最初から売る時の事を考えるのが正解

欧米では住宅を資産であると考える人が多いのですが、日本では子供や孫の代まで住み続けることを前提として住宅購入を検討する人が多いようです。実際には購入後に様々な事情で売却が必要になる場合などもありますので、住宅を購入する際には将来の売却を前提として検討することをおすすめしたいと思います。また住宅については購入後もできるだけ丁寧に取り扱うようにして、資産価値を高めることを心がけてください。定期的な修繕などを行うようにすれば、将来高値での売却が期待できるかもしれません。

 

不動産を購入する時から売却のことを考えておこう

将来住宅を高値で売却したいという場合には、住宅購入の際にはできるだけ値下がりしづらい物件を選ぶようにしてください。さらに将来値上がりが期待できる物件を選ぶことができれば、売却の際にはさらに有利になるはずです。高値で売却できる物件であればそれだけ買い手が見つかりやすくなりますので、急にお金が必要になった場合などにも余裕を持って対応することができるのです。

 

中古不動産を購入する際には建築基準法の規格に適合しているかチェックしよう

中古不動産を購入する際には、物件の状態などをしっかりと確認することが必要になります。一部には建築基準法の規定を満たしていない住宅なども存在しますので、建築時期が古い住宅を購入する場合や、大規模なリフォームを行った住宅を購入する場合などには、建築基準法の規格に適合しているかどうかを入念に確認するようにしてください。

 

さらに住宅には経年による自然劣化が発生することになりますので、屋根裏や排水の点検口、床の腐りの有無、床の腐りの有無などについては、自分の目で劣化状況をチェックすることを心がけてください。

 

住宅を購入する前に!賃貸と購入どちらが得なのか考えよう

住宅を購入する際には、購入と賃貸ではどちらが有利なのか迷うことがあるかもしれません。住宅の購入には様々なメリットがあるのですが、一方でデメリットなども存在するため注意が必要になります。住宅の売却には時間や手間などが必要になりますので、賃貸のように気軽に引っ越しや住み替えなどを行うことはできません。

 

さらにライフスタイルの変化などにより住宅が使いづらくなったりする場合などもありますし、定期的な修繕のための費用なども必要になります。住宅の購入の際には、長期的な視点で判断することを心がけるようにしましょう。

 

今回は「家を購入する際は、最初から売る時の事を考える」「値下がりしにくい物件が将来の売却ポイント」「中古不動産を購入する場合には値引き交渉ができることが多いようです!」「中古不動産を購入する際のチェックポイントをご紹介します!」「住宅を購入するのと賃貸住宅を利用するのではどちらが有利なのでしょうか?」などの項目についてご紹介しますので、将来高値で住宅を売却するための参考として活用してみてください。

家を買うときには売る時の事も考えるべし!のカテゴリー内容
  • 家を購入する際は、最初から売る時の事を考える
  • 日本では一生住み続けることを前提として、住宅の購入を考える人が多いようです。ただし実際には様々な事情で住宅の売却が必要になる場合などもありますので、住宅については将来の売却を前提とした資産であると考えて、高値での売却が期待できる物件の購入を検討してみてください。

     

    将来の高値での売却を期待するのであれば、やはり人気エリアの物件を選ぶのが有利だといえるでしょう。物件の建物は年月の経過に伴ってその価値が減価するのですが、土地の価値は年月が経過しても変わりませんし、さらに人気エリアの需要が多い物件であればむしろ将来の値上がりが期待できるのです。

     

    >>家を購入する際は、最初から売る時の事を考えるの詳細はこちら

     

  • 値下がりしにくい物件が将来の売却ポイント
  • 資産価値の高い物件を購入するために、専門家のアドバイスが役立ちます。一見すると同じような物件であっても、将来の売却価額は立地などの条件により大きく異なるのです。将来の売却を前提として考えると、できるだけ値下がりしづらい物件を選ぶことが重要なポイントになります。

     

    投資物件としての住宅を購入するのであれば、賃貸の仲介を中心に取り扱う不動産業者よりも、売買物件を中心に取り扱う不動産業者を選ぶのがよいでしょう。経験が豊富な不動産業者に依頼をすれば売買に関する的確なアドバイスを受けることができますので、まずは気軽に相談をしてみてください。

     

    >>値下がりしにくい物件が将来の売却ポイントの詳細はこちら

     

  • 中古不動産を購入するときは値引き交渉ができる!?
  • 中古不動産の売却価額は売主と買主の合意により決まりますので、買主は売主に対して値引き交渉を行うことができます。売主には値引き交渉に応じる義務はないのですが、実際には提示された売却希望価額の5%〜10%程度の値引きが受けられることが多いようです。

     

    値引き交渉を行う際には、売主の都合を考えることが重要なポイントになります。物件をできるだけ早く売却したい売主であれば、交渉次第で大きな値引きを期待することができるでしょう。一方で時間がかかっても物件を高値で売却したいと考えている売主の場合には、大きな値引きは難しいかもしれません。

     

    >>中古不動産を購入するときは値引き交渉ができる!?の詳細はこちら

     

  • 中古不動産を購入する際のチェックポイント
  • 中古不動産を購入する際には、買主物件の状態を見極めて、割安な価格設定の不動産を慎重に選ぶようにしてください。中古物件は新築とは違い、その状態などがそれぞれに異なりますので、物件に関する確認を特に入念に行うことが必要になるのです。

     

    建物は経年により劣化しますので、中古物件を購入する際には劣化の状況などを自分自身の目でしっかりとチェックするようにしましょう。また古い建物の場合には建築基準法の規定に合致しない場合などがありますので、後になってから後悔しないように慎重に判断するようにしてください。

     

    >>中古不動産を購入する際のチェックポイントの詳細はこちら

     

  • 住宅購入と賃貸のどちらが有利?
  • 住宅を購入することには様々なメリットがあるのですが、すべての人にとって住宅の購入が有利だというわけではありません。購入後も定期的な修繕が必要になりますし、また購入後に住みづらいと感じることがあっても気軽に引っ越したり住み替えたりすることはできないのです。

     

    賃貸住宅には金銭的なメリットは少ないのですが、一方で自由な住居を選んで手軽に引っ越しや住み替えができるというメリットがあります。住宅の購入と賃貸住宅にはそれぞれにメリットとデメリットがありますので、ライフスタイルに合わせた最適な住宅を選んでみてください。

     

    >>住宅購入と賃貸のどちらが有利?の詳細はこちら

 

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

近年では住宅は賃貸でかまわないと考える人が増えているのですが、それでもやはり自分の家を持ちたいと考える人が多いようです。自分の家を持つことは社会的信用にも大きく影響することになります。特にローンなどの審査の際には、持ち家であれば賃貸よりも高く評価されることになるようです。今回は住宅の資産価値について、さらに詳しく確認してみたいと思います。住宅を購入する際には将来の売却のことも考えるようにしましょう...

住宅を購入する際には将来高値で売却するために、できるだけ値下がりしづらい物件を選択することが重要なポイントになります。さらに将来の値上がりが期待できる物件を選ぶことができれば、さらに有利だといえるでしょう。例えば3000万円で購入した物件を将来4000万円で売却できれば、1000万円もの利益を得ることができるのです。さらに急にお金が必要になった場合などにも、売却しやすい物件であれば安心でしょう。今...

中古不動産の購入を希望する場合には、売り手の売却希望価格に対して値引き交渉を行うことが一般的です。実際の不動産売買の成約額を確認してみると、売り手の売却希望価格の5%〜10%引き程度で成約していることが多くなっていますし、さらにそれ以上の値引きが受けられる場合などもあるようです。例えば売り手の売却希望価格が2000万円の場合には、5%ならば100万円の値引きが、また10%ならば200万円の値引きが...

中古不動産の売却希望価格は売り手が自由に設定することができます。そのため必ずしも適切な価格が設定されているとは限りません。中古不動産の場合には割安な価格が設定されていることもありますし、割高な価格が設定されていることもあります。買い手は物件の状態を見極めて、割安な価格設定の不動産を慎重に選ぶようにしてください。建築基準法の規定に適合した物件かどうかをしっかりと確認しましょう中古不動産の購入を検討す...

「マイホームを購入するのと賃貸住宅を利用するのとではどちらがお得なのか?」というのは、不動産について多くの人が感じている疑問になります。住宅の購入はほとんどの人にとっては人生における最大の買い物になりますので、購入と賃貸のどちらを選ぶのかというのは重大な問題だといえるでしょう。住宅を購入するのと賃貸を利用するのとではどちらがお得なのでしょうか?マイホームを購入すれば、購入した住宅は購入者の財産にな...