一般媒介契約と専任媒介契約とではどちらがよいでしょうか

 

物件の売却の仲介を不動産業者に依頼する場合には、不動産業者との間で媒介契約を結ぶことが必要になります。不動産の売却は高価な取引となりますし、さらに法律や登記などが関連しますので、媒介契約を結ぶことによりトラブルの発生を防いでいるのです。

 

媒介契約にはさらに一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約などがあるのですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。今回は一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約のそれぞれの違いなどについて、さらに詳しくご紹介したいと思います。物件の売却を成功させるための参考としてみてください。

 

一般媒介契約にはどのような特徴があるのでしょうか?

一般媒介契約は、売り手が複数の不動産業者と自由に媒介契約を結ぶことができる方式です。様々な不動産会社に同時に売却を依頼することができますので、さまざまな広告媒体などで物件を宣伝することができます。ただし実際には売買契約が成約した不動産業者に対して仲介手数料を支払うことになりますので、不動産業者の側では他社に契約を取られてしまう可能性が高い一般媒介契約を嫌がることが多くなっています。また一般媒介契約の物件については、宣伝活動にあまり力を入れないという不動産業者なども多いようです。

 

専任媒介契約にはどのような特徴があるのでしょうか?

専任媒介契約は、売り手が特定の不動産業者を専任して媒介契約を結ぶ方式になります。専任媒介契約を結んだ場合には、売り手は他の不動産業者に売却を依頼することはできません。専任を受けた不動産業者は自社での販売に専念できるため、熱心な販売活動を行うことが期待できるのです。

 

専任媒介契約を結んだ場合には、不動産業者は2週間に1度販売状況の報告を行うことが義務付けられています。ちなみに専任媒介契約を結んだ場合であっても、売り手が自分買い手と直接契約を結ぶことは認められています。(ただし専任媒介契約を結んだ不動産業者に対しては、実際に発生した営業費などの支払いが必要になります。)

 

専属専任媒介契約にはどのような特徴があるのでしょうか?

その他には専属専任媒介契約という方法があります。基本的な特徴については専任媒介契約と同様なのですが、専属専任媒介契約の場合には売り手が買い手と直接契約を結ぶことは認められていません。 売り手が自分で買い手を見つけた場合であっても、売買契約を結ぶ際には必ず専属専任媒介契約を結んだ不動産業者を通すことが必要なのです。また専属専任媒介契約を結んだ場合には、不動産業者は1週間に1度販売状況の報告を行うことが義務付けられています。

 

住宅ローンの残額が残っている物件の売却については注意が必要になります

今回は一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約のそれぞれの違いなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめると以下のとおりとなります。

 

  • 一般媒介契約は複数の不動産業者に売却を依頼する方法です
  • 専属媒介契約は特定の不動産業者に限定して売却を依頼する方法になります
  • 専属専任媒介契約は基本的には専属媒介契約と同様なのですが、売主が買主と直接契約を結ぶことは認められていません

 

一般媒介契約の場合には物件の宣伝などに費用をかけても他の不動産業者に契約を取られてしまえば赤字になってしまいますので、あまり宣伝に熱心に取り組まない不動産業者が多くなります。物件をできるだけ高値で売却したい場合や、できるだけ早く売却したい場合などには、信頼できる不動産業者を選んで専属媒介契約を結ぶことをおすすめしたいと思います。

 

インターネットの不動産一括査定サイトなどを活用して、安心して専属媒介契約を結ぶことができる不動産業者を探してみましょう。不動産一括査定サイトを活用すれば複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができますので、査定額や担当者の対応などを参考にしながら不動産業者各社を比較・検討することができるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら