不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

住宅を売りに出してもなかなか買い手が見つからないという場合には、値引きの検討を不動産会社から提案されるかもしれません。例えば100万円の値下げを提案された場合などには、「100万円程度の値下げで本当に買い手が見つかるのだろうか?」と疑問を感じる人などもいるようです。しかし実際には不動産の価格を買い手は厳しくチェックしていますので、値引きに対しては敏感に反応することが多いのです。

 

若干値下げするだけでも買い手が見つかりやすくなる

不動産の売り手には自由に売却規模価格を設定する権利がありますので、希望に応じて好きな値段を設定することができます。売り手は買い手が考える以上に価格にこだわっていますので、市場価格などに応じた適正な売却希望価格を設定するようにしてください。

 

なかなか買い手が見つからないのであれば、設定した売却希望価格が高すぎるのかもしれません。ただし実際には若干の値下げを行うことで、すぐに買い手が見つかるという場合が多いようです。例えば3000万円と2900万円では100万円の違いなのですが、買い手はそれ以上の違いを感じることになります。

 

売り手の側の希望と買い手の側の希望のギャップが大きいと、売買契約を成立させることは難しくなります。売り手は適正な売却希望価格を設定しているつもりであっても、買い手が「高すぎる」と感じれば購入を敬遠されてしまうことになるのです。一般的に物件の売り手には、市場価格よりも割高な金額での売却を希望するという傾向があるようです。逆に買い手には値引きが当然だと考える傾向がありますので、不動産の売却希望価格を決める際には値引きを前提とした売却希望価格を設定することを検討してみましょう。

 

長期間売りに出されている物件はなかなか買い手がつかなくなる

高値での売却にこだわると買い手を見つけることが難しくなりますので、結果的に時間の経過により物件の価値が低下してしまうことになります。また長期間売りに出されている物件に対しては「訳あり物件なのではないか?」「不具合などがあるのではないか?」などと考える買い手が多くなりますので、売れないことが原因でますます売れないという悪循環に陥ってしまうのです。

 

不動産は売り出し直後が売却のための最大のチャンスになりますので、なかなか買い手が見つからないという場合には値下げなどにより、早期に売り切ってしまうことをおすすめしたいと思います。

 

今回は「買主は価格を細かく見ているので市場の相場を把握する事が重要」「不動産価格は買主の反応を見ながら検討」「家が売れない原因は価格が高すぎる可能性があり」「買い手に住みたいとイメージを与えるのがモデルルームの役割」などの項目についてご紹介しますので、適正な売却希望価格を判断するための参考として活用してみてください。

 

市場の相場を把握する者が売買を制すのカテゴリー内容
  • 買主は価格を細かく見ているので市場の相場を把握する事が重要
  • 不動産の買主は、売主が考える以上に不動産の価格にこだわっています。売却希望価格が相場よりも割高と判断すれば購入を控えることになりますし、一方で相場よりも割安だと判断されれば積極的に購入を検討することになります。買主に魅力を感じてもらうためには、割安な価格設定が必要になるのです。

     

    不動産の相場については、あくまでも過去の販売データに基づいたおよその目安の金額になりますので、実際の売却価額は需要と供給の関係で大きく変動することになります。不動産の適正な売却希望価格を設定することは、販売のプロである不動産業者でも難しいのです。

     

    >>買主は価格を細かく見ているので市場の相場を把握する事が重要の詳細はこちら

     

  • 不動産価格は買主の反応を見ながら検討
  • 不動産の売却希望価額を設定する際には、買主の反応を確認しながら検討をしてみてください。不動産の売却希望価格を割安に設定すれば買主は必ず見つかるのですが、焦って安売りをしてしまうと売主は損をしてしまうことになります。売却希望価格はくれぐれも慎重に設定するようにしましょう。

     

    不動産の売買が成立するかどうかには、買い手の予算の多少が大きく影響することになります。買い手の予算を超えた価格を設定してしまうと買主は購入をあきらめてしまうことになりますので、予算の範囲内で買い手が魅力的に感じる売却希望価額を設定することが重要なのです。

     

    >>不動産価格は買主の反応を見ながら検討の詳細はこちら

     

  • 家が売れない原因は価格が高すぎる可能性があり
  • 不動産の買主がなかなか見つからないという場合には、設定された売却希望価額が高すぎるのかもしれません。不動産の売買を成立させるためには、買主が魅力的だと感じる売却希望価額を設定することが重要になります。買主は売主が考えている以上に価格にこだわっているのです。

     

    相場価格よりも1割程度割高な売却希望価額を設定すると、問い合わせが減少して物件がなかなか売れなくなってしまうことが多くなります。売却希望価額が割高だと、魅力的な物件であっても買主からは敬遠されてしまうのです。売れ残りの不人気物件にならないように、早期の売却を検討してみてください。

     

    >>家が売れない原因は価格が高すぎる可能性がありの詳細はこちら

     

  • 買い手に住みたいとイメージを与えるのがモデルルームの役割
  • 不動産業者では広告宣伝活動の一環として、モデルルームの建設に積極的に取り組んでいます。モデルルームの役割は買主の住んでみたいというイメージを膨らませて購入意欲を刺激することにあるのですが、モデルルームの建設には私たちが考えている以上に費用がかかっているのだそうです。

     

    不動産の売却を希望する売主は、不動産業者を見習って物件のイメージアップに積極的に取り組んでみてください。物件の第一印象は不動産売買の成立に大きく影響しますので、内覧などの前には買主に好印象を感じてもらえるように、水回りなどを中心とした丁寧なクリーニングを行うようにしましょう。

     

    >>買い手に住みたいとイメージを与えるのがモデルルームの役割の詳細はこちら

 

 

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産の買い手は物件の市場価格を詳細に確認しています。物件の売却希望額が相場よりも割高だと問い合わせは少ないのですが、値下げをして物件の売却希望額が割安になると問い合わせが急増することになります。さらに価格の印象などによっても、買い手の反応は大きく異なるようです。例えば物件の売却希望額が3000万円の場合と2900万円の場合では違いは100万円なのですが、買い手にとっては2900万円の物件は実際の...

不動産の実際の売却価額については、売り手と買い手の合意により決定されることになります。需要と供給のバランスが実際の売却価額を決めるのです。魅力的な物件が少なければ優良な物件には購入を希望する買い手が集まりますので、結果的に価格が高騰することになります。逆に物件の供給量が多ければ買い手は様々な物件を詳細に比較・検討することができますので、市場価格などに基づいた適正な売却希望額を設定してもなかなか買い...

不動産の売却価額を決める権利は売り手にあるのですが、売買契約の成立を決定する権利は買い手にあります。売り手と買い手の両者の合意により売買が成立することになりますので、物件を高値で売却するためには売り手は買い手の考え方を理解することが必要になるのです。今回は売却希望価格に関する売り手と買い手の考え方の違いについて解説しますので、物件の高値での売却を成立させるための参考にしてみてください。売り手は買い...

住宅の見本であるモデルルームを建設する不動産業者が多いようです。モデルルームについてはそれほどお金をかけなくても簡単に作れそうに思えるのですが、実際にはモデルルームを作るためにはかなりの費用が必要になります。モデルルームの外装はプレハブによる簡素なものなのですが、内装のための費用がかかるため建設には2000万円程度の費用が必要になるようです。今回はモデルルームの役割や買主に与えるイメージなどについ...