売り手の立場で販売活動を行う信頼できる不動産業者を見つけましょう

 

不動産業者を選ぶためには、インターネットの不動産一括サイトが役立ちます。複数の業者を簡単に比較することができますので、住宅を高値で売却することができる不動産業者を選ぶようにしましょう。不動産の実際の売却価額については、これを取り扱う不動産業者の実力が大きく影響することになります。

 

例えば一般的な相場が3000万円の物件の場合であれば、不動産業者の実力などにより実際の売却価額は2700万円〜3300万円程度で変動することになるのです。今回は物件を高値で売却することができる不動産業者を探すための方法について、詳しくご紹介してみたいと思います。

 

良い不動産業者を選ぶことが重要になります

良い不動産業者は売り手の希望をしっかりと聞いて、売り手の立場に立って高額での売却を成功させるための販売活動を行います。一方で悪い不動産業者は安易に値下げを提案することが多いようです。「売れない不動産はない」という格言が不動産業界にはあるのですが、これは不動産が売れないという場合には価格設定が高すぎることが原因であり、価格を下げれば必ず買い手が見つかるということを意味しているのです。

 

悪い不動産業者では自社の利益を優先して、「契約をしてしまえばあとは値引きをして売ってしまえばよい」などと考えています。このような不動産業者と契約をしてしまうと売主は損をしてしまうことになりますので、くれぐれも注意をしてください。

 

不動産の売却を依頼する際には媒介契約を交わすことになります

不動産の売却を依頼する際には、不動産業者と媒介契約を交わすことになります。媒介契約については主に一般媒介契約と専任媒介契約の二種類があるのですが、不動産業者では専任媒介契約を希望することが多いようです。一般媒介契約の場合には売主は複数の不動産業者に同時に売却を依頼することができるのですが、仲介手数料を受け取ることができるのは実際に売買契約を成立させた不動産業者のみとなりますので、他社に契約を取られてしまう可能性がある一般媒介契約を敬遠する不動産業者が多くなっています。

 

一般媒介契約よりも専任媒介契約が有利になるようです

一方の専任媒介契約の場合には、特定の不動産業者に専任して売却を依頼することになります。一見すると一般媒介契約の方が複数の不動産業者に依頼ができて有利に思えるのですが、実際には専任媒介契約を交わすことが売り手にとっても有利になる場合が多いようです。

 

専任媒介契約を交わした不動産業者は自社での販売に専念することができますので、それだけ費用や時間をかけて販売に熱心に取り組んでくれることになります。さらに専任媒介契約を交わしてもらうために、様々な特典を用意している不動産業者もあります。「一定期間内に買い手を見つけることができなかったら、当社が○○○○万円で物件の買取をします」などの特典を用意しているのです。

 

信頼できる不動産業者と専任媒介契約を交わすことをおすすめします

今回は物件を高値で売却することができる不動産業者を探すための方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめると以下のとおりとなります。

 

  • 良い不動産業者を選択することが重要になります
  • 不動産の売却を依頼する場合には媒介契約を交わすことが必要です
  • 一般媒介契約よりも専任媒介契約をおすすめします

 

一般媒介契約を不動産業者と交わしても、積極的な宣伝活動などを期待することは難しいようです。売れ筋の人気物件を売却したい場合などであれば一般媒介契約でも構わないのですが、通常の物件の売却を希望する場合には不動産業者と専任媒介契約を交わすことが有利だといえるでしょう。専任媒介契約を交わす不動産業者を選ぶ際には、対応力に優れた経験や実績が豊富な不動産業者を選ぶようにしてください。

 

高額な査定額を提示する不動産業者などに依頼をしたくなるかもしれませんが、担当者などの対応を参考にしながら安心して任せることができる不動産業者を選ぶことをおすすめしたいと思います。売主の立場で販売に取り組んでくれる不動産業者と専任媒介契約を交わすようにすれば、物件を高値で売却することが期待できるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら