家を売却する際には不動産業者と媒介契約を結びます

 

住宅の売却の際には媒介契約を不動産業者と交わすことになるのですが、このときには一般媒介契約または専任媒介契約のいずれかの契約を交わすことになります。一般媒介契約は複数の不動産業者と契約を交わす方式であり、一方の専任媒介契約は特定の不動産業者のみと契約を交わす方式になります。

 

今回は一般媒介契約と専任媒介契約のどちらを選ぶのが有利なのかについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。不動産を高値で売却するための参考として活用してみてください。

 

住宅の売却の際には媒介契約を交わすことが必要になります

住宅の売買は非常に高額な取引となりますので、様々なトラブルの発生を防ぐために媒介契約を交わすことが必要になります。媒介契約については一般媒介契約専任媒介契約があるのですが、いずれにしても住宅の売却の際には媒介契約を交わすことが欠かせないのです。

 

一般媒介契約は様々な不動産業者に売却を依頼することができるため一見すると有利に思えるのですが、実際には契約が成立した不動産業者のみが報酬として仲介手数料を受け取ることになるため、他の不動産業者に契約を取られてしまう可能性が高い一般売却契約を嫌う不動産業者が多いのです。一方の専任媒介契約であれば他の不動産業者に契約を取られてしまうことはありませんので、専任媒介契約を交わした不動産業者では力を入れた積極的な販売活動に取り組んでくれることになります。

 

まずは現在の相場状況などを不動産業者に確認してみましょう

住宅の売却を希望する場合には、まずは基本的な物件情報を不動産業者に伝えて、現在の相場状況などを確認してみることをおすすめします。売却を希望する住宅の所在するエリアや間取りや築年数などを伝えて、およその見積もりなどを尋ねてみてください。ただし個人情報(氏名・電話番号・住所など)をいきなり不動産業者に伝えてしまうことについては、あまりおすすめはできません。個人情報を伝えてしまうとその後訪問査定を何度も勧誘されることになりますので、しつこい不動産業者にはくれぐれも注意をしてください。

 

不動産業者を選択する際には担当者の対応を重視しましょう

話をしやすい担当者がいるのが良い不動産業者です。気軽に質問ができて、さらに適切でわかりやすい回答をしてくれる担当者がいる不動産業者を選ぶようにしましょう。担当者の対応がイマイチな不動産業者に売却を依頼しても、高値で売却することは難しいようです。

 

担当者の対応が不動産業者の良し悪しを決定することになりますので、査定額だけでなく担当者の対応を重視することが不動産業者選びのポイントになります。信頼できる不動産業者を選択するためには、インターネットの不動産一括査定サイトの活用がおすすめです。複数の不動産業者を手軽に比較・検討することができますので、自分の希望する条件に合致した不動産業者を探すことができるはずです。

 

住宅ローンの残額が残っている物件の売却については注意が必要になります

今回は今回は一般媒介契約と専任媒介契約のどちらを選ぶのが有利なのかについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 他の業者に契約を取られてしまう可能性がある一般媒介契約を嫌う不動産業者が多いようです
  • 専属媒介契約を交わせば不動産業者は販売活動に熱心に取り組んでくれることになります
  • 不動産業者を選ぶ際には査定額だけでなく担当者の対応についても重視するようにしましょう

 

一般媒介契約と専任媒介契約のいずれかで迷った場合には、まずは一般媒介契約を複数の不動産業者と交わしてみて、その後対応の良かった不動産業者と専任媒介契約を結ぶという方法をおすすめします。最初に一般媒介契約を結んだ時点で不動産業者の対応を実際に確認することができますので、これに基づいて選択した不動産業者と専任媒介契約を結ぶようにすればトラブルなどのリスクを抑えることができるはずです。

 

市場の相場を把握する者が売買を制すのカテゴリー内容
  • 買主は価格を細かく見ているので市場の相場を把握する事が重要
  • 不動産の買主は、売主が考える以上に不動産の価格にこだわっています。売却希望価格が相場よりも割高と判断すれば購入を控えることになりますし、一方で相場よりも割安だと判断されれば積極的に購入を検討することになります。買主に魅力を感じてもらうためには、割安な価格設定が必要になるのです。

     

    不動産の相場については、あくまでも過去の販売データに基づいたおよその目安の金額になりますので、実際の売却価額は需要と供給の関係で大きく変動することになります。不動産の適正な売却希望価格を設定することは、販売のプロである不動産業者でも難しいのです。

     

    >>買主は価格を細かく見ているので市場の相場を把握する事が重要の詳細はこちら

     

  • 不動産価格は買主の反応を見ながら検討
  • 不動産の売却希望価額を設定する際には、買主の反応を確認しながら検討をしてみてください。不動産の売却希望価格を割安に設定すれば買主は必ず見つかるのですが、焦って安売りをしてしまうと売主は損をしてしまうことになります。売却希望価格はくれぐれも慎重に設定するようにしましょう。

     

    不動産の売買が成立するかどうかには、買い手の予算の多少が大きく影響することになります。買い手の予算を超えた価格を設定してしまうと買主は購入をあきらめてしまうことになりますので、予算の範囲内で買い手が魅力的に感じる売却希望価額を設定することが重要なのです。

     

    >>不動産価格は買主の反応を見ながら検討の詳細はこちら

     

  • 家が売れない原因は価格が高すぎる可能性があり
  • 不動産の買主がなかなか見つからないという場合には、設定された売却希望価額が高すぎるのかもしれません。不動産の売買を成立させるためには、買主が魅力的だと感じる売却希望価額を設定することが重要になります。買主は売主が考えている以上に価格にこだわっているのです。

     

    相場価格よりも1割程度割高な売却希望価額を設定すると、問い合わせが減少して物件がなかなか売れなくなってしまうことが多くなります。売却希望価額が割高だと、魅力的な物件であっても買主からは敬遠されてしまうのです。売れ残りの不人気物件にならないように、早期の売却を検討してみてください。

     

    >>家が売れない原因は価格が高すぎる可能性がありの詳細はこちら

     

  • 買い手に住みたいとイメージを与えるのがモデルルームの役割
  • 不動産業者では広告宣伝活動の一環として、モデルルームの建設に積極的に取り組んでいます。モデルルームの役割は買主の住んでみたいというイメージを膨らませて購入意欲を刺激することにあるのですが、モデルルームの建設には私たちが考えている以上に費用がかかっているのだそうです。

     

    不動産の売却を希望する売主は、不動産業者を見習って物件のイメージアップに積極的に取り組んでみてください。物件の第一印象は不動産売買の成立に大きく影響しますので、内覧などの前には買主に好印象を感じてもらえるように、水回りなどを中心とした丁寧なクリーニングを行うようにしましょう。

     

    >>買い手に住みたいとイメージを与えるのがモデルルームの役割の詳細はこちら

 

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら