実際の不動産の売買取引では売り手の売却希望価格から5%〜10%程度の値引きが受けられる場合が多いようです

中古不動産の購入を希望する場合には、売り手の売却希望価格に対して値引き交渉を行うことが一般的です。実際の不動産売買の成約額を確認してみると、売り手の売却希望価格の5%〜10%引き程度で成約していることが多くなっていますし、さらにそれ以上の値引きが受けられる場合などもあるようです。

 

例えば売り手の売却希望価格が2000万円の場合には、5%ならば100万円の値引きが、また10%ならば200万円の値引きが受けられることになります。売り手の側はできるだけ高値で不動産を売却したいと考えているのですが、買い手の側は値引きが受けられれば非常に有利になりますので、積極的に値引き交渉に取り組んでみてください。

 

まずは売り手の側の都合を考えることが重要になります

値引き交渉を行う際には、売り手の側の都合を考えることが重要になります。売り手がすぐに物件を売却したいと考えているのであれば、交渉次第では大きな値引きが受けられるかもしれません。

 

一方で時間がかかってもできるだけ高値で売却したいと考えている売り手の場合には、時間をかけて交渉をしても大きな値引きを受けることは難しくなります。いずれにしてもまずはその物件の詳細をしっかりと確認して購入の意思が固まってから値引き交渉を申し込むようにしましょう。

 

売り手の側の都合を正確に知ることは難しいのですが、物件の売却を担当する営業マンに購入の意思が伝われば、およその理由などを教えてくれるかもしれません。

 

物件を購入したいという意思をはっきりと示すことが必要です

不動産には「売れない不動産はない」という格言があります。これは買い手が見つからないのは価格設定が高すぎるからであり、どのような不動産であっても大幅な値引きをすれば必ず買い手が見つかるということを意味しています。売り手の側もこのことはよくわかっていますので、買い手が購入を真剣に検討しているのであれば、ある程度の値下きに応じてもかまわないと考えている売り手が多いのです。

 

値引き交渉をスムーズに行うためには、まずは購入の意思をはっきりと示すことが必要になります。物件を購入したいという気持ちが売り手の側に伝われば、売り手の側が値引き交渉に応じてくれる可能性は高くなります。

 

断られてもあきらめずに粘り強く交渉しましょう

物件が売り出された直後に値引き交渉を申し込んで断られたとしても、その後1〜2か月後に再度値引き交渉を申し込んだ場合にはこれに応じてもらえることが多いようです。また「値引が受けられるのであれば購入したい」という意思を示すことで、後日売り手の側から売買交渉を申し込まれる場合などもあります。

 

一度断られてもその後値引き交渉に応じてもらえる場合などもありますので、あきらめずに粘り強く交渉することをおすすめしたいと思います。さらに住宅ローンを利用するのであれば、事前に仮審査を受けてこれに通過しておくことができれば、価格交渉の際にはさらに有利になるでしょう。

 

物件の状態や市場価格などを事前に確認しておくようにしましょう

中古不動産を購入する際には、物件の適正な価格がどの程度なのかを冷静に判断することが重要になります。中古不動産の売却希望価格が割安であれば、値引きが受けられなくても十分にお得になるのです。中古不動産の状態や相場価格などをしっかりと確認して、お買い得な中古不動産を探してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら