なり以下の点が不利に働きます。

 

  • 立ち退き、明け渡し後まで中を見れない
  • 立ち退きをめぐるトラブルの可能性
  • 購入したくても住宅ローンが使えないことが多い

 

一方の任意売却は不動産業者が仲介してくれるので

 

  • 事前に内覧できる
  • 明け渡しの時期も決められる
  • 住宅ローンを使って購入できる

 

つまり特別に安くしなくても買い手が見つかりやすいのが任意売却で、安くしないと買い手が見つかりづらいのが競売、となります。

 

ローン残債が大きく残る可能性が高い

競売で落札されてしまえば相場よりもずっと安い金額しか入ってこないことになります。例えば…

 

  • ローン残高2000万円
  • 不動産価値の相場は1500万円

 

だったとします。しかし競売だと相場の60〜70%で落札されることが多いので、良くても1050万円で売却。ローン残高は950万円残ることになります。一方の任意売却なら相場相当の1500万円で売れる可能性があるのでローン残高は500万円に。

 

残りのローンは月々の支払いをコツコツと続けていくことになりますが、500万円と950万円とでは完済までの期間が随分変わってきます。

 

終わりに

今回紹介したように、競売はメリットがあるとは言い難い部分が大きすぎます。離婚による不動産の対処はいくつかの方法から選べますが、やはり無難なのは任意売却。無料一括査定サイトをうまく活用して、より高く売却できる不動産業者を探してみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

離婚・不動産売却に関するあらゆる法的な解決は弁護士に頼る!悩みごとも相談に乗ってくれる安心感
離婚も不動産も行政書士に相談できる!権利義務に関する法的な書面作成を低価格で請け負ってくれる
離婚問題の力にはなれないが不動産売却に関しては不動産業者の右に出る者無し!
離婚後の生活設計の相談はファイナンシャルプランナーに!不動産売却の相談ももちろんOK
離婚カウンセラーで心の不安をクリアに!本当に離婚するべきなのかハッキリさせたいときも
シングルマザーのための機関は共感しあえるコミュニティ!中にはお金を稼ぐためのノウハウやセミナー、イベントを実施しているところも!
住宅ローンが残っている不動産を売却するときは連帯保証人の有無を必ず確認して!
住宅ローンの連帯債務者ってどんな人?どんな責任を負わないといけないの?
実態を把握しづらい担保提供者って何?どんな責任を負わなくてはならないの?
離婚で住宅ローンのペアローンだと大変!?そもそもペアローンって何?
単独名義は比較的楽?名義人が不動産売却に同意すれば問題なし!
夫婦で共有名義の不動産は売却しづらい?どんな風に進めれば良いの?
第三者名義の不動産を売却することはできる?友人・知人など親族で無い場合はどうなる?
同居している親が名義人の不動産は名義人自身が売却するか相続してから売却するかの2択に
土地が夫名義、建物が妻名義の場合どうすれば不動産売却できる?
土地が夫の父名義、建物が夫と妻名義で勝手に建物だけ売ることはできる?
土地建物共に法人名義の場合、離婚時に不動産売却することはできる?
他の不動産の共同担保に設定されていないか?扱いが特殊なので必ず確認すること!
不動産売却前に金融機関ではない法人によって担保が設定されていないかを確認しよう!
登記簿謄本に『差押』と記載されていたらピンチ!?不動産が競売にかけられる直前の状態
仮登記がある不動産を売却することはできる?売れるが買主が見つからない可能性が高い
離婚と不動産売却が決まったら財産分与の問題を解決する必要がある!お互いが納得できるように考えるべきポイント
不動産の売却費用はどっちが負担する?話し合いで決めるのが一般的
不動産売却益が出た場合、どちらが受け取る?基本は財産分与に従って半分ずつ
不動産の売却損が出たら補填が必要!離婚したらどっちがお金を借りる?
不動産の売却損がでたときはどちらが補填するべき?
不動産売却を先送りして離婚を優先した場合に考えられる5つのデメリット
離婚しても家を売却しなかった場合のデメリットは?住宅ローンが残っているなら注意が必要
離婚後に家に住み続ける相手方に所有権を移転した場合のデメリットは?不動産価値を手放したも同然?
離婚と同時に家を売却できない場合、どんなデメリットが考えられる?
夫名義の家に妻と子供が住み続ける場合のデメリットは?夫目線、妻目線で考えてみる
離婚すれば任意売却が必然になる!昨今の住宅ローン問題は任意売却という解決方法が主流に
離婚後もそのまま家に住み続けたいなら夫婦間売買を検討してみる
家を売ってそのまま住み続けられる!セール&リースバック
離婚して住宅ローンの返済が苦しいなら家の売却も検討
離婚で不動産を売却する時は、ローンの残額をしっかり考える