敷地を切り売りできないことがある理由

敷地延長物件と呼ばれる旗竿地は、通路部分があるにせよ、敷地が広い物件がたくさんあります。売却するにあたって、その土地を切り売りしようと思っても、できないケースが多いのです。その理由について、説明しておきましょう。

 

敷地が広くても、切り売りできないことがある

現行の建築基準法には、「建築物の敷地は道路に2メートル以上接していなければならない」という、接道義務が設けられています。そして、建築基準法でいう道路とは、幅員が4メートル以上あるものをいいます。

 

敷地延長物件と呼ばれる旗竿地は、間口が狭いので、土地を切り売りしようとした際に、この基準を満たすことができないケースが多いのです。また、分割して一戸の間口が2メートル以下になってしまうと、再建築不可物件となってしまいます。その場合は、広い敷地のまま売却することを検討する必要があります。

 

より高く売却したいときに検討すべきこと

敷地延長物件と呼ばれる旗竿地であっても、再建築不可物件であっても、売却する方法はあります。その際、より高く売却するために検討してほしい方法があるのです。その方法について、お話ししておきましょう。

 

隣地を購入してから売却するという方法もある!

敷地延長物件と呼ばれる旗竿地は、間口が狭いことで資産価値が低くなっています。つまり、この問題をクリアできれば、周辺の整形地並みに高く売却できる可能性があるということです。そのためには、間口を広くする必要があります。

 

その解決法として、隣地を購入するのです。隣地と敷地延長物件と呼ばれる旗竿地を合わせて売却することで、切り売りもしやすくなりますし、売却価格がアップすること間違いなしです。ぜひ、検討してみてください。

 

その他の売却方法も検討しよう!

敷地延長物件と呼ばれる旗竿地は、隣人に売却することもできますし、都心であれば再建築不可物件であっても、リフォームやリノベーションができれば、売却できる可能性は高いです。

 

また、不動産会社に売却の仲介を頼んでも買い手がつかないときには、専門の買取業者に売却するという方法もあります。自分にとって、どんな売却方法がよいのかを検討し、納得のいく価格で敷地延長物件と呼ばれる旗竿地を売却してくださいね。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら