不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

住宅の売買は非常に高額な取引になりますので、不動産業者に住宅の売却を依頼する際にはトラブルの発生などを防ぐために、不動産業者との間で媒介契約を締結することが一般的です。媒介契約については主に2種類の方法があり、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」のいずれかの方法を選ぶことになります。

 

一般媒介契約と専任媒介契約の違いとは?

売り手が自由に複数の不動産業者と媒介契約を結ぶことができるのが、一般媒介契約になります。売却を同時に複数の不動産業者に依頼することができますので、一見すると有利な契約方法であるように思えます。

 

しかし、実際には契約を成立させた不動産業者だけが仲介手数料を受け取ることになりますので、契約を他社に取られてしまう一般媒介契約を敬遠する不動産業者が多いようです。また一般媒介契約で依頼された物件に関しては、あまり販売活動に力を入れないという不動産業者なども多くなっています。

 

一方で売り手が特定の不動産業者との間で媒介契約を結ぶことになるのが、専任媒介契約になります。専任媒介契約では依頼された不動産業者が独占して契約を取り扱うことになりますので、熱心な販売活動への取り組みを期待することができます。

 

専任媒介契約を締結した場合には不動産業者は売主に対して、販売状況の報告を2週間に1回以上行うことが義務付けられています。また専任媒介契約を締結した場合であっても、売り手には直接自分で買い手を探して契約を結ぶことが認められています。(その他には専任媒介契約とほぼ同じ条件で売り手が買い手と直接契約を結ぶことが認められていない、専属専任媒介契約という契約方式もあります。)

 

不動産一括査定サイトを活用して信頼できる業者を見つけよう

不動産の実際の売却価額には、媒介契約を結んだ不動産業者の実力が大きく影響することになります。例えば3000万円程度が一般的な相場価格である物件であれば、実際の売却価額は不動産業者の実力により2700万円から3300万円程度の間で変動することになるのです。

 

不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください。複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができますので、提示された査定額や担当者の対応などを確認しながら最適な不動産業者を選ぶことができます。

 

今回は「どっちを選ぶ?一般媒介と専任媒介の家を売却する際に必要な契約」「家の売却時に交わす一般媒介契約と専任媒介契約について」「必ず売却してくれる信頼できる不動産業者探し」などの項目についてご紹介しますので、不動産業者と媒介契約を締結する際の参考として活用してみてください。

 

一般媒介契約と専任媒介契約、その違いは!?のカテゴリー内容
  • どっちを選ぶ?一般媒介と専任媒介の家を売却する際に必要な契約
  • 不動産の売却を希望する場合には不動産業者に売却の仲介を依頼することになるのですが、仲介の契約については一般媒介契約または専任媒介契約のいずれかを選択することになります。複数の不動産業者と契約を交わすのが一般媒介契約であり、一方で特定の不動産業者に限って契約を交わすのが専任媒介契約です。

     

    一見すると複数の業者と契約をする一般媒介契約が有利に思えるのですが、実際には専任媒介契約を選択することが有利であることが多いようです。専任媒介契約では確実な仲介料収入が期待できますので、その分だけ不動産業者は販売活動に対して熱心に取り組むことになります。

     

    >>どっちを選ぶ?一般媒介と専任媒介の家を売却する際に必要な契約の詳細はこちら

     

  • 家の売却時に交わす一般媒介契約と専任媒介契約について
  • 不動産業者と不動産売却のための媒介契約を交わす場合には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約などの中からいずれかを選択することになります。それぞれにメリットやデメリットなどがありますので、目的などにあわせた最適な契約の方式を選ぶようにしてください。

     

    一般媒介契約では、様々な不動産業者に同時に売却を依頼することができます。専任媒介契約では不動産業者は確実な仲介料収入が期待できるため、販売活動に熱心に取り組むことになります。また専属専任媒介契約では、売主が買主と直接契約を結ぶことは認められていません。

     

    >>家の売却時に交わす一般媒介契約と専任媒介契約についての詳細はこちら

     

  • 必ず売却してくれる信頼できる不動産業者探し
  • 不動産を高値で売却したいのであれば、売り手の立場に立って高値での売却を成功させるための販売活動に取り組んでくれる不動産業者を選ぶようにしましょう。不動産の売却価額は売主と買主の合意で決まるのですが、実際にはそれぞれの利害を調整する不動産業者の実力が大きく影響することになります。

     

    相場価格が3000万円程度の物件を売却する場合には、実際には2700万円から3300万円程度の間で売買が成立することが多いようです。不動産業者の実力次第で不動産の売却価額は大きく変動しますので、経験豊富な不動産業者に売却を依頼することをおすすめしたいと思います。

     

    >>必ず売却してくれる信頼できる不動産業者探しの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

住宅の売却の際には媒介契約を不動産業者と交わすことになるのですが、このときには一般媒介契約または専任媒介契約のいずれかの契約を交わすことになります。一般媒介契約は複数の不動産業者と契約を交わす方式であり、一方の専任媒介契約は特定の不動産業者のみと契約を交わす方式になります。今回は一般媒介契約と専任媒介契約のどちらを選ぶのが有利なのかについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。不動産を高値で売却...

物件の売却の仲介を不動産業者に依頼する場合には、不動産業者との間で媒介契約を結ぶことが必要になります。不動産の売却は高価な取引となりますし、さらに法律や登記などが関連しますので、媒介契約を結ぶことによりトラブルの発生を防いでいるのです。媒介契約にはさらに一般媒介契約や専任媒介契約や専属専任媒介契約などがあるのですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。今回は一般媒介契約・専任媒介契約・専属...

不動産業者を選ぶためには、インターネットの不動産一括サイトが役立ちます。複数の業者を簡単に比較することができますので、住宅を高値で売却することができる不動産業者を選ぶようにしましょう。不動産の実際の売却価額については、これを取り扱う不動産業者の実力が大きく影響することになります。例えば一般的な相場が3000万円の物件の場合であれば、不動産業者の実力などにより実際の売却価額は2700万円〜3300万...