ローン保証料の払い戻しは手数料や残期間を考慮して決めましょう

住宅を売却する際にはローン保証料について、未経過期間に相当する分があれば返還を受けることができます。住宅ローンの場合には大きな金額の借り入れを行うことになりますので、住宅を売却することにより数十万〜数百万円以上のローン保証料の返還が受けられる場合などもあるのです。

 

住宅ローンについてはできるだけ早めに返済してしまうことにより、より多くの金額のローン保証料の返還を受けることができます。今回はローン保証料の返還を受けるための方法や手続きなどについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。住宅の売却や買い替えなどを成功させるために、ぜひとも参考にしてみてください。

 

ローン保証料の払い戻し手続きは銀行などで申し込んでください

住宅を売却して住宅ローンを完済してしまえば、ローン保証料の残額(未経過分)の返還が受けられます。住宅ローンを利用する際には保証人なしで利用することができるのですが、実際には保証会社に対してローン保証料を支払うことにより、保証会社に保証人としての役割を引き受けてもらっているのです。ローン保証料の払い戻し手続きについては、銀行などで申し込んでください。

 

ローン保証料の返還として数十万円〜数百万円以上を受け取ることができるかもしれません

住宅ローンの利用期間の途中で住宅を売却して住宅ローンの残額を全て完済してしまった場合には、未経過期間に相当する分のローン保証料の返還を受けることができるのです。

 

住宅ローンの利用期間が長ければ長いほどローン保証料も高額になりますので、例えば返済期間35年の住宅ローンを活用して住宅を購入した場合などには、返済期間の途中で住宅を売伽することでローン保証料の返還として、数十万〜数百万円以上の金額を受け取ることができるかもしれません。

 

ただしローン保証料の返還が受けられない場合などもあるようです

ローン保証料については住宅ローンの申し込みの際に一括で支払うこともできますし、また月々の返済額と一緒に月割で支払うこともできるようです。ただしローン保証料の返還が受けられるのは未経過期間に相当する前払い分がある場合に限られますので、ローン保証料を月割で支払っている場合には返還は受けられないということになります。

 

またローン保証料の返還を受けるためには別途手数料の支払いが必要になりますので、住宅ローン利用期間終了の直前に住宅を売却した場合には、手数料と相殺されることによりローン保証料の返還が0円になってしまうことなどもあるようです。詳細については住宅ローンに関する知識が豊富な不動産業者などに確認してみてください。

 

不動産一括査定サイトを活用して信頼できる不動産業者を探してみましょう

今回はローン保証料の返還を受けるための方法や手続きなどについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • ローン保証料の返還手続きについては銀行などで申し込んでみてください
  • ローン保証料の返還として数十万〜数百万円を受け取ることができるかもしれません
  • ただしローン保証料の返還が受けられない場合などもあるようです

 

ローン保証料の返還請求については、未経過期間が少ない場合などには手数料などを考慮して判断することが必要になりますので、住宅ローンに詳しい不動産業者に相談をしてみることをおすすめしたいと思います。不動産業者を探すためにはインターネットの不動産一括サイトが役立ちます。

 

複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、提示された査定額や担当者の対応などを確認しながら不動産業者を手軽に比較・検討することができるのです。信頼できる不動産業者に相談をすれば、ローン保証料の返還請求についても的確なアドバイスを受けることができるでしょう。不動産一括サイトは誰でも気軽に利用することができますので、積極的に活用してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら