不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

住宅を売却する際には不動産業者に支払う仲介手数料などの、様々な費用の支払いが必要になります。しかしその一方では、これまでに支払った費用の未経過分の返還が受けられる場合などもあるようです。

 

住宅の購入時にはもしもの場合に備えて、火災保険に加入することが一般的となっています。火災保険については加入期間が10年や15年や25年などのように長期間になりますので、住宅売却の時点で未経過の分があれば返還されることになります。

 

火災保険の解約はタイミングが重要

火災保険については、解約のタイミングにくれぐれも注意をしてください。できれば住宅の売買契約が成立したことを確認してから、解約手続きを行うことをおすすめします。

 

住宅を売り出したタイミングで火災保険を解約してしまうと、買い手が見つかるまでの期間については保険が適用されませんので、火災などが発生しても補償が受けられなくなってしまうのです。住宅を売り出している期間は何かとトラブルが発生しやすくなりますので、火災保険の解約のタイミングは慎重に判断するようにしてください。

 

住宅ローンを繰上げ返済してローン保証料を返還してもらおう

また住宅を購入する際には住宅ローンを利用することが多いのですが、住宅ローンを利用する際には金融機関に対してローン保証料を諸費用として支払うことが必要になります。ローン保証料は契約時に決められた期間で返済を行うことを前提としていますので、住宅ローンを繰り上げ返済した場合にはその一部の返還を受けることができるのです。住宅ローンは借り入れの金額が大きいため、実際に住宅を売却した場合には火災保険料よりもローン保証料の方が大きな金額の返還を受けられることが多いようです。

 

ローン保証料については、住宅ローンの返済期間が長ければ長いほど高額になります。例えば35年ローンで住宅を購入した場合などには、繰り上げ返済を行うことで数十万円から数百万円程度のローン保証料の返還を受けることができるのです。ただし実際にローン保証料の返還が受けられるのは、ローン保証料を前払いしている場合に限られますので、月割でローン保証料を支払っている場合などには返還を受けることはできません。さらにローン保証料の返還を受けるためには手数料の支払いが必要な場合などもありますので、ローン保証料の返還については事前に金融機関にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

今回は「家を売却すればお金が戻ってくる?火災保険料・ローン保証料のお話」「火災保険をかけていた場合、家の売却完了後に解約すること」「詳しくわかって選ぶべき火災保険の補償内容」「手数料や残期間に考慮して決めるべきローン保証料の払い戻し」などの項目についてご紹介しますので、住宅を売却する際に各種費用の返還を受けるための参考として活用してみてください。

 

火災保険料・ローン保証料はどうるの?のカテゴリー内容
  • 家を売却すればお金が戻ってくる?火災保険料・ローン保証料のお話
  • 住宅を売却した場合には、これまでに支払ったお金の一部が戻ってくることがあります。例えば火災保険料の場合には、通常は一定年数(10年・15年・25年など)のまとめ払いプランを選択することが一般的ですから、未経過分が住宅売却の時点で残っていれば返金を受けることができるのです。

     

    さらにローン保証料についても、同様に返金を受けることができるかもしれません。住宅ローンの保証会社に対して支払われる費用がローン保証料であり、特に住宅ローンでは大きな金額の借り入れを行うことが多いため、ローン保証料の返還として100万円以上が返金される場合などもあるようです。

     

    >>家を売却すればお金が戻ってくる?火災保険料・ローン保証料のお話の詳細はこちら

     

  • 火災保険をかけていた場合、家の売却完了後に解約すること
  • 売却を希望する住宅に火災保険をかけているという人は、解約の手続きは売買契約が完了した後で行うようにしてください。火災保険を早めに解約してしまうと、いざという場合に補償が受けられないかもしれません。解約の手続きを行うタイミングについては、くれぐれも慎重に判断するようにしましょう。

     

    火災保険料については数年〜数十年分を一括払いをすることが一般的となっていますので、火災保険を解約する際に未経過の分があれば、未経過分については返金を受けることができます。火災保険料の払い戻しに関する具体的な手続は、保険会社や不動産業者などに確認してみてください。

     

    >>家を売却すればお金が戻ってくる?火災保険料・ローン保証料のお話の詳細はこちら

     

  • 詳しくわかって選ぶべき火災保険の補償内容
  • 住宅を購入すると火災保険に加入することになるのですが、加入を検討する際には補償の内容などをしっかりと確認した上で火災保険を選ぶことが必要になります。火災保険はその仕組みや内容などが複雑であるため、何となく保険会社にすすめられたものを選ぶという人が多いようです。

     

    ほとんどの住宅ローンでは火災保険への加入が利用のための条件となっていますので、住宅を購入するためには火災保険への加入が必須だといえるでしょう。具体的な補償の内容についてはパンフレットや保険会社のホームページなどで確認するか、よくわからない場合には>>ファイナンシャルプランナーに相談をしてみてください。

     

    火災保険をかけていた場合、家の売却完了後に解約することの詳細はこちら

     

  • 手数料や残期間に考慮して決めるべきローン保証料の払い戻し
  • 住宅ローンを利用する際に保証を行う保証会社に対して支払う費用が、ローン保証料になります。住宅を売却して住宅ローンを予定よりも早く完済した場合には、保証会社からローン保証料の一部の返還が受けられるかもしれません。具体的な返還手続きなどについては、銀行などに相談をしてみてください。

     

    返還が受けられるのは、支払ったローン保証料のうちの未経過分に相当する金額になります。住宅ローンは支払いが35年などの長期になりますので、ローン保証料の返還として数十万〜数百万円が返金されることなどがあるようです。ただし一部にはローン保証料の返還が受けられない場合などもあります。

     

    >>手数料や残期間に考慮して決めるべきローン保証料の払い戻しの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

住宅を売却する際には不動産業者仲介手数料を支払うことが必要になりますし、その他にも各種手数料や税金などの支払いが必要になります。しかしその一方で費用の返還が受けられる場合などもあり、具体的には火災保険料やローン保証料などについて、未経過期間に相当する分があれば返還を受けることができるのです。今回は火災保険料やローン保証料などの返還について、さらに詳しくご紹介したいと思います。返還が受けられる費用な...

住宅を購入する際には、もしもの場合に備えて火災保険に加入することが一般的です。また住宅ローンを利用して住宅を購入する場合には、住宅ローンを利用するための条件として火災保険に加入することが必要になる場合などもあるようです。火災保険では数年〜数十年分の保険料を一括でまとめて支払うことが多いのですが、住宅を売却する際に前払いをした火災保険料があれば払い戻しが受けられる可能性があります。今回は火災保険の解...

生命保険や自動車保険などに加入する場合には、ほとんどの人がその内容をしっかりと確認して保険を選んでいます。しかし火災保険については保険会社に提案された保険にそのまま加入する人が多く、加入の際に詳細に補償内容を確認する人は限られているようです。現在の住宅を売却して新しい住宅を購入する場合には、現在の火災保険を解約して新しい火災保険に加入することになります。新規の火災保険に加入をする際には、補償の内容...

住宅を売却する際にはローン保証料について、未経過期間に相当する分があれば返還を受けることができます。住宅ローンの場合には大きな金額の借り入れを行うことになりますので、住宅を売却することにより数十万〜数百万円以上のローン保証料の返還が受けられる場合などもあるのです。住宅ローンについてはできるだけ早めに返済してしまうことにより、より多くの金額のローン保証料の返還を受けることができます。今回はローン保証...