買い手は売り手が考えている以上に価格に敏感です

 

不動産の買い手は物件の市場価格を詳細に確認しています。物件の売却希望額が相場よりも割高だと問い合わせは少ないのですが、値下げをして物件の売却希望額が割安になると問い合わせが急増することになります。さらに価格の印象などによっても、買い手の反応は大きく異なるようです。

 

例えば物件の売却希望額が3000万円の場合と2900万円の場合では違いは100万円なのですが、買い手にとっては2900万円の物件は実際の違い以上に割安に感じられることになります。今回は市場価格と適正な売却希望価格の関係について解説しますので、物件を高値で売却するための参考として活用してみてください。

 

不動産の買い手は売り手が考えている以上に価格にこだわっています

不動産を売り出してから一定の期間が経過しても買主が見つからない場合には、不動産業者からは物件の値引きを提案されることになります。例えば売却希望価格を100万円引き下げることなどを提案されるのですが、この時には「100万円程度値下げをしてもそれほどの違いはないのではないか?」などと考える売り手が多いようです。

 

しかし実際に100万円の値引きをすると、買い手の反応が大きく違ってくることになります。買い手は売り手が考えている以上に価格にこだわっていますので、値引きを行うと敏感に反応するのです。

 

割安な価格を提示することで買い手に魅力を感じてもらうことが必要です

不動産がなかなか売れないという場合には、売り手は「物件の魅力が足りないのだろうか?」と考えることになります。しかし実際には買い手は「良さそうな物件だが価格が高すぎる」と考えていることが多いのです。不動産の価格には需給と供給の関係が大きく影響しますので、人気のある物件には買い手が次々と現れて価格が高騰することになります。逆に人気のない物件を購入したいと考える買い手は少なくなりますので、相場よりも割安な価格を提示して買主に魅力を感じてもらうことが必要になるのです。

 

不動産の市場価格はあくまでも目安の金額だと考えるようにしましょう

不動産にはおよその市場価格があるのですが、これはあくまでも過去の販売データに基づいた目安の金額になります。その物件がいくらで売れるのかについては、その物件を実際に売り出してみなければわからないのです。不動産販売のプロである不動産業者であっても、物件の売却希望価格を適正に設定することは難しくなります。

 

「この物件は○○○○万円売れると思いますよ!」などと安易に断言することはできないのです。不動産の価格は売主と買主の合意により決定します。売り手には売却希望価格を決める権利があるのですが、最終的な売買を決定する権利は買い手にあるのです。適正な売却希望価格については、不動産業者と相談をしながら決めるようにしましょう。ただし実際に売り出してみても買い手の反応が少ないという場合には、さらに値下げなどを検討することが必要になるかもしれません。

 

不動産の市場価格を確認するためには不動産一括査定サイトが役立ちます

今回は市場価格と適正な売却希望価格の関係について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめると以下のとおりとなります。

 

  • 買い手は売り手が考えている以上に不動産の価格にこだわっています
  • 割安な価格を提示して買い手に魅力を感じてもらうことが重要になります
  • 不動産の市場価格はあくまでも売却のための目安の金額だと考えてください

 

物件のおよその市場価格を知りたいという場合には、インターネットの不動産一括査定サイトを活用してみましょう。一度に複数の不動産業者に見積もりを依頼することができますので、査定額を比較すれば販売価格の目安が判断できるはずです。実際に売却を依頼するのであれば、査定額だけでなく担当者の対応などについても参考にしてみてください。安心して販売を任せることができる不動産業者を選ぶことが、不動産を高値で売却するためには重要なのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら