それぞれのメリットやデメリットなどをしっかりと理解してライフスタイルなどに合わせて最適な住居を選ぶようにしましょう

「マイホームを購入するのと賃貸住宅を利用するのとではどちらがお得なのか?」というのは、不動産について多くの人が感じている疑問になります。

 

住宅の購入はほとんどの人にとっては人生における最大の買い物になりますので、購入と賃貸のどちらを選ぶのかというのは重大な問題だといえるでしょう。

 

住宅を購入するのと賃貸を利用するのとではどちらがお得なのでしょうか?

マイホームを購入すれば、購入した住宅は購入者の財産になります。住宅ローンの支払いが完了すればその後の住宅に関する支出は少額になりますので、余剰となった資金は生活費や娯楽などのために活用することができるのです。

 

また賃貸物件として家賃収入を得ることもできますし、さらに住宅を売却して別の住宅に買い替えることなども可能になります。一方で賃貸住宅の場合には長期間居住したとしても住宅は他人の財産であり、自分の財産にはなりません。賃貸物件として活用することや売却することなどもできませんので、購入する場合と比較するとメリットは限られてしまうことになります。

 

住宅ローンを利用して住宅を購入すると様々な制限を受けることになります

住宅を購入する場合には、住宅ローンを利用するという人が多いようです。不動産を購入することについては上記のように様々なメリットがあるのですが、一方で住宅ローンを利用した場合には完済までの期間については様々な制限を受けることになります。

 

住宅ローンを利用すると利息を支払いが必要になるのですが、長期の住宅ローンを利用した場合には利息の負担はかなり大きなものになるのです。さらに住宅ローンを利用して購入した住宅を売却するためには、住宅ローンの残額を一括で返済することが必要になります。

 

住宅を売却した代金で住宅ローンの残額を返済することができればよいのですが、値下がりなどにより思ったような値段で売れないという場合には、足りない分を自分で調達することが必要になります。不足分の調達ができなければ住み替えをしたくてもできないということになりますので、住宅を購入する際に住宅ローンを利用することについては、くれぐれも慎重に判断するようにしてください。

 

住宅の購入については長期的な視点で判断するようにしてください

住宅の購入を検討する際には、長期的な視点で判断することが必要になります。住宅の購入には様々なメリットがあるのですが、だからといってすべての人にとって有利になるわけではありません。住宅の購入や売却の際には不動産業者に対して仲介手数料を支払うことが必要になりますし、さらに売却の際には買い手を探したり、また買い手との交渉を行ったりすることが必要になりますので、賃貸のように気軽に引っ越したり住み替えたりすることはできないのです。

 

また家族構成の変化などにより、購入した住宅がライフスタイルに合致しなくなってしまう場合などもあるでしょう。子供が生まれて家族が増えれば購入した住宅は手狭になりますし、あるいは子供が独立して夫婦2人だけになれば広い家はかえって使いづらくなってしまいます。また長期間住み続ければ住宅は劣化しますので、定期的な修繕などを行うための費用も必要になります。

 

賃貸住宅にはフットワークが軽くなるというメリットがあります

賃貸住宅の場合には金銭的なメリットは少ないのですが、一方でフットワークが軽くなるというメリットがあります。手軽に引っ越しや住み替えができますので、急な転勤などに対しても余裕を持って対応することができるのです。家族構成の変化などに合わせて最適な住居を選ぶことができますし、また近隣トラブルなどがあれば簡単に逃げ出すことができます。

 

家賃には基本的な費用がすべて含まれていますので、定期的な修繕などに備えて費用を準備する必要もありせん。住宅の不具合などがあれば不動産業者に連絡をすればすぐに直してもらうことができますし、対応が気に入らなければ別の賃貸住宅に引っ越せば良いのです。住宅の購入と賃貸住宅には、それぞれにメリットとデメリットがあります。どちらを選ぶのが有利なのかについては、選ぶ人次第だといえるでしょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら